アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

石川亭にてランチ

石川亭で久々にランチをしました。
大手町で仕事をする機会があり、昨日行ってきました。久々です。
前菜とメインの1100円ランチを注文しました。
e0123104_8451057.jpg

前菜は、帆立と銀鮭のテリーヌ。ふわふわしています。
e0123104_8464366.jpg

メインは鶏肉のロースト。ぱりぱりして美味しいです。

相変わらずすごいボリューム。どれも美味しく、本当に大満足です。
1100円は本当にお得です。またまた石川亭の大ファンになりました。

なお、昨日は雪が降りましたね。大手町の雪景色を撮ってみました。
e0123104_8494611.jpg

よい週末を過ごしてください。
by jungae | 2009-02-28 08:51 | グルメ

清原和博の「男道」

清原和博選手の「男道」を読んでいます。彼が野球が大好きで買ってきました。
(彼はこの本を読んで涙したそうです。。。)

私自身は野球好きな祖父といっしょに暮らしていたこともあり、野球はそれなりに好きです。
どのチームが好きということはあまりなく、個人的に選手を好きになる感じです。
ちなみに、小さい頃には、日本ハムの西崎選手が好きで、多摩川沿いにあった練習場に
見に行ったことがあります。その後はイチロー選手が大好きで、オリックスの在籍の際には
関東で試合のある西武球場や東京ドームに見に行ったりもしました。

ただ、清原選手については正直よくわからず、ちょっと恐いという印象を持っていました。

この本を読んで、愚直なまでのまっすぐさというか、男気を感じました。
ドラフトで巨人に指名されなかった話は有名ですが、本人の心の葛藤が赤裸々に
描かれていて、身につまされます。

なお、印象的だったのは、練習のすさまじさ。毎日素振りを800回、ランニングは数十キロ。
すごい練習の量。プロのスポーツ選手は本当にすさまじい努力をしているのですね。

また、ご両親が素晴らしいと思いました。特にお母さんは、清原選手が中学生のときに、
毎晩20キロのランニングに自転車で付き合ったとか。
同じ親として、頭が下がります。

本人もいろいろと支えられたということを認識していて、両親への感謝の気持ちはいつも
持っているとのこと。

まだ読んでいる途中ですが、楽しもうと思います。
by jungae | 2009-02-27 07:30 | 個人的なこと
「おくりびと」が米アカデミー賞で外国語映画賞を受賞しましたね。
私はまだ見られていないのですが、ぜひ見てみたいと思いました。
人の死や幸せについて考えさせられる作品なんだろうと想像しています。

なお、監督賞や作品賞など8部門の賞を受賞した「スラムドッグ・ミリオネア」と
いう作品が、大きな話題を呼んでいます。受賞が決まった当日は、インドでは
国中が大騒ぎだったそうです。
India Celebrate Oscar victories by 'Slumdog'(2月23日)という記事で
その様子が伝えられています。

この映画自体はインド映画ではなく、アメリカの2つの映画会社に支援され、
イギリス人監督が監督したものですが、キャストのほぼ全員がインド人で、
ムンバイの小さな道で撮影され、会話の3分の1はヒンズー語とのこと。
ボリウッドという言葉があるとおり、インドの映画産業はとても大きなものですが、
この映画がボリウッドの映画と異なるのは、インドの一般の人の姿を映し出したこと。
IT産業などが栄え、すばらしい経済発展を遂げていますが、一方でそれとは無縁の
貧しい人たちがまだまだたくさんいる。その様子を明らかにしたと言います。
公開当初はスラムに住む人をDogと呼ぶのはどうかなど、いろいろと抗議も
あったようですが、今回の受賞を国民はとても喜んでいます。
“We rocked the World(世界を振動させた)”という人も。

アカデミー賞を見ながら、世界の垣根がなくなっているなーとつくづく感じます。
A 'Slumdog' kind of night at the Oscar night(2月23日)によると、助演
女優賞を受賞したスペイン人のペネロペ・クルスが、スピーチの一部をスペイン語で
行いました。スペイン人の俳優たちや人々への感謝の気持ちを表したかったからだと
言います。「私たちはみんなが混ざり合った世界に暮らしているのだから、映画にも
それが反映されないといけない」と彼女は言います。

