アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6月27日(月)の日経13面の「私の課長時代」というコラムで、ファミリー
マートの上田準二社長のことが載っていました。
(このコラムは「課長時代」とあるので、自分の課長時代、若い頃をふり
返っていて、今なら言えることを言っていたりして、結構面白いです。)

上田さんが伊藤忠商事時代のことをふり返っています。
興味深いことが書かれていたので、少しご紹介します。

自身と部下の男性営業マン4人が全員戌(いぬ)年ということで、
「ワンワンチーム」を結成し、夜の街で団結。週に3回は課会。
夜の10時からで、オフィスで30分、安酒場に繰り出す。
悩みや不満、何が不足でどんな提案があるか、会社で聞けない話をしたとか。
課や会社の将来の話をするので、3,000円までは会議費、ただしプライベート
な話が出たら1,000円徴収。

残業代やタクシー代で経理に目をつけられたので、“経費削減、健康管理”
とみんなでサウナに入り、赤坂のカプセルホテルの回数券を買って宿泊。

残業続きで離婚の危機の部下がいれば、奥さんに電話して、遅くなっている
ことを詫び、「ご主人は前途洋々だ」と話したとか。

以下のように締めくくっています。
==
あの頃の課長は、日曜を含めて部下の24時間を知り、一人ひとりの
立場や思いを理解していたものです。上も下もなく、ワンワンチーム
は一心同体でした。
==

私自身はこのような時代を経験したことはありませんが、そのときの
光景が目の前に思い浮かぶようです。
高度成長時代の日本は、こんな関係が支えていたのかなーと思います。

今は時代が変わり、上司と部下はどう付き合えばいいのか、いろいろ
変化しているようにも思います。飲み会も減っていると聞きますし。

ただ、仕事以外の部分で人間としてわかり合える関係になることは
いつの時代も大切で、その方法を少し変える必要があるのかなーとも
思っています。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2011-06-30 07:35 | 経営者の視点
これから「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学
の執筆者、ハーバード大学教授のマイケル・サンデル氏はなぜ
人気があるのか。
その理由についてコラムニストのThomas Friedmanさんが書いて
たました。Justice Goes Global(6月14日)というものです。

日本で人気のあるサンデル教授(NHKでも授業が放映されましたね)
ですが、中国でもとても人気があり、本の出版を記念して行われた
セミナーに参加するために、数時間前から並ぶ人もいたと言います。

フリードマン氏はマイケル・サンデル教授のアジアでの人気の理由を
3つにまとめています。

(1)オンライン教育の普及:どこにいても最高の教授の授業に
アクセスできる
(2)クリエイティブでイノベーションにたけた学生を育成するた
めに、よりクリエイティブでディスカッションスタイルの教え方が
関心を集めている
(3)若い世代が、経済学やビジネス、工学などのテクニカルな面
に縛られた教育よりも、道徳的意義やディベートを求めている

サンデル氏は次のように投げかけます。
「大雪の後に、雪かき用のシャベルの値段を上げるのは公正ですか?」
「大学に入学する権利をオークションにかけ、一番高いお金を払った
人に私のはどうですか?」

「中国で哲学的な話というと、経済成長に重きを置いてきたので、物
質的なものに基づいたもの。サンデル氏の授業は、今の中国にとって
は新しく、適切である」と中国のある大学の学長は語っています。

サンデル教授は言います。
「どの国の学生たちも、、毎日の生活の中でぶつから道徳的な問題に
対する議論に飢えています。最近は技術的な質問が大半で、正義に
ついて話す機会がありませんでした。おそらく社会の中で、GDPや
市場価値が幸せやいい社会を作るわけではないと気づき始めた人が
多いのではないでしょうか」と言います。

サンデル教授の目標は、ビデオでリンクされた教室を作り、ありと
あらゆる国の人たちが参加し、いろいろな質問について考えながら、
お互いから学ぶ場を提供することだそうです。

正義について学びたい。
正義とは、すぐに仕事や成果に結びつくわけではないけれど、生きる
うえではとても大切なもの。
物質的に豊かになってきた今、それについて学びたいという人が
増えているのかもしれませんね。

