アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2009年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

欧米で育ったインド出身の人たちは、教育を受けてビジネスの分野で活躍した後、
自分の国に何かしら貢献したいと思う人も多いのが現状。ただ、そこで大きな問題に
直面しているそうです。Some Indians Find It Tough to Go Home Again
(11月27日)という記事です。

40年前に7歳で両親といっしょにインドをあとにし、アメリカにわたったShiva
Ayyadurai氏は、いつかインドの役に立つために戻ってくると誓いました。
45歳になった彼は、海外にいる有能な科学者を呼び戻すという、インド政府
の計画のもと、その夢を実現すべく、ボストンからニューデリーに戻りました。

「完璧のように見えた」けれど、現実はとても厳しかったようです。
欧米式の教育を受けたMr. Ayyadurai氏にとって、インド政府は非効率で
融通の利かないものでした。ボスとぶつかり、仕事の契約は解除され、
ボストンに戻ることになりました。

インド政府は海外で教育を受けた優秀な人材をインドに呼び戻すべく、積極的に
活動しているものの、同じような問題を抱え、帰って行く人は多いようです。

ある調査会社の調査によると、今後5年間で10万人の人がアメリカからインドに
戻る予定ですが、戻る人(repatと呼ばれるそうです)の34%は、交通事情や
インフラが整備されていないこと、官僚主義などについて不満を持っており、
適応するのに苦労しているとか。

repatたちの問題は、インド人のように見えるが、アメリカ流の考え方をすること。
彼らが自分たちと同じようにインドのことを知っているだろうと人々は思うのですが、
repatの人たちはよくわかっていない、それを理解できていないと言います。
一方で、アメリカ式やイギリス式で物事が進んでいないと、repatは文句を言います。

欧米式のビジネスの手法、インド式のビジネスの手法。

これまでは欧米式がいいという考え方がありましたが、それがすべていいわけでは
なく、それぞれに良さがあり、お互いのいい点をうまく取りこんでいくような仕組みが
必要だと、最近私は考えるようになりました。

お互いがお互いの違いを理解し、受け入れ、それぞれの良い点を吸収することが、
これからは求められているように思いました。

優秀な人材をどのように活かすか。
どの国にとっても、どの企業にとっても大きな課題ですね。
by jungae | 2009-11-30 07:27 | NewYorkTimesの気になる記事

anastiaにてランチ

この週末は、あることの勉強で研修を受けているのですが、昨日銀座にある
Anastiaというイタリアン
レストランでランチをしました。

ランチはサラダバー、スープ、メインがついて990円です。
e0123104_652748.jpg

おこげのリゾット ミートソース。
リゾットは久しぶりだったのですが、ごはんが本当にぱりぱりしていて、本当に美味。
ごぼうやパプリカ、木の実など、いろいろな野菜も摂れて、大満足。

店内は10名程度のカウンターとテーブル席が6席程度。
こじんまりとしたとてもいいお店でした。
by jungae | 2009-11-29 06:58 | グルメ
昨日、以前勤めていた会社の先輩から声をかけていただき、ある会合に参加しました。
さまざまな年代の方がいらっしゃり、いろいろな話を伺うことができて、とてもたくさんの
刺激を受けました。

お会いした素敵な70代くらいの女性がおっしゃっていたことがとても印象に残ったので、
ご紹介したいと思います。

ずばり「素敵に生きるためのかきくけこ」(私が勝手に名づけました)。

 か―感動
 き―気品
 く―工夫
 け―健康
 こ―好奇心

いつまでも素敵に生きるには、感動することを忘れず、気品を持ち、工夫をする
ために知恵をしぼり、健康であり、そして、好奇心を持ち続けること。

なるほどと思いました。

おっしゃっているご本人が年齢を感じさせない、とても素敵な方で、妙に納得して
しまいました。

否が応でも年は取りますが、年を取れば取るほど、「素敵ですね」と言われたい
なーと私は勝手に思っていて、この言葉はとても心に響きました。

「素敵に生きるためのかきくけこ」

これから肝に銘じていきたいと思ったのでした。
by jungae | 2009-11-28 06:52 | 経営者の視点
個人的なことなのですが、私はかなりの「面倒くさがり屋」です。
いろいろなことをはしょってしまったり、短縮できないかといつも画策しています。

最近、この面倒くさがるポイントが、人によって違うんだなーということを、
改めて発見しました。
(当たり前と言えば当たり前なのですが・・・)

