アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

インターネットであらゆる情報が流れる中で、あらゆる人が書く
ことができる、この時代に書き手に求められるものは何か。
New York Timesで興味深い記事を見つけました。
A New, Noisier Way of Writing(2月24日)という記事です。

インターネット上で様々な人がいろいろなことを書いています。
多くの新聞社は読者に議論に参加することを促し、企業は顧客に向けて
宣伝するのではなく、顧客と"engage"(対話)することが求められます。

他者を上から抑える力ではなく、他者といっしょの力にシフトする中で、
書き手、ライターに求められることは何か?

一つには、即座の、瞬間の文化があります。
Googleは瞬時に調べたいことを提供してくれます。
書き手は、考える前にネットをサーチしてすぐに書きます。
ここではクオリティよりも瞬発力が求められます。

一方でよい書き手は、その反対にあります。
時間をかけてじっくりと考えて、書いていきます。
Walt Whitmanは“Leaves of Grass"という書物を26年かけて
完成させ、出版しました。

V.S. Naipaulという著名なライターは次のように言います。
==
会話には2つの方法がある。1つは簡単、カジュアルなもの。
もう1つはよく考えられたもの。考えられた方法に自分の
名前を入れるが、簡単に考えたのには名前は入れない。
簡単に考えられたものは自分の考えの源になることもあるが、
最初に思い浮かんだときにはかなり乱暴なものである。
粗悪なものを考えながら磨いていく。
==

一方で、ネットの時代にはフィードバックがすぐに返ってくる
時代。どれくらい見られたか、どんな反応があったか、数字で
すぐにわかる。それとどう向き合っていったらいいのか。

書き手の中には書きながらオープンになり、読者からフィー
ドバックをもらい、ストーリーを書いている人も今はいます。
ブラジルのベストセラー作家のPaulo Coelho氏は言います。
「人々は以前は書き手を象牙の塔にいる賢い人、知識があり、
手の届かない人と思っていました。今はその象牙の塔がなく
なりました。言っていることを読者が好きでなければ、彼らは
言ってくる。書き手が自分の世界だけで生きられる時代ではない」

即座で、フィードバックに左右される、オープンな世界で書き手は
どんな役割を果たせるだろうか、時間をかけて考えられた、練られた
ゆっくりとした考えやアイディアに余地はないだろうか。

このように締めくくっています。

興味深いなーと思いました。
スピードが求められる時代だから、瞬時に情報を伝える必要がある
けれど、そういう時代だからこそじっくりと時間をかけて考えるも
のも必要になる。
そのバランスかなーとも思います。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2012-02-29 08:02 | NewYorkTimesの気になる記事
モノづくり原論―君の心を厚くする24の物語』(常盤文克、片平
秀貴、古川一郎著)という本を読みました。
e0123104_7431828.jpg


感じたことをまとめてみます。

○今は余分なものを削ぎ落として本質を突き詰める、あるいは原点に
立ち返るような引き算発想のモノづくりが求められる。一言で言えば、
簡単で、明瞭な技術。

○物(客観)と心(主観)の重なる部分が「事」の世界。
モノづくりにあてはめると、物は人が作り出すモノ、心は人が抱く夢や
思い、情熱、使命感などヒトのココロの世界、そして事は両社の重なり
合った領域に存在するコトであり、夢や思いをモノに具現化させる仕組み
や仕掛け。

○個人が自分のことばかりを考え、タコツボ状態になったら、どうするか。
組織風土を見直す。そのときのカギは、経営トップと現場のタテの距離を
縮めることであり、ヨコの関係を密にすること。
①タテの距離を縮めるには、経営トップがもっと現場の人たちと情の通い
合うコミュニケーションを重ねる努力をする
②ヨコの関係の密にするには、自分の周辺の人たちはどんな仕事をして
いるのか、他のグループや部門は何をしているのか、関心を持つことが
大事。

○モノづくりは人づくり。

○「ブランドづくりの基本三原則」
①過剰の原則:80点ではなくとことんを目指す
②一人の法則:すべてのお客様よりたった一人のお客さま。
③定番・革新の法則:「おやっ」そして「なるほど」。

○ホンモノ×目利きの評価×口コミ=市場での成功

○経営者が熱い→社員が熱い→顧客が動かされる

○有事スイッチを入れる(変わることを明確に示す)
①明らかに普通ではない儀式をする
②従業員に腹に落ちるメッセージを発信する
③間髪を入れずにアクションの舞台を用意する
④何回も波を立てる

