アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

熱海、初島への旅

熱海、初島に、8月24日~25日にかけて行ってきました。

24日に熱海海上花火大会がその日にあることを確認し、
それに合わせて行こうと計画していました。
伊豆山にある滞在予定の場所から熱海の海が眺められ、花火が見られるのです。

しかし、当日はあいにくの大雨。昼過ぎに(北京オリンピックの男子マラソンを
見た後に)出発したものの、途中東海道線が徐行運転で、横浜から2時間半
くらいかかりました(通常は1時間20分くらい)。
ただ、滞在先は熱海駅から20分ほどバスに乗った伊豆山の中腹。
熱海駅にやっとたどり着いたものの、あまりにすごい豪雨で、まったく動けない
状態。カフェで時間をつぶして、向かいました。

雨で花火大会はだめだと思っていたのですが、確認したら雨天決行とのこと。
私たちのように、これを目当てに来る人もいるんでしょうね。

8時過ぎ、大きな花火の音とともに、花火がスタート。
雨でよく見えないかと思ったのですが、結構キレイに見られました。
ベランダで傘を差しながら、見ました。
この激しい雨の中、花火を決行するのは、すごいです。花火師さんたちは
びしょびしょなはず。その心意気に拍手。
あきらめていたので、とても嬉しくて、得した気分です。

翌日は雨が降ったり、やんだりといった感じ。
部屋のベランダからかろうじて初島が見えました。
e0123104_835048.jpg


朝食を済ませて、熱海漁港から初島に行ってみることに。25分ほどです。
海風はやはり気持ちいですね。

到着して、船を降りてすぐのところに立ち並ぶ定食屋さんで海鮮丼を食べました。
e0123104_8395362.jpg

新鮮で美味しいです。

その後は初島アイランドリゾートに。
ただ、途中で雨がひどくなり、歩き回るというよりは、カフェで少しのんびりしたと
いった感じです。
e0123104_8444669.jpg


島をゆっくり歩きながら一周し、港に戻り、帰路に着きました。
途中、子猫がたくさんいる場所がありました。
e0123104_8461137.jpg


あいにくの雨でしたが、思っていたよりも楽しめ、堪能できました。
都心からわずか2時間くらいの場所ですが、ちょっと気分転換をしたいとき、
いいですね。
by jungae | 2008-08-31 08:49 |
オバマ氏が、民主党の党大会で民主党の大統領(44代目)候補に正式に指名されました。

民主党大会には、クリントン夫妻がともに登場し、「オバマ氏こそがアメリカをリードし、
世界でアメリカのリーダーシップを取り戻すにふさわしい人物」だとたたえました。

白人男性ではない人が、大統領候補に選ばれるのは、初めてです。
最近は一時の熱烈な人気が衰え、人物像が良く見えない、ロシアとの関係が悪化する
中で、それに立ち向かえるのは経験豊富なマケイン氏だという声を聞こえてきます。

政治家としては経験は足りなく、未知数な部分も多いのも事実です。
ただ、いろいろなバックグラウンドを持ち、様々な人生経験を積んできたオバマ氏だから
こそ、これまでにはない視点で、いろいろなことに取り組んでくれるのではないかとも
思います。

8月28日のInternational Herald TribuneA biblical Seven Years
という記事を見つけました。
World Is Flat(フラット化する世界)を記したThomas Friedman氏が書いた記事です。

北京オリンピック開催が決定したのは、2001年7月13日。
あの9.11テロの2ヵ月前なのです。

その後7年間、アメリカと中国の歩みの違いは歴然としています。
アメリカはイラク戦争やテロリストとの戦いで疲弊する一方で、中国は
オリンピックに向けて建設、都市開発を進めてきました。
その違いが今顕著に現れつつあります。
ニューヨークのラガーディア空港から交通渋滞に巻き込まれ、なかなか
マンハッタンに着かない。一方で、一方で上海の空港からは電車で数分で
ダウンタウンの到着できます。
どちらが「第三世界」か、わからない状況です。

フリードマン氏は続けます。
今のアメリカに必要なのは、イラクやアフガニスタンからすぐ撤退し、
アメリカという国自体を再建すること。テロリストとの戦いやロシアとの
緊張関係を解決する必要はありますが、まずは、アメリカの再建が
最優先です。オバマ氏はそれに取り組まないと言います。

21世紀にどんな世紀になるのか。それを決める大きな変化が起こって
いるように感じます。

注目して見ていきたいと思います。
by jungae | 2008-08-30 07:53 | NewYorkTimesの気になる記事

滝のような雨の中で

滝のような雨が昨晩は降りましたね。

夕方実家(自宅から電車だと2駅、バスだと10分、徒歩だと25分です)に行った
のですが、娘をお風呂に入れ終えたら雷が鳴り始め、雨が降り出しました。

少し待ったらやむかと思い、待機したのですが、一向に良くならず、帰路に。
タクシーはまったくつかまらず、バスに乗ることに。

バスを待っている際もものすごい土砂降り。本当に滝を浴びている感じでした。
10分以上遅れてバスが到着したものの、とても混んでいて乗れる状況では
りませんでした。
(東横線と目黒線が運転を見合わせていたのが原因のようです)
運転手さんには、ベビーカーをたたまないと乗れませんと言われてしまう始末。
「この雨の中どうやってたたむんだ」と思いつつ、バスはあきらめ、歩くことに。
25分ほどでしたが、びしょ濡れに。なかなか大変でした。