私自身は、本は買ってきたものの、まだ読めていないので、
読んでみようかなーと思ったのでした。
(正義に関する講義はこちらで見られるようです。私も見てみようと思います。)
by jungae | 2011-06-29 07:36 | NewYorkTimesの気になる記事
赤坂サカスにあるプレッツカフェ クレープリーにてビジネスランチを
しました。フランス風クレープのガレットを出すお店です。

1280円のランチセットを注文。
e0123104_7452418.jpg

じゃがいもの冷製ポタージュ。濃厚で美味でした。
e0123104_7454649.jpg

メインはチーズと野菜たっぷりのものを頼んでみました。
チーズとよく合い、美味でした。

ガレットは結構好きなのですが、食べるのは本当に久しぶりでした。
このお店は2度目でしたが、よい雰囲気の中で楽しむことができました。
よかったら訪れてみてください。
by jungae | 2011-06-27 07:50 | グルメ
以前リスクマネジメントについて学んでいると書きました(こちら)。
e0123104_8371399.jpg

上級コースに参加しており、昨日は3回目の講義(全4回)がありました。

昨日はリスク分析、リスクコントロールについて主に学びました
○強度や頻度の観点からリスクを分析する。
○分析には5W2H(When, Where, What, Who, Why, How, How much)
を使う。
○対策は複数立てる。

講義も興味深いのですが、講師の浦島繁樹さんの話がとても面白いので、
印象に残ったことをいくつかご紹介します。

○過去がちゃんとしていないと未来はない

○言葉は習慣にしてしまう、頻度が大事。繰り返していたら自然と覚える

○普通のことを普通にやる、普通のことを普通に見える人間になる。
 人間は欲が出て、ぶれてしまう。

○セミナーや勉強会を開催する際に気をつけること
①レジュメが命。手を抜かずに綿密に作る
②起承転結をしっかりする
③30分、もしくは1時間に1回、うならせるようなものを入れる
複数の価値を提供することが大事。

○教えると、教える人に情報が入ってくる。

○人がやらないことをやる。

○くっつけてビジネスになる時代

○コンサルティングは次の3つからなる。
①アドバイザー
②サポーター
③コーディネーター
自分がその分野に詳しくなければ、その分野に詳しい人を紹介する
など、コーディネーターに徹してもいい。
コンサルタントは、社長が見えないところが何かを考える。
「この人はここがわかっていない」ということを知る必要がある。

○経営は全体を見る力。

○心の余裕が大事。余裕があると事故は減る。

いろいろと学ぶことがありました。
7月11日までリスクマネジメントプランを考えるレポートを作ら
ないといけません。がんばろうと思います。

よい休日を過ごされてください。
by jungae | 2011-06-26 08:53 | 経営者の視点
今週知人と会う機会があり、新宿三丁目にある「農家の台所」でビジネス
ランチをしました。
以前恵比寿店に行ったことがあり、それについてはブログを書いたことが
ある(こちら)ので、今回はコミュニケーションという観点から感じるこ
とがあったので、まとめてみようと思います。

あらゆる手段でお客さんとコミュニケーションをしようとしていると感じました。
e0123104_813950.jpg

生産者の写真が大きく載っています。
e0123104_813391.jpg

新鮮な野菜を見せつつ、野菜を切ってくださる方がいろいろとわかりやすく
説明してくれます。
e0123104_815283.jpg

お米についてストーリーをわかりやすく解説していました。
e0123104_8155197.jpg

実際の野菜を販売しているブース。色とりどりの野菜が並んでいます。
店内に入るとき、出るときに通るようになっていて、うまいと思いました。

ちなみに食事も新鮮でとても美味しいです。
e0123104_812199.jpg

野菜につけるタレもいろいろ選べます。1つの食材もいろいろ楽しめます。
野菜はやわらかくて生でもいけます。
e0123104_8112322.jpg

メインはチキンにしましたが、いろいろと楽しめていいですね。

「農家の台所」のコミュニケーションの秘訣についてまとめると、
以下の通りです。
○作っている人を顔が見える
○店員の方が野菜についてわかりやすく説明してくれる
○ストーリーを語っている
○実際の野菜を見せる