一方で、本木雅弘さんが英語のスピーチのメモを持って、一生懸命英語で話して
いたのも印象的でしたね。

英語で一生懸命表現するのも良ければ、母国語でスピーチをするのもよし。
何語を話すかは関係なく、自分の思いを誠実に伝えることのほうがはるかに
重要なのですね。

実は、出産後1度も映画に行かれていないのですが、どちらの作品もどうにか
チャンスを見つけて、ぜひ見てみたいと思いました。
by jungae | 2009-02-25 06:34 | そのほかの気になる記事
ヒーブ協議会という団体が開催した創立30周年イベントに、先週参加してきました。
娘のお迎えなどの関係で参加できたのは、一部でしたが・・・。

ヒーブとは、生活社と企業のパイプ役として企業内で働く女性のことを指します。
食品、流通、化学業界などの企業が会員になり、そこに働く女性たちが属して
いるとのこと。月に1回勉強会や講演会などを開催しているようです。

以前取材でインタビューをした方から紹介いただいたのですが、社内で働く女性が
少なかったので、会社を超えた横のつながりはとても貴重で、いろいろな人と出会う
チャンスをいただけたとおっしゃっていました。

お話を聞いた中で面白かったことを紹介します。

○ものと人とサービスの関係。
ものはどんどん便利になっていくけれど、昔からの感覚ではうまくいかなくなっている。
バスコンロは火の具合を実際に確認できたけれど、電気コンロは実際に火はなく、
数字で調整する。どんな具合なのか、使いこなすのに時間がかかるなど。

○人間と他の生き物との違い
地球上には多くの生物がいるけれど、人間が一番優位に立っているのは、他の人と
協力する共同体、コミュニティを作れる能力があるから。

少しの時間でしたが、他にもいろいろと有意義なお話を伺えました。
夜には交流会もあったようです(私は参加できず)。

女性が少ない職場に働く女性たちが交流し、切磋琢磨できる場が30年以上前から
あったのですね。これらの企業に属する人たちは、消費者の視点を商品作りに生か
すことができます。企業人としての自分と消費者としての自分。素晴らしいと思いました。
by jungae | 2009-02-24 07:26 | 経営者の視点
バイリンガル・キッズ・クラブという会のパーティが21日(土)にあり、声を
かけてもらったので、先日家族で参加してきました。

麻布十番から10分くらいのところにあるきれいなマンションの一室。

e0123104_716762.jpg

壁には子どもが興味を持つようなものが貼ってあり、工夫してありますね。
e0123104_71146100.jpg

おもちゃや本も揃っているようです。

気軽に参加するパーティで、いろいろな人が出たり入ったりしていました。
娘は最初恐縮していましたが、途中から慣れてきたので、動き回って遊んで
いました。他の子どもたちは、電車のおもちゃで遊んだり、ボール遊びなどを
して楽しんでいました。

最近実感するのは、どこの国でも子供が関心を持つことは全然変わらないな
ーということ。彼はやんちゃな子供たちにつかまり、“You are a bad guy!”
と言われて、押入れに押し込まれていました。。。

たまにはこういう会に参加して、いろいろな人と触れ合ってほしいと思ったのでした。
by jungae | 2009-02-23 07:26 | 異文化&外国語
博多もつ鍋うみの碑文谷店に、昨日行ってきました。
ここは家から数分のところにあります。昨年散歩をしていて、たたずまいにひかれて調べ
たら、博多に本店のある名店と言うことが判明。
彼がもつ鍋が好きで、昨年の冬に訪れました。今年の冬も暖かくなる前に行こう
ということで、予約して訪れました(以前当日行こうとしたら、満席だといわれたのです)。
e0123104_7313986.jpg

住宅街にひっそりとたたずんでいます。
e0123104_7323165.jpg

もつ鍋のほかに、馬刺し、一口餃子がおすすめのようです。
e0123104_7332138.jpg


もつ鍋の具はもつとキャベツとにら(豆腐を追加注文)。塩味でとてもシンプルですが、
あっさりしていて食べやすいです。もつがやわらかく、とろける感じ。
最後は雑炊を食べましたが、ダシのきいたスープがとても美味しかったです。