○基本的な原則を明示して明確な縛りをかけながら、あとは現場の
自由な判断に任せる。

○文書となった言葉は経営者を超えて永遠に存続する。

○物は「こと」の中で意味を持つ。これを持つことでどんな「こと」が
実現できるのかを示すことが大切。

日本のモノづくりがどうなるだろうか、そんなことが言われる中で
参考になることがいろいろとありました。
by jungae | 2012-02-28 08:00 |

スーパーライブ笑 Vol.2

保育園の友人に誘われ、昨日「スーパーライブ笑 Vol.2」というの
に娘と一緒に参加させてもらいました。。。
e0123104_951845.jpg

大岡山にある、PEAK-Iというライブハウスで行われました。
e0123104_96229.jpg

私はオープニングで、いきものがかりの「じょいふる」にちょこっと
登場(一番後ろのほうにいます)。
e0123104_973487.jpg

娘たちは芦田愛菜ちゃんの「素敵な日曜日」。
ぽんぽんを持って、とても楽しそうに歌っていました。
e0123104_993953.jpg

スリラー。とてもかっこよくて魅了されました。
聞いたら中学生の女の子2名。大人なのですね~。
e0123104_9112262.jpg

レディパパ(レディガガをもじっています…)。
e0123104_9121360.jpg

AKB11?!

保育園の知り合いにたまたま誘われて参加しましたが、いろいろな
世代の人がそれぞれ個性を出していて、楽しんだのでした…。
by jungae | 2012-02-26 09:20 | 余暇
仕事で協力していただいている方と会う機会があり、彼女の家の近くと
いうことで田園調布にあるリストランテPASTA R1というお店でランチをしました。
e0123104_7252249.jpg

西口を出てすぐの一軒家の2階。
入口には素敵な待ち合わせスペースがありました。
e0123104_7263227.jpg

テラス席に通してくれました。ビニールでカバーがされていましたが、温かい
時期は開いて開放的な感じになりそうです。

1250円のランチを注文。
e0123104_7282217.jpg

サラダ。彩りがとてもきれいですね。生姜のきいたドレッシングととても
よく合いました。
e0123104_7293723.jpg

甘エビのトマトパスタ。エビがぷりぷりしてとても美味しく、トマト
ソースがとてもよく絡み、美味でした。

田園調布で食事をする機会はなかなかないのですが、とてもよいお店で、
ゆったりとした時間を過ごすことができました。
よかったら訪れてみてください。
(11時半前に着きましたが、12時前にはいっぱいになっていたので、
早めに行くか、遅めに行くかがいいかもしれません。)

よい週末を過ごされてください。
by jungae | 2012-02-25 07:34 | グルメ
人からキャリアについて質問を受けることがあります。
「○○をやりたいと思っているのですが、どうしたらいいのですか」
「○○をやりたいのですが、今の職場の環境ではなかなか実現でき
ないのです」

先日歌手で女優の今井美樹さんがある媒体で興味深いことを言って
いました。
==
未熟な自分が誰かのために歌を歌うのはおこがましいと思っていた
そう。なぜなら自分自身が歌い手としてもっと成長したいと思った
から。
けれど、25周年を迎えたとき、ファンの人たちが自分のそんな思い
とは関係なく、純粋に楽曲を楽しんでいることを知ったとか。
それからは
「私が歌いたい曲ではなく、みんなが聞きたい曲を歌おう」「誰か
のために歌いたい」と思うようになった。
==

とても興味深いなーと思いました。
○○をやりたい、という気持ちはとても大切。

ただ、一方で、誰かから求められるからやる。
いや、求められるということはそこに自分の存在意義があったりする。

私自身も以前は国際的な舞台で働きたい!!、という大志(?!)を
抱いていましたが、今は「コミュニケーションを通してサポートする」
という軸は持っているものの、ある程度お客様の要望があるところ
に柔軟に対応しているところがあります。
流されているとも見えなくはないですが、どんなビジネスもニーズが
あるから存在する。
求められることをしっかりとやる、その先に何かしらつながっていく。
そんな風に感じたりもします。

先日ご紹介したライフネット生命の出口さんがおっしゃっていたこと。
==
人間の一生は人智を超えた何か大きな力によって動かされている
==

その時々の外部の環境で、どうにもならないことがある。
人の智恵ではどうしても越えられない。
しかし、そこで逃げずに求められることを精一杯やってみる。
それが次につながっていく。

今井美樹さんのふとした言葉にいろいろと考えさせられたのでした。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2012-02-23 07:59 | 経営者の視点
国際的なビジネスコミュニケーターの組織であるIABC(Internationa Association of Business
Communication)のジャパンチャプターのセミナーが昨日ありました。
私も少しだけお話ししました。
e0123104_7393540.jpg