局地的な豪雨。各地で起きているようですね。ここまでの豪雨はあまり体験した
ことがありません。

温暖化の影響が出ているのでしょうか?
もしそうだとしたら、何か考えないといけないなーと、つくづく実感しました。
by jungae | 2008-08-30 07:27 | 個人的なこと
最近、インタビューなどを通して、相手の話のエッセンスを汲み取り、文章に
まとめるという仕事の依頼が増えています。形は、記事という形もあれば、
プロモーション用のツールやレポートにまとめるというものもあります。

私自身は、いろいろな人と会うのがとても好きです。私よりも数倍、数十倍の
経験を積んだ人たちの話を聞きながら、新しい価値観や考え方に触れると、
自分の視野が広まり、刺激になります。

その際に、無意識のうちに、相手が言った真意が何なのか、それを意識しながら
話を聞いています。そして、それらを、どんな形にせよ、アウトプットしていく。
そういう作業がとても好きなのかもしれません。

むずかしいことをむずかしく伝えることは案外簡単で、むずかしいことを
やさしく、わかりやすく伝えることのほうが、格段にむずかしいですね。

英語を話せるようになりたいと勉強していたときに、NHKの語学番組で、
講師の方がおっしゃっていたことがありました。
ある単語を英語で思い浮かばないとき、思い浮かばないから話さないと
いうのではなく、何か別の言い方で説明すればいい、コミュニケーション
ではそれが大切だとおっしゃっていました。
(例えば、「おたま」みたいな単語は知らなくても通常は問題ない。“a kind
of big spoon”と言えばいい。)

英語を話すときは、日本語を直訳しようとするとむずかしいけれど、他にどんな
言い方ができるかを考えながら、英語を組み立てる。最近はそんな発想を
自然とするようになっている感じです。

つながりがよく説明できないのですが、日本語でも同じことが言えるのかも
しれません。相手が言ったことのエッセンスを汲み取り、形にしてあげる。

それが私の提供できるバリューだと思います。

発想を変えてみることが大事だと実感している今日この頃です。
by jungae | 2008-08-29 07:07 | 経営者の視点
北京オリンピックが24日(日)に閉幕しました。
開幕前にはいろいろな問題が浮き彫りになりましたが、無事に終わりました。
中国は史上最多の51個の金メダル、21個の銀メダル、28個の銅メダルを
獲得したとか。金メダルの獲得数は参加国中第1位に。
(総メダル数は、110個のアメリカ(金36個、銀38個、銅36個)が1位です。)
北京オリンピックに向けて、選手育成に取り組んだ成果が出た形です。

選手育成だけではなく、建設ラッシュも進みました。
北京オリンピック開催が決まってからの経済発展には目を見張るものがあります。
昨年の10月に北京を訪れるチャンスがあったのですが、高層ビルが立ち並び、
ルイ・ヴィトンやプラダ、グッチなどのブランド店が立ち並び、ここが中国だろうか、
先進国の都市と変わらないなーと思いました。
(あと数年したら、世界の都市はほぼ変わらなくなるのではないかと思います。)

北京オリンピックに向けてあらゆる準備をしてきた中国。
その宴が終わり、これからどうなっていくのか。
開催と同時に株価が下落し、オリンピック後への経済発展への懸念が
すでに明るみに出ています。
世界的な経済不況も言われる中で、これからどう歩んでいくのか。
日本にも大きな影響を受けると思うので、注視していきたいと思います。

なお、アスリートたちの真剣勝負をとても楽しみました。
身震いすることが本当に多かったです。
これを目標にがんばってきて、成果を出せた人、そうでない人がいると思いますが、
何かを一生懸命にやる姿はかっこいいですね。
感動をありがとう。
by jungae | 2008-08-27 06:36 | NewYorkTimesの気になる記事
ある企業の社長の方に、今週仕事で取材に行く機会がありました。
その企業は一部上場企業で、その方は経済同友会でも重要なポストを
務められています。

少し緊張しながら取材に臨みましたが、気さくな方で、ざっくばらんに
いろいろなことを話してくださいました。

詳しくは書くことができませんが、学ぶべきことがたくさんありました。

21世紀はアジアの時代になるとのこと。
インドや中国の成長は言うまでもありませんが、その他の多くのアジアの
国々もものすごいスピードで成長を遂げている。
否が応でもグローバル化の影響を受ける中で、日本はどうあるべきか、
日本企業はどうあるべきか。
大きな視点に立って、世の中の流れを読み取り、物事を捉え、企業経営に
当たられています。その鋭い洞察力に感銘を受けました。