寒い夜にもつ鍋を食べ、身体も心も温まり、大満足でした。
by jungae | 2009-02-22 07:38 | グルメ
浅野屋ミッドタウン店で、友人とランチをしました。
浅野屋は軽井沢のパン屋さんで、とても有名ですね。
先日お会いした書道家の成澤秀麗さんが、パンも美味しいのだけど、ランチで
ピザを食べてほしいと勧めてくれたので、行くことになりました。

ピザランチとサンドイッチランチを注文し、シェアしました。
ピザはマルゲリータ。小ぶりですが、生地がもち持ちしていて、美味しいです。
(写真を失敗してしまいました。。。)
アボガドと海老のサンドイッチ。ぷりぷりした海老とアボガドの組み合わせが絶妙。。。
e0123104_6161946.jpg


お店はゆったりとしてスペースで、雰囲気もとても良かったです。
友人が今月で1歳になる赤ちゃんを連れていたので、こういう空間は大事ですね。
私も娘を連れて、また訪れたいと思いました。
by jungae | 2009-02-21 06:21 | グルメ
途中経過を知らせる大切さを最近痛感します。
少し前に、ある仕事を依頼されたのですが、ボリュームがあり、1ヵ月半の納期。
仕事を依頼された当初は、まめに連絡を取っていたのですが、その後はあまり
連絡を取らずにいて作業を進めていました。
そして、締切の数日前に作業を終了したものを提出しました。

しかし! 先方の求めていたことと弊社がやっていたことが少し違っていて、
再度見直しをしなければいけないことに。

途中で連絡をして、確認を取っていれば避けられていたこと。心から反省しました。
長い納期でいただいた仕事(それに限らずですが)は、必ず途中経過を知らせて
確認する。

当たり前のことですが、改めて、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)はとても
大切だと再認識しました。

ふり返ると、仕事の中で日々失敗をしている気がします。
ああしておけばよかった、こんなやり方もあったなど。
失敗から少しでも学んでいけたらと思います。
by jungae | 2009-02-20 06:43 | 経営者の視点

シシリアにてランチ

シシリアでビジネスランチをしました。
六本木交差点から芋洗坂を下ったすぐ右にあったのですが、現在ビルが工事中で
六本木通りを溜池山王に向かって1、2分ほど歩いたところに移転していました。
六本木に住む書道家の成澤秀麗さんとランチをする機会があり、彼女が声を
かけてくれました。
e0123104_693056.jpg

この看板は変わらないですね。
e0123104_610141.jpg

成澤さんお勧めのグリーンサラダ。名物料理のようです。
1本のきゅうりがこんなに形になるなんて。芸術品です!! 
甘味と酸味が絶妙のドレッシングが、これまた絶品でした。
e0123104_613104.jpg

アンチョビのピザ。生地がとても薄くてぱりぱり。ペロッと食べられて、何枚でも行けそうです。

六本木交差点にあったときから気になっていたシシリア。
ただなかなか行くチャンスがなかったのですが、実際に行って、美味しい食事ができて、
大満足でした。
by jungae | 2009-02-20 06:19 | グルメ

青梅マラソン

青梅マラソンに彼が出たので、その応援に15日(日)行ってきました。
今年で43回目で、長い歴史を重ねるこのマラソン。多くの人でごった返していました。
e0123104_9104416.jpg

東京マラソンの影響で走る人が増え、参加人数は過去最高のようです。
e0123104_9143044.jpg

青梅と言えば梅。マラソン饅頭として、梅饅頭、梅大福を売っていました。
街をあげて応援していて、いい雰囲気です。
e0123104_9115693.jpg

表彰式の様子です。
e0123104_9133523.jpg

体育館近くのGamba! Gamba!というお店で待機しました。

八王子温泉に入りたかったのですが、3歳以下ではダメだということがわかり、
自宅近くに戻り、鷹番の湯に入りました。
夜は六まる五元豚というしゃぶしゃぶのお店に行きました。
e0123104_9163512.jpg

豚がやわらかくて美味でした。

気づいたら、東京マラソンまで1ヶ月とちょっと。走っているランナーの
姿を見て、走らなければと決意を新たにしました。
by jungae | 2009-02-17 09:25 | 余暇