アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2009年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

保育園に通い始めて1年

保育園に娘が通い始めて、今日でちょうど1年がたちます。
いろいろ大変なこともありましたが、ただ、ふり返ると、あっという間ですね。
最初はぐずったりもしていましたが、今では保育園に行って、大好きな先生や
友だちに会うのが嬉しくてしょうがないようです。
友だちからもたくさんの刺激を受けているようです。

先日子供も交えて、クラスの懇親会をしたのですが、友だちに手をふったり、
おもちゃでいっしょに遊んでいました。その姿を見て、成長したなーと改めて
感じました。

クラスにはイタリア人のパパがいて、イタリアの子育ての話などもしてくれます。
娘にはいろいろな文化と触れ合って育ってほしいと思うので、いい機会だと
思っています。

子育てをしながら働くということは、大変なこともたくさんあります。体調を崩
したときに呼び出されて、打合せをキャンセルしたり、仕事ができなかった
ことも幾度となくありました。

ただ、一方で、子育て一辺倒にならず、子育て以外の場を自分自身が持って
いることで自分の生きがいを感じられることもあったり、離れている分、会った
ときに娘に対して深い愛情を持て、やさしくなれたりするので、私自身にとっては
働くということ、仕事は大切なのだと感じています。

最近『働くママに効く心のビタミン』という本を知人から紹介されて読んでいます。
働くママとして、とても共感することが多く、刺激を受けました。
いくつかご紹介します。

○2度目の職場復帰のとき、メインの仕事からはずされたとき言われた言葉。
「会社の中にムダな仕事はひとつもない。お茶出しも立派な仕事。どんな仕事
からでも何かを得ようとすることが大切なの。・・・」

○保育所に通ってかわいそう?と言われたら、
「子どももがんばっているから、私もがんばれるんです」と笑顔で答えましょう。

それ以外に、役立ったアドバイスは、

ママが「働く理由」を子どもが納得いくまで話し合うということ。

今はまだよくわかっていないかもしれませんが、これから言葉を覚え、いろいろと
わかってきたら、ぜひ私がなぜ働きたいのかを話していきたいと思います。

いろいろなエッセンスがつまった本なので、良かったら手にとってみてください。

課題は山積みですが、自分なりに子育て&育児を楽しんでいきたいと思います。
いつもほんとうにありがとう!!
by jungae | 2009-03-31 07:13 | 子育て&家族

桜まつり@碑文谷公園

碑文谷公園で桜まつりがあり、昨日の昼頃行ってみました。
e0123104_7134283.jpg

深沢高校の和太鼓部の演奏。全身を使った様子はなかなか見ごたえあり。
娘がとっても興味深く見ていました。
e0123104_715811.jpg

池にはかわいい生き物がたくさんいます。
e0123104_7154159.jpg
e0123104_7155618.jpg

桜はやはりきれいですね。
日差しが出て少し暖かくなり、ちょっとした散歩を堪能しました。
by jungae | 2009-03-30 07:17 | 余暇

ランニング@駒沢公園

駒沢公園に昨日の朝、ランニングに行きました。
桜が五部咲きくらいでしょうか。きれいでした。。。
e0123104_77406.jpg
e0123104_78214.jpg

駒沢公園もかわいい犬がとっても多いです。
e0123104_785691.jpg

e0123104_791497.jpg

やはり服を着せるのは、常識なのでしょうか。。。

ちょっと身体は重かったのですが、やはり走ってみると気持ちいいですね。
週末は可能なときはできるだけ走りたいなーと思っているので、続けたいと思います。
by jungae | 2009-03-30 07:12 | ランニング

桜@中目黒

中目黒の目黒川沿いを、桜を見ながらゆっくり散歩しました。
今年は桜の開花が早かったものの、その後は寒い日が続き、足踏みしていますよね。
昨日も二分咲きでしょうか。
(ただ満開だと人がすごいので、ゆっくり散策するにはちょうど良かったです。)
e0123104_6595514.jpg
e0123104_701945.jpg

目黒川に向かってしだれている様子がとってもきれいです。
e0123104_705253.jpg

日が差しているところにある桜は結構咲いていました。
e0123104_7123615.jpg

とってもかわいい犬たちを発見。服を着せるのは常識なのですかね・・・。
e0123104_7124989.jpg

もう1組見つけました。そんなに犬が得意のほうではないのですが、本当にかわいい!!
のんびりと散歩をしながら、桜と街歩きを堪能したのでした。。。
by jungae | 2009-03-29 07:17 | 余暇
新聞離れが進んでいると聞きます。
その中で、シアトルで発行されている、“The Seattle Post-Intelligencer”は
紙で発行するのをやめ、すべての記事をネット上だけで公開することを決めたそう。
ネット新聞の今後がどうなるのか、気になる記事がありました。
The Daily Me(3月19日)の記事です。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のNicholas Negroponte氏は、ネットのみで
流れる情報を“The Daily Me(毎日の私)”と名づけました。