お店は人気店で、入るのに少し待ちましたが、出た後も長蛇の列が
できていました。食事がおいしいことももちろん大事ですが、一方
で、その良さを知ってもらうためのいろいろな努力をしていると、
感じました。いろいろ学ぶべきところがあるなーと思いました。

もちろん食事は本当に美味しいので、よかったら訪れてみてください。
by jungae | 2011-06-25 08:25 | コミュニケーションに関すること
サンディエゴへの旅の最後は街散策です。
(と言っても、基本的にはホテルとConference会場を往復ばかりで
その近辺になります。)

Conferenceの初日の午前中にPhoto Walkという1時間半のセッシ
ョンがありました。カメラマンの人が写真を撮るヒントを教えてくれ
ながら、歩いて回ります。
e0123104_7144018.jpg

記念撮影をしたのですが、カメラマンたちが自分たちを撮ってくれと
いうことで、撮ってみました。
e0123104_7155142.jpg

海沿いのSea Port Villageというところを散歩しながら写真を撮りました。
e0123104_7175398.jpg

プライベートボートがたくさん並んでいます。
(知人に聞くと、サンディエゴは裕福な人が多いとか。)
e0123104_7185268.jpg

e0123104_7415394.jpg

海沿いにはレストランがたくさんありました。
e0123104_7195573.jpg

こんなかわいい犬が散歩をしていました。
e0123104_7215581.jpg

きれいな海沿いの風景が続きます。
e0123104_7225954.jpg

かわいい鳥たちがいて、触らせてくれました。
e0123104_7241847.jpg

こんな面白いオブジェを発見。
e0123104_7275475.jpg

温暖な気候でこんなきれいな花が咲いていました。e0123104_7284993.jpg

きれいな傘の後ろでなんだろうと思ったら、占いをしているようでした。
e0123104_7301759.jpg

海をまわる観光用の船(私は時間がなく乗りませんでした。)

Photo Walkは1時間半程度でしたが、初めて街を訪れる人もいるので、
こういうのがあるのはありがたいなーと思いました。
e0123104_7322956.jpg

ホテル近くのスーパーを散策。すごいサイズのケーキですね。
e0123104_7335334.jpg

高さも広さも、アメリカン?!ですね。
e0123104_73567.jpg

海沿い近くのお土産屋さん。磁石が並んでいて圧巻でした。

初めてサンディエゴを訪れましたが、少し肌寒い日もありましたが、
食事もおいしく、とてもいい街なんだなーと感じました。e0123104_7373696.jpg

サンディエゴへの旅の長い報告にお付き合いいただき、ありがとう
ございました。
by jungae | 2011-06-23 07:43 |
今回は、何度か書いたようにIABC(International Association of
Business Communication)という団体のWorld Conferenceに参加
することが一番の目的でした。
(私はIABC Japanの会員で、一応Membershipについて管理する、
Vice presidentをさせていただいています。)

ビジネスコミュニケーションに関わる人1400人が集まり、ビジネス
コミュニケーションにおける現在のトレンドや事例などについて話し
合いました。

IABC Japanで説明会を開催する予定なので、そこで詳しく話せたら
と思いますが、感じたことなどを少しまとめてみようと思います。

e0123104_7151076.jpg

講義形式で行われるものもあれば、こんな風にみんなで課題を持ち
寄って議論するスタイルのセッションもありました(Open Spaceと
いうそうです。)
e0123104_71765.jpg

IABC Japanの代表を務める、雨宮和弘さんがプレゼンテーションを
しました。日本人としては初めてです。日本で大きな震災があり、
危機についてどんなコミュニケーションがあったら、話しました。
いろいろと質問も出て、興味深いセッションになったと思います。
e0123104_7212373.jpg

ちなみに、一緒にプレゼンをされた人はU. S. Navyの方。
危機管理の際にどのようなシステムがあり、どんなソーシャルメディ
アを使っているのか、詳しく話してくださいました。
素晴らしいシステムで、莫大なお金をかけていると感じました。