私の場合、思いつくこととして、次のようなことを面倒くさいと思います。
○洗濯物を取り込む際に、ハンガーなどをいっしょに取り込むこと
 (とっても細かいのですが、干しっぱなしにすると劣化するそうです。)
○窓などの鍵を閉める際に、鍵を最後まできっちり閉めること
 (鍵が固いものもあり、ある程度閉まっていればいいと思ってしまいます。
  彼はきっちりと締まっていないと気になるようで、「危ない」とよく叱られ
  ます。確かにそうかもしれないので、気をつけないとも思うのですが・・・。)

彼の場合、たとえば次のようなこと。
○温かいものを飲むために、お湯を沸かすこと
○フルーツの皮をむくこと
(よって、1人暮らしのときは全然フルーツは食べなかったとか)

ほかにもあると思うのですが、本当にいろいろな違いを実感させられます。

いっしょに暮らす人でもこのような違いがあるから、仕事などで出会う人は
もっと異なるかもしれまん。

人と接する際に、こんな違いがあるということを認識しておくことは、役に立つ
かもしれないと思ったのでした。
by jungae | 2009-11-27 06:58 | 個人的なこと
オバマ大統領が就任して10カ月余り。いろいろなことに着手しているものの、
結果が出ずに、支持率が低下しているということが言われ始めていますが、
今必要なのは「賢い市民」だと、Thomas Friedman氏は言っています。
Advice from Grandma(11月21日)という記事です。

オバマ大統領の先日中国を訪問したことを見て、19世紀はイギリスの時代、20世紀
はアメリカの時代、21世紀は中国の時代だと語る人がいますが、Friedman氏は、
その見方には賛成しないと言います。
なぜなら、現在世界は超融合社会に突入しつつあり、原料やデザイン、製造、流通、
ブランディングなど、あらゆるものがコモディティ化(日用品化)しており、世界中の
どこからでも手に入りつつあり、1カ国で解決する社会ではないから。

その中で、現在、コモディティ化できない、とても重要な2つのことがあります。
1つは「想像力(imagination)」であり、もう1つが「良い統治(good Governance)」。

アメリカにはこのうち、「想像力」があります。
iPodは中国で生産されているものの、アメリカで夢が描かれました。
(利益は夢を描き、商品化した国に行きます。)

一方で、アメリカは「良い統治」を失いつつあると言います。
「良い統治」は、コモディティ化せず、創造力を生み出すもの。
「良い統治」を推進するリーダーは、長期の視点に立ち、問題を指摘して「最適」
の法律を提示し、有能な人を政府に連れてくる必要があります。
今のアメリカには、いろいろな問題に対して「最善以下」の対策を講じているだけ
だけで、解決に至っていません。

今何が必要かという質問に対するスタンダードな答えは「良いリーダー」。
しかし、本当の答えは、良い社会を実現するために、自分自身が犠牲を払っても
構わないということをリーダーに示すことができる、「より賢い市民」だと言います。

少しむずかしい話ですが、当たっているかもしれないですね。

私自身が最近思うのは、短期的に結果が出るものもあれば、すぐには結果は
出ないものの、長い目で見たら大きな変化をもたらすものもあるのかなーと
いうこと。

私たちは、大きな期待をもとにリーダーを選び、「何か大きな変化が起きる
かもしれない」と期待したものの、結果がなかなか出ないと、すぐに見放して
しまいがち。

リーダーが何かを成そうとしていたら、それを見守り、じっくりと待つことも
必要であるということを認識する、そんな賢い姿勢が必要になるかもしれ
ないと感じたのでした。
by jungae | 2009-11-26 06:22 | NewYorkTimesの気になる記事

最近気になったもの

少しマニアックかもしれませんが、最近いただいたり、見かけたりして、気になったものを
紹介したいと思います。
e0123104_6285720.jpg

先日知人からいただいた桃林堂の「小鯛焼」。かわいらしいですね。
あんこが端までしっかり入っていて、モチモチしていて、おいしかったです。
e0123104_634448.jpg

3980円のメガパフェ。週末につくばマラソンの応援に行ってきたのですが、
そのあとに温泉に行ったときに見つけたものです。
以前は見かけたことがありましたが、まだあるのですね。。。
e0123104_6354096.jpg

黒いティッシュ。配っているのをもらったのですが、珍しくないですか?