新聞をネット上だけで読むと、どのようなことになるか。
いい情報を手に入れるというよりも、自分に都合の良い情報、自分の考えを
支持してくれるような情報だけを見るようになると指摘します。
偏った情報になるのでしょうかね。

これを防ぐためにできることは、見聞きした情報に対して自分なりに考え、
議論し合うこと。毎日に運動と同じように、この能力も磨いていかないと
いけないと指摘します。

確かに、ネット上では本当に多くの情報が流れていて、なんとなく、自分の
興味のあることや自分の考えに当てはまるものを、自然と見ているかも
しれませんね。

ちなみに、私は新聞は好きなほうです。そんなにじっくり見ているわけでは
ないけれど、ぱらぱらめくっていると、案外自分が全然知らなかったことが
わかったりして、この一覧性は紙の新聞の良さだなーとも感じるのです。

ただ、これからはネットで流れる情報とは離れて生活することはありえません。
ならば、流れている情報に対して、自分なりに疑問を持ったり、話し合ったり
して、自分の考えを持っていくことが大切なのでしょうね。
by jungae | 2009-03-28 07:20 | NewYorkTimesの気になる記事
先入観にとらわれないことがとても大切だなーと最近感じます。

数週間前に娘がついに(?!)卒乳ができたのですが、「授乳をしないと寝ない」
とずっと思っていました。ただ、実際にはそんなことはなく、「ねんねしようね」と
言って背中をたたいて寝かしつけたら、そのまま寝ました。

「○○でないとだめ」と私が思い込んでいただけなのですね。

これは子供だけの話だけではないと思うのです。
人はある程度の年齢になると変わることはむずかしいと思う傾向があり
ますが、そうでもないのかもしれません。

私自身をふり返ると、会社に勤めていたころは出社が遅かったことも多く、
典型的な夜型人間でした。朝は本当に苦手で、早く起きて何かするなど
考えられませんでした。

ただ、子供ができて残業ができず、夜は娘と一緒に寝るということになると、
必然的に朝起きて仕事をすることに。最初は少し大変でしたが、最近は
気持ち良く起きて仕事や自分の好きなことをしています。

「人は変われるものだなー」とわれながら驚いています。

人間は案外いろいろな可能性を持っているのかもしれません。

自分でその可能性を閉じずに、オープンに構えるようにしたいなーと感じる
今日この頃です。
by jungae | 2009-03-27 06:35 | 経営者の視点
澤の屋旅館のオーナーを務める澤功さんという方の記事を最近読みました。
この旅館は東京谷中にある、12室のとても小さな旅館。1泊5400円~と
リーゾナブルな料金で、外国人旅行客に人気があります。
この経済危機の中でも大きな影響を受けず、9割以上の稼働率が続いて
いて、5月まで予約で埋まっているとのこと。

彼が大事にしているのは、「日本人のありのままの生活を見てもらうこと」
季節ごとにひな人形や五月人形を飾り、冬至にはゆず湯を用意したり、
節分には豆まきをするとか。

もともとは日本のビジネス客や修学旅行客をターゲットにしていましたが、
1982年にその数が激減し、転機が訪れ、外国人を受け入れることを決定。
靴を履いたまま上がったり、和式トイレを汚す外国人の行動に当初は驚いた
けれど、徐々に文化や習慣の違いだと受け入れられるようになったそうです。

彼の話で印象に残ったことは、「特別なことは何も必要ない」という言葉。
(“観光カリスマ”として人気が高くて講演依頼も多く、その中で話しているそうです。)

以前ある人からも言われたことがあります。人の能力はそれほど変わらない。
ただ、丁寧に対応したり、コミュニケーションを密にしたり、お客様に誠意を持って
接することで、ファンが増えていく。
ちょっとした心遣いが本当に大切で、それを当然のようにできているからこそ、
言える言葉だと思いました。

外国人を受け入れる以前は、経営者として旅館を大きくして利益を増やすことが
当たり前だと思っていたそうですが、いつも同じ顔ぶれに会えるのが何よりうれしい
と考えるようになったということ(リピーターの方が言ってくれたそうです)。
経営者として会社を大きくすることを求めていくということも1つの道ですが、
適度の規模で、一人ひとりのお客様とのつながりを大事にしてやっていくという
道もある。

企業にもいろいろなかたちがあっていいのだと、当たり前ですが、感じたのでした。

私自身はまだまだ足りませんが、「特別なことは何も必要ない」とかっこよく
言えるようになりたいと思ったのでした。。。
by jungae | 2009-03-26 07:17 | 経営者の視点

WBC、優勝おめでとう!!