コンフェレンスでは、ネットワーキングをする機会もいろいろと設けて
くれていました。
e0123104_7264172.jpg

北米(アメリカ、カナダ)以外の国から来た人たちのネットワーキング
パーティ。こじんまりとしていて、いろいろと話ができました。

感じたのは、やはりプレゼンのうまさです。
e0123104_7231523.jpg

「Writing across all media」というセッションで話されたスピーカー
なのですが、4年連続でコンフェレンスのベストスピーカーに選ばれて
いるそう。身ぶり手ぶり、ジョークも交えながら最高でした。
e0123104_7281359.jpg

General Sessionというのがあり、著名なスピーカーがいろいろな
トピックで話をしてくれるのですが、彼女は女性活用などについて
話しました。原稿をまったく見ずに、1時間弱話していて、すばらし
かったです。

人を引き付ける、プレゼン術は学ぶべきだなーと思いました。

Conferenceに参加してビジネスコミュニケーションについて議論
する中でもう一つ思ったのは、国は違うけれど、抱える問題は同じ、
似ているということでした。
「上司や社長にコミュニケーションの大切さをどうわかってもらうか」
「企業内でソーシャルメディアを使いたいけれど、なかなか浸透しない、
続けられない」
課題は多いですが、議論しながら、解決策を見出していくのがいい
のかなーと思いました。

最後に、いろいろなセッションに参加して気になったキーワードを
いくつかご紹介します。
-listen
-personal
-integrate
-integrity
-simple
-social
-fun
-help
-learn
-open
-collaborate
-curation
-trusted guide
-cotent strategist

羅列になりましたが、大切なことが隠れているような気がします。
上にも書きましたが、説明会をする予定なので、決まったら、
お知らせいたします。よかったらいらしてくださいね。

(4)に続く。
by jungae | 2011-06-22 07:42 |
サンディエゴの旅についてですが、今回は羽田からJALでサンフラン
シスコに飛び、そこからサンディエゴまではサウスウェスト航空
利用しました(小さい子供がいるので、家にいる時間が最短になる
ように、羽田の夜便を選び、サウスウェストは別途予約しました。
彼が旅程を考えたりするのが好きで、探してくれました)

今回は旅行とは少し離れましたが、サウスウェスト航空について
実際に載ってみて感じたことをまとめてみます。

サウスウェスト航空は基本にアメリカの国内を飛ぶ航空会社ですが、
社員の満足度が高く、顧客満足度もよく、業績もよくて有名だそう。
『社員第一、顧客第二主義―サウスウエスト航空の奇跡』という
本も出ています。
私は大学生の頃に1度だけ乗ったことがあるのですが、利用する
のは久しぶりでした。

他の航空会社とは違う、いろいろな工夫をしているなーと感じま
した。
e0123104_7425742.jpg

この青の感じが、サウスウェスト航空のイメージカラーのようです。
e0123104_7412458.jpg

サンフランシスコの空港にて。電源をさせるブースがあり、多くの
人が携帯やパソコンを充電していました。その他にもパソコンデスクが
何カ所もありました。
サンフランシスコは空港自体がWifiを利用できるので、この
サービスはありがたいですね。
(ちないに、機種によっては、飛行機内でもWifiが通っている
ようです。)
e0123104_745268.jpg

座席番号が決まっておらず、A○○、B○○などのチケットが渡されます。
e0123104_7461358.jpg

このように番号が記された柱があり、搭乗の際には、「A○~○○まで
番号順に並んでください」と言われ、その順番で機内に入ります。
入った順番に好きな席に座っていきます。
(早く着いた人がいい席をとれるという仕組みですね。)
e0123104_7481180.jpg

ドリンクメニューです。カラフルできれいですね。
(ソフトドリンクは無料ですが、アルコール類は有料です。
ただ、よく見ると、「母の日」や「父の日」はそれぞれ該当する人は
無料でサービスするとあったり、6月18日がサウスウェスト航空設立
40周年なので、みんなで祝おうと、無料でサービスするようです。
遊び心がありますし、働いている人もうれしいだろうなーと思いました。
e0123104_7513050.jpg

ちなみにこれはJALの機内で配られていた、ドリンクリストです。
シンプルで見やすくきれいですが、サウスウェストとは全然違いますね。
サウスウェストの遊び心は大事だなーと少し感じました。