ジャパンチャプター代表の雨宮和弘さんからIABCの説明がありました。
e0123104_7415575.jpg

ロシアチャプター副会長のJulia Stonogina(ユーリア・ストノーギナ)
さんが「ロシアから見た日本企業や文化の魅力、コミュニケーションの
ヒント」というテーマで話をしました。
日本とロシアのビジネス慣習の違いなどについて話されました。

○日本はTrust(信頼)が高い
○ロシア人は必ず商品を上げる前に料金を払わせる
(日本では商品をもらって○○のレジで払ってください、
ということを言われて、驚いた)
○If there is no trust, then the market system won't work
as well 信頼がなければ、市場システムは機能しない
○ロシアでは友達を偵察する(recconoiter)ことがある。
20世紀にいろいろな革命があり、常に戦争にいるような
状況だったので、人を信頼しないところがある。
○ロシア人と日本人の時間の感覚のずれ
ロシアの平均寿命は60歳、日本は80~85歳。
○Puctuality is a beauty 時間の正確さはビューティーである。

e0123104_749755.jpg

ジャパンチャプターのメンバーの栗橋恵都子さんが「選ばれる
広報」というテーマで話しました。
○Globalization Think Global Act Locally
○1人で広報業務をすべて行っている彼女がやったこと
―ヒントを得て、アイデアやアクションを変える
―相手のニーズを知る
―何が起こっているかを知る
―ビジネスを知る

e0123104_7534767.jpg

最後に私が「グローバル時代に必要なスマートリーダーから
学ぶコミュニケーション」についてお話ししました。
現在ITMediaエグゼクティブでさせていただいている連載
もとに、グローバル時代に必要なコミュニケーションについ
て話しました。
(ユーモアをとりいれながら話したのですが、どうだったかしら?)

こじんまりとした雰囲気でいろいろな視点で話を伺ったり、
議論したりできたかなーと思いました。
by jungae | 2012-02-22 08:00 | 経営者の視点

青梅マラソン

青梅マラソンに彼が参加してきました。
私と子供たちはレースにはいけなかったのですが、途中から合流しました。
彼が撮ってきた写真で少し雰囲気をご紹介します。
e0123104_7501469.jpg

e0123104_7504959.jpg

プラス510円の特急料金を支払い、快速青梅マラソン号にのりました。
e0123104_7523522.jpg

こんな感じの電車。
e0123104_7533037.jpg

e0123104_7542933.jpg

受付会場。
e0123104_7552161.jpg

ゴール!! すごい人です。
(昨日は本気で走ったので、走る際には写真は撮らなかったとか。。。)
e0123104_7561366.jpg

レース後は、拝島に移動し、昭島温泉湯楽の里へ。
(私たちはここから合流しました。)
e0123104_7575575.jpg

岩のりとしらすの雑炊(300円)。
e0123104_7584159.jpg

カツカレー(700円)。自分へのご褒美としてガツンと食べたかった
ようです。
e0123104_7595014.jpg

露天風呂で遊びまくった息子はいい気分で寝ています。
(子供たちは露天風呂をプールと少し勘違いしているきらいが
最近あります。。。)
e0123104_80384.jpg

駅から少しあるのですが、タクシーを呼びだす電話が用意されていて、
すぐに来てくれました。

ちょっとした小旅行気分を味わってきたのでした。
by jungae | 2012-02-20 08:02 | ランニング

世界らん展日本大賞2012

ある仕事の関係で、世界らん展日本大賞2012に昨日行ってきました。
開幕当日多くの人でにぎわっていました。
e0123104_8472745.jpg

ゴージャスな入口。
e0123104_8481027.jpg

大賞の作品。
e0123104_8484745.jpg

らんのトンネル。
e0123104_8492134.jpg

e0123104_8503557.jpg

豪華!!
e0123104_8495941.jpg

日本の復興をイメージした作品。
e0123104_8535932.jpg

假屋崎省吾さんの作品。
e0123104_8511611.jpg

NHKの園芸の講師を長く務められた江尻光一さんの作品。
右側に小さくあるのが22年前の苗。22年かけてここまで大きくした
とか。
e0123104_8525791.jpg

江尻さんの言葉。

ある仕事の関係で、去年から行かせていただき、今年で2回目。
らんにそれほど詳しくないのですが、いろいろな表情を見せて
くれるのだなーと思いました。
江尻先生の「花は看るもの」、妙に心に刺さりました。
大事にし、丹精をこめて育てる。
何においても大事かもしれないと感じたのでした。
by jungae | 2012-02-19 08:57 | 余暇
ライフネット生命の出口治明社長に以前お目にかかったことが
あるのですが(そのときの話はこちら)、ある仕事で改めて直接
お会いし、話を聞く機会がありました。
e0123104_7375547.jpg