個人的なことではありますが、いろいろと周りに気を配っていると、面白いものが
あるんだなーと実感。
以前読んだ『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』に書かれていましたが、
発見する力を養っていきたいと思います。
by jungae | 2009-11-25 06:42 | 個人的なこと
最近、「当たり前だと思わない」ということが大切だと感じる機会があります。

ある仕事を人に依頼をした際に、自分としてはこれくらいはわかる――
「当たり前」と思って、特に指示を出さずにお願いしたのですが、
実際に仕上がってきた仕事は・・・。
解釈がまったく異なっていて、結局やり直すことになったのです。

「当たり前」はこわい。
自分にとって「当たり前」でも、ほかの人にとっては「当たり前」ではない、
「当たり前」と勝手に解釈してはいけないと痛感したのでした。

遅ればせながら、10月に会社を設立して3周年を迎えました。
あっという間で全然ふり返るチャンスがなかったのですが、
どうにか3周年を迎えられたという感じです。
いろいろと気をつけてはいるものの、トラブルもちょこちょこ発生。

これを機に、「当たり前」だと思わず、常に確認するということを改めて
肝に銘じたいと思います。

なお、私事ながら、先日在日外国人向けMetropolisというで雑誌で
取材を受けました。この不況でも頑張っている企業として、ほか数社と
いっしょに取り上げていただきました。
光栄ではありますが、頑張らないといけないと思います。

英語ではありますが、よかったらご覧になってくださいね。
くわしくはこちらです。
by jungae | 2009-11-24 07:19 | 経営者の視点
栗原はるみ ゆとりの空間にて、大学時代の友人と久々にランチをしました。
恵比寿から歩いて5分程度のところにあります。
以前何度か訪れたことがあるのですが、久しぶり。
相変わらず混んでいました。

e0123104_8174279.jpg

ワンプレートの恵比寿ランチ(1575円)を注文しました。
(これに飲み物とデザートがつきます)。
いろいろなものをバランス良くたくさん食べられて、妊婦にもいいですね。
週末にランチをやっているのもありがたいです!!

バランスの良い食事を楽しみながら、久々に会う友人との時間を
堪能できました。。。
by jungae | 2009-11-23 08:24 | グルメ

文化が人に及ぼす影響

人はいろいろな環境で育ちますが、環境が人にどんな影響を及ぼすのか。
少し前になりますが、面白い記事を見つけたので、紹介します。
The young and the neuro(10月16日)という記事です。

Social Cognitive Neuroscience(社会認識神経科学)という分野が、
最近とても注目されていて、心理学や経済学、政治科学などの研究者
たちが研究に励んでいます。
社会認識神経科学とは、脳について研究しながら、人々がどのように
影響を与え合い、行動し合うのかということを研究するものです。

10月にニューヨークで学会が行われたのですが、若手の学者たちが
集まり、活発な議論が行われたそうです。

ある大学のチームは、手と足が痛い状況にある写真をアラブ人とユダヤ
人に見せたところ、アラブ人はあらゆるものに対して苦痛に感じると語った
一方で、ユダヤ人は1人よりも集団の苦しみのほうに敏感に反応すると
いうことを見つけ出しました。

ヤンキースとレッドソックスのファンの脳を調べたあるチームは、彼らが
相手チームに何かあったときには何の反応しないけれど、応援している
チームがうまくやっていると、大きく反応するということを見つけ出しました。

また、あるチームは、アメリカ人は支配的な行動に反応する一方で、
日本人は追従的な行動に大きく反応すると発表しました。

これらの研究が進んでいくと、今曖昧に語られている“文化”というもの
が何を意味するのかということも明らかになっていくのではないかと、
筆者は言います。

少しむずかしい話はありますが、興味深いと思いました。
人は、世界のどこで生まれようが、生まれたときはほぼいっしょ。
ただその後、ある環境(“文化”と言えるかもしれません)で育つ中で、
人柄が形成され、ある人物として完成されていく。

文化がどのように人に影響を及ぼすのか。
これからいろいろ関心が高まっていきそうですね。
by jungae | 2009-11-22 06:56 | そのほかの気になる記事

Ristorante Chaillyにてランチ

Ristorante Chaillyにて、知人とランチをしました。
大手町からだと10分くらい、神田からだと5分くらいのところにあります。
e0123104_836344.jpg

こじんまりしたたたずまい。カウンター10席くらいと、2人掛けテーブルが2つの
小さなお店です。

カウンター席に座り、シェフが調理する姿を見ることができました。
ランチは1200円のコースのみ(コーヒーまたは紅茶つき)。

e0123104_8381321.jpg

温かな野菜スープ。温かいパンを添えてくれます。
雨が降って寒い日だったので、温かさが身にしみました。
e0123104_8392061.jpg

魚介のマリナーラ。パスタが手打ちで、もっちりしていて美味。ボリューム万点です。

仕事で大手町などに行った際に何度か前を通っていて、気になっていたお店でした。
夜は結構高いようでしたら、ランチに行くにはとても良いお店でした。。。
by jungae | 2009-11-21 08:44 | グルメ