サンフランシスコからサンディエゴまで1時間15分程度の往復の旅で
したが、乗務員の方もみんなフレンドリーで楽しめました。
(実は、IABCのコンフェレンスでサウスウェスト航空のことが話題
になっていて、そこでは安全の案内をラップで乗務員が説明していま
した。)

私なりに良さをまとめると、以下の通りです。
○電源を供給したり、Wifiサービスなどのハード面が充実
○席を割り当てるなどの無駄を省いている
○お客さんも従業員も楽しむ工夫をしている

他にもたくさんあると思いますが、一応こんな感じでしょうか。

また何かの機会でアメリカで移動することがあったら、利用して
みようと思いました。

(3)に続く。
by jungae | 2011-06-20 07:58 |
サンディエゴへの旅をまとめてみようと思います。
少し長くなるかもしれませんが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

まずはグルメ編です。
e0123104_7222564.jpg

サンフランシスコに乗り継ぎで立ち寄ったときに小腹がすいたので買った
ツナのサンドイッチ。味が少し薄いので、ついていたマヨネーズやマスター
ドをつけるようです。大きさはアメリカンサイズですね。
食べきられず、半分は翌日の朝食にしました。
e0123104_7272355.jpg

IABCのWorld Conferenceの初日の夕方に行われたレセプションディナー。
会場はMancheter Grand Hyattだったのですが、ビュッフェ形式。
このセクションでは、トルティーヤにいろいろ具を入れて、自分で作れる
ようになっていました。
e0123104_732381.jpg

2日目に配られたランチ。サンドイッチの具はステーキでした。
やはりすごい量ですね。サンドイッチだけでギブアップしました。
e0123104_7335713.jpg

サンディエゴではKarl Straussというビールを作っており、その会社が
運営するお店に行ってみました。
e0123104_7375727.jpg

ナチョス。
e0123104_7384331.jpg

いろいろな盛り合わせ。
e0123104_7392336.jpg

人気店で、ノベルティグッズなども売っているようです。
e0123104_742163.jpg

朝食にRichard Walker's Pancakeというお店にも行ってみました。
前日にいっしょに行ったメンバーが通り、長蛇の列ができていたようで、
行ってみることにしました。
e0123104_7432564.jpg

アップルが中に詰まっているパンケーキ。
e0123104_7441480.jpg

私はブルーベリーのパンケーキを注文。メープルシロップをかけて食べます。
それにしてもすごいボリューム。
e0123104_7452155.jpg

ランチョンセミナーでの前菜。ナッツが香ばしかったです。
e0123104_7462711.jpg

メインのステーキ。柔らかかったです。
e0123104_7473499.jpg

ネットワーキングパーティで準備されていた前菜。
お花がかわいいですね。
e0123104_7502028.jpg

最終日の夜は、Los panchosというメキシカンレストランに参加した日本人の
みんなで行ってみました。
e0123104_7524661.jpg

e0123104_7533256.jpg

e0123104_7551955.jpg

e0123104_7554398.jpg

数々の料理(メキシコ料理に詳しくなく、申し訳ございません)。
どれも美味&ボリューム満点でした。
(サンディエゴはメキシコとの国境がすぐ近く、メキシコ料理は
たくさんあるようです。)

食事のことだけを書くと、かなり食べてきた気がしますが、量がとても
多く、正直なところ、食べきれませんでした。
欧米の方は残すことに抵抗がないようなので、残しました。
(もったいなーとは感じるのですが。。。)

アメリカン&メキシカンなグルメは堪能したのでした。

(2)に続く。
by jungae | 2011-06-19 08:01 |
今日は。週末ですね。
IABCのWorld Confereceに参加し、木曜日の深夜に日本に帰宅。
昨日は少し疲れがあるものの、仕事が立て込み、あっという間に
過ぎました。
e0123104_854238.jpg

e0123104_855470.jpg

会場は熱気に包まれていました。
e0123104_8563520.jpg

今回のConference会場はサンディエゴ。
海沿いのとてもきれいな街でした。

近日中にご報告したいと思います。
よい週末を過ごされてください。
by jungae | 2011-06-18 08:59 |