一緒に写真を撮っていただきました。
e0123104_7382478.jpg

読んでみてくださいと、この『直球勝負の会社―日本初!ベン
チャー生保の起業物語
』をいただきました。
いい機会なので読んでみました。どんな思いで会社をされたのか、
いろいろと感じることがありました。
起業に際してのいろいろなことも勉強になりましたが、出口さん
の信念のようなもので気になったことがあるので、まとめてみます。

○共助の仕組みが大切
人間の歴史を見るとつくづく人間は一人では生きていけない弱い
動物である、と思い知らされる。助け合いこそが、人間社会の要。
助け合いの形には、自助、共助、公助という3つのパターンがある。
自助は好ましいけれど、グローバル時代の今の状況を考えると
むずかしい。公助ははるかにむずかしい。すると、共助の仕組み
必要なのではないか。生命保険は代表的な共助の仕組み。

○多くの自叙伝を読んでわかったこと
本を読むのがとても好きだそうですが、人間の一生は人智を
超えた何か大きな力によって動かされている。

○仕事は本来単純で合理的なもの。90%の人が与えられた課題に
対して真摯に向かい、正しい解を見つけられる。しかし、現実の
世界では、90%以上の人が正しい解からはずれてしまう。仕事の
目的以外のことを考えてしまうから。上司がこの発想を嫌うだろ
う、前回の会議で評判が悪かったなど。
できる限り、仕事の本来の目的だけを考えようと努めた。どんな
に小さな仕事であっても、純粋のその仕事の目的だけを考えて工
夫すれば、達成感もあり、楽しい。

○日本生命に勤務していたときに、部下たちに「生命保険経営」
という雑誌に毎月寄稿させた。不満を言う人もいたが、
「お小遣い(原稿料)が入る、賢くなる、有名になる」という
3つの利を説いて説得した。
何事も文章で書いてみると、頭の中が整理される。

○ロンドンにいたときに保険ブローカーから教えてもらったこと
英国の初等教育のポイントは二つ。人間はそれぞれ顔が違うよう
に、考え方も違う、自分の考えをしっかり話せるように指導する
ことがひとつ。もう1つは、そういう人たちが集まって社会を
形づくるのだから、queue(並ぶこと、お互いに譲ること)を
教えること。

○スイス銀行の幹部が言ったこと
スイス銀行内では、ポストが与えられない人間を組織内に
抱えていれば、彼は、無為に年を重ねるだけ。飼い殺しほど
非人間的なことはありません。すぐクビにして、彼に新しい
チャレンジの機会を与えるべき。

○仕事はスピード
物理で「運動量=質量×速度」と学んだが、個人の能力を質量
と考えると、スピードを増すほうが、相手に与える印象力は違
ったものになる。
すぐレポートが出てくれば、多少不出来でも、これだけ早いの
だからと大目に見がち。逆に遅くなると、レポートが完全でも、
これだけ時間をかけたのだからと、見る目が厳しくなる。

○時間もスタッフも無制限ではない
現実のビジネスはお客さまがいて、締切があり、時間もスタッ
フも有限な中で行われる。どのような状況でも、コンスタント
に70点の答案を書ききるのが仕事。

これ以外に人とのつながりを本当に大切にされていて、誘われ
たら必ず顔を出すようにしていて、それが会社を企業する、
ということにもつながったとおっしゃっていました。

問題意識を持って、取り組まれているとともに、すごく人生を
楽しんでいるとも思いました。
いろいろと学ぶことがたくさんあったのでした。
by jungae | 2012-02-18 08:07 |
ITMediaエグゼクティブという媒体で「グローバル時代のスマート
リーダー術――100人の経営層から」という連載をさせていただいて
いるのですが、昨日第3回「正論では人は動かない――ソフトとハード
が掲載されました。

ハードパワーを行使すれば命令通り行動し、その場は収まるかも
しれませんが、結局本人が反省せず、同じことの繰り返しになり
ます。
本人が気付き行動が改善するには何が必要でしょうか。

ハードとソフトを組み合わせ、ときに遊び心を入れながら、
コミュニケーションをしていく。
それがスマートリーダーに求められているのではないかと思います。

よろしければご覧になってください。こちらです。

なお、ありがたいことに昨日はITMediaエグゼクティブのアクセス
ランキングで1位を獲得しました。とても嬉しく思うともに、心よ
りお礼申し上げます。これからも役立つ情報を提供しなければ、
と自分を戒めています。

なお、第2回目「聴いて価値観を認める―Listen, Listen, Listen
第1回目「グローバル時代に求められるコミュニケーション」と
いうテーマで書いています。よかったら、こちらもご覧ください。

今日からまた寒くなりそうです。ご自愛ください。
by jungae | 2012-02-16 07:31 | 経営者の視点