WBC、日本が優勝しましたね。
優勝の瞬間は、思わず手を上げて、「キャ!」と声を出してしまいました。
(打合せ中だったのですが、私も先方も気になり、会議室でTVをつけてくれたのです。)

イチローが決勝打を放って、ダルビッシュが最後を締める。
昨日のブログで一流選手の真剣勝負を堪能したいと書きましたが、本当に素晴らしい
試合で、心底堪能しました。韓国も簡単には勝たせてくれませんね。。。

試合を見ながら思ったのは、当たり前のことですが、
“一流の選手たちでも緊張する”、そして“技術よりもハートが大事なんだなー”ということ。

9回裏にダルビッシュが投げているときには本人の緊張感がすごく伝わってきましたし、
10回表のチャンスでイチローが打席に立ったときにも、ピーンと張り詰めたものを
感じました。

あるレベルを超えた選手たち。
申し分ない技術を持っているけれど、それをいかにここぞという場面で出せるか。
そのためには、最終的には、技術的なものよりも、「絶対に勝つ」「絶対に打つ」という
気持ちが大事なんだということなんですね。
(解説者の人が「気持ちで投げて/打ってほしい」と何度も言っていたのが印象的
でした。)

一方で、チームの雰囲気が、試合を重ねるごとによくなっているなーと感じました。
チームが勝つために、「チームのために尽くす」という意識を共有していて、本当に
一丸になっていました。選手たちや監督などを含めて、チームで深い信頼関係が
築けていたのではないかと思います。
優勝の瞬間や祝勝会では全員で喜びを分かち合っていましたが、その信頼関係
があったからこそですね。
(イチローが、「この先輩をリスペクトしないのがこのチームの良さ」と言って
いましたね。)

IHTでも、“A Japanese team beasts U.S. ...players”(3月23日)の記事で、
日本がアメリカを負かした試合を取り上げて、日本はチームとしてプレイしたが、
アメリカチームはチームというよりも選手たちの寄せ集めのようだったと指摘しています。

WBC2連覇、本当におめでとう。感動をありがとうございます。
by jungae | 2009-03-25 05:35 | NewYorkTimesの気になる記事
WBC、ついに決勝ですね。
いろいろと厳しいときもありましたが、ここまでたどり着きましたね。
日に日にチームの雰囲気がすごくよくなっているのがわかります。
「チームのために戦う」という姿勢が、チーム全体に浸透しているのがだと思います。

韓国との5度目の対戦(多すぎる気がしてなりませんが・・・)。
ぜひ勝ってほしいなーと思います。

なお、以前清原選手の「男道」やっと読み終わりました。
感動してしまった箇所がいくつかありました。

「仲が良いだけが、友だちではない。お互いに傷つけ合うこともあったけれど、
桑田の存在はいつも僕の心を鼓舞してくれた」

高校卒業のときに巨人軍に行けずに、桑田選手が巨人軍に行くことになり、
それは清原選手の心に大きな傷を残しました。ただ、お互いに巨人軍を去った
ときに、初めて高校のときのように無邪気に話せるようになった、それに23年間
かかったと言います。
男の友人、いやライバル同士だからこそいえる言葉ですね。
つらいけれど、かっこいいと思いました。

「お母さん、僕な、野球やめるわ」
引退を決意したとき、お母さんを背負って言ったセリフ。
ちょっと泣けました。
いろいろと支えてくれたお母さんへの感謝の気持ち、伝わってきます。

一流のスポーツ選手の真剣な戦いには、本当に心を動かされます。
今日のWBCの決勝、ぜひ勝ってほしいですが、選手たちの真剣勝負を
堪能したいと思います。
by jungae | 2009-03-24 07:22 | NewYorkTimesの気になる記事

東京マラソンついに

東京マラソンについに参加してきました。
午前7時前に自宅を出て、7時45分に新宿に到着。
e0123104_6521873.jpg

すでに多くのランナーでごった返していたので、すぐに準備をして、荷物を
預け、スタート地点に向かいました。
e0123104_6551572.jpg

スタート地点で思い思いに準備。30分程度待たなくてはならず、少し寒かったです。
e0123104_6574270.jpg

いよいよスタートです。
e0123104_6581616.jpg

石原都知事が手をふっていました。
e0123104_701840.jpg

荻原兄弟です。
e0123104_705191.jpg

靖国通り。普段と全然風景が違いますね。。。
e0123104_712890.jpg

思い思いの服装で走っています。沿道の人もたくさん声をかけてくれるのが、
目立ったほうがいいかも?!
e0123104_712832.jpg

右が皇居。東京タワーが見えてきました。
e0123104_721056.jpg

日比谷公園で無事にゴール!! 
e0123104_734873.jpg

完走メダルをもらいました。

タイムは後でネットで調べたところ、59:03。
スタートまで少し時間がかかっているので、もう少し短くなるかしら? 
1時間をきりたかったので、良かったです!!
e0123104_75296.jpg

夜に自宅でシャンパンを飲んで乾杯しました。

久々のラン、とても楽しみました。

このブログのカテゴリーに、ランニングを追加しました。
これから本格的にいろいろ走ろうかしら?! と考えたのでした。。。
by jungae | 2009-03-23 07:08 | ランニング