大きな企業を率いる経営者の方というのは、このような視点を持って、
企業経営をされているのだと、再認識しました。

会社の規模が全然違うし、私は経営者としてもまだまだ本当に未熟ですが、
世の中の大きな流れを読み取りながら、ニーズをくみ取り、成長する企業を作る。
その姿勢を少しでも学びたいと思います。

実際の経営者とお会いしながら、経営について学んでいける。
本には書いていない、本物の経営の勉強ができます。
こんな機会をいただけることに、心から感謝したいと思います。
by jungae | 2008-08-24 08:00 | 経営者の視点
叱られることや怒られること、間違いや過ちを指摘されること。
いい気はしませんが、最近はとても大切だなーと思います。

会社を経営していて、自分でいろいろやっていると、怒られる機会が減ります。
自分か指示を出していて、人に動いてもらうことが多く、周りの人が指摘しにくいと
いうのもあるかもしれません。

会社に勤めているころは、上司に叱られたり、怒られたりよくしました。
理不尽なことを言われて、かっとなったり、涙がこみ上げてきたこともありますが、
後から冷静に考えると、叱られた意味や指摘されたことのもっともさがわかったりします。

自分が何気なく発した言葉やとった行動で、知らないうちに人を傷つけていたり、
迷惑をかけたり、過ちを犯していることがあります。
悪気があるつもりではなく、気づいていないんですね。
指摘されたり、怒られて初めて、気づきます。それは仕事関係の方だったり、
ブログにコメントをいただく方だったり、街の中で買い物や歩いているときの、
通りすがりの方だったりもします。

実際には、気が強いので、叱られたり、指摘されたりしたときは「何?」と反発して
しまうことも多いのですが、後から考えると自分が間違っていたことに気づき、
反省します。

怒られたり、過ちを受け入れるのはむずかしいですが、あえてそういうことを言って
いただける方には、本当に感謝しないといけません。

年齢を重ねていくと叱られる機会が、より一層減っていくと思います。
怒られたら、かっとならずに、冷静に真摯に受け止め、考えていく。
そして、その行動や考え方を変えなければ自分で感じたなら、改善していく。
肝に銘じて、自分に言い聞かせていきたいと思います。
by jungae | 2008-08-23 06:03 | 経営者の視点
ソフトボールの日本チームが金メダルを獲得しました!! 

昨日の夜に見ていたのですが、宿敵のアメリカを破っての金メダル。
勝った瞬間は震えてしまいました。
上野投手は前日の2試合に続いて、先発。3試合で投げた球数は409球。
どこにそんな球数を投げられる力があるのか。日々の練習の賜物なのでしょう。
本当におめでとうございます。

アスリートたちの人たちは本当にいい表情をしているなーと感じます。
目標に向かってがんばっていると、顔つきも変わってくるのでしょうね。

私も小さな目標を見つけて、努力していけたらと思っています。

北京オリンピックも残すところ、あと数日。
野球や新体操、シンクロナイズド・スイミング、マラソン。
まだまだ楽しみな競技があるので、楽しみたいと思います。
by jungae | 2008-08-22 07:28 | NewYorkTimesの気になる記事
おすわりを娘がやっとするようになりました。この週末くらいからでしょうか。
通常だと、6ヶ月~9ヶ月くらいにおすわりをするようなのですが、
娘はなぜか座らず、先にたっちをするようになりました。

保育園の7月生まれの子供たちは、随分早くからおすわりをしていました。
(7月生まれは9人中4人います。)

他の子供よりも発育が遅いのかなーと思ったりもしましたが、
元気だし、そんなに気にはしていませんでした。

座れると、娘も楽しいようです。新しい姿勢で、視線の高さも違い、面白いのかな。
座りながらおもちゃや携帯電話を持って遊んでいます。

最近は、自分の意思を主張するようにもなりました。
食事などでいらないものは手でのけ、ほしいものには、ワーワー声を出してほしいと
主張します。意思がはっきりしているんですね。

日々成長し、いろんなことを吸収していっているんだと思います。
新しい発見だらけです。
by jungae | 2008-08-20 07:07 | 子育て&家族
ロータリークラブの会合に、仕事関係の方から声をかけられ、昨日初めて参加しました。
“ロータリークラブ六本木”のランチ・ミーティング。
グランド・ハイアット東京で行われました。

このような会合に参加するのは、初めてでしたが、近隣の名士や事業者の方などが集まり、
活動などを報告されたり、歓談したりされていらっしゃいました。

話では聞いたことがあったのですが、こんな世界があるのだと、こうやって
人と人がつながっていくのだとも思いました。

短い会合でしたが、初めてながら、いろいろと出会いがあり、
興味深いひと時を過ごせた気がします。
by jungae | 2008-08-19 16:13 | 経営者の視点