アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー

<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こんにちは。ハロウィンですね。
10月28日(日)に第3回サンスポ 軽井沢リゾートマラソンに出場してきました。
実は去年も参加し、結構楽しめたので、今回も出てみることに。
(昨年のブログはこちらです。)
e0123104_6312730.jpg

子供たちを彼にお願いして6:24発の長野新幹線で出発。
最近はこんなかわいい絵が描いていあるのですね。。。
e0123104_63447.jpg

会場に到着。やはりしとしとと雨が降り、少し肌寒い感じ。
e0123104_636179.jpg

あっという間にスタートとなり、スタート地点へ。
e0123104_6371695.jpg

すぐ前にゴレンジャーが?!
e0123104_63858.jpg

e0123104_639188.jpg

もみじがとてもきれいでした。
e0123104_639382.jpg

e0123104_6403632.jpg

紅葉した森林の中を走るのはなかなか気持ちよかったです。
e0123104_6411718.jpg

最後は膝が上がらず、かなりばてながらゴール。
e0123104_6451242.jpg

2時間を切りたいと思ったものの、少しオーバー。(ぶれていてごめんなさい。)
最近ばたばたし、あまり練習ができていなかったので、ちゃんとしなければ・・・と
思ったのでした。
e0123104_6472337.jpg

ゴールする頃に彼と子供たちが来てくれて、星野温泉トンボの湯へ。
e0123104_6482719.jpg

混んでいてはいるのに時間がかかり、子供たちはしばし遊びまわり。
おふろにゆっくり入り、疲労を回復。昨年もきましたが、お湯が本当によかったです。
e0123104_651662.jpg

お風呂の後は村民食堂へ。
e0123104_6515165.jpg

お子様ランチ(980円)。
e0123104_6522023.jpg

かつ丼。
e0123104_653127.jpg

ソフトクリーム。右は花豆でした。
e0123104_6493137.jpg

帰る頃に雨が激しくはなりましたが、きれいな紅葉を楽しみながら走り、
温泉、美味しいものも食べて、秋を堪能してきたのでした。
by jungae | 2012-10-31 06:30 | ランニング
少し間が空きましたが、アメリカへの旅の5回目です。
今回はダラスのレストランや子供への配慮などについてです。
ダラスでは合計3泊したのですが、そのうち2日間、ディナーを同じところで
食べました。Gator'sというワニのいるレストランです。
子どもたちがなぜだかとても気に入ったのです。
e0123104_6361482.jpg

Gator'sという名の通り、ワニが目印。
e0123104_6243198.jpg

こんな大きなわにがつるさがっています。
e0123104_6253132.jpg

キッズメニューが充実。やはりこんなぬりえとクレヨンをくれました。
e0123104_6264242.jpg

キッズピザ。
e0123104_6273365.jpg

キッズチーズパスタ。どちらもすごいボリュームですが、5ドルくらい。
e0123104_6281075.jpg

シェルサラダ。パリパリでトルティーヤを崩して食べます。
e0123104_629745.jpg

タコス。メキシコ料理はダラスや充実しているようです。
e0123104_6371148.jpg

2日目は少し暖かかったので、屋上へ。夜景が楽しめました。
e0123104_640781.jpg

チキンフィンガー。
e0123104_641592.jpg

チキンサラダ。かなりのボリューム。
しかし、子供たちは大満足でした。
e0123104_6385849.jpg

ホテルに戻り、最後の夜景を堪能。ダラスタワー。Tの文字。テキサスのことでしょうか。
ダラスタワーは工事中でのぼれませんでした。
翌日朝早くにホテルを後にし、空港へ。
e0123104_644163.jpg

きれいな朝焼け。
e0123104_6445114.jpg

ダラス・フォートワース空港でこんなキッズスペースを発見。
子供たちは大はしゃぎでした。
e0123104_6465235.jpg

ちなみにBest Buyのこんな自販機を発見。結構見ていました。

初めて訪れたダラスでしたが、ダルビッシュの試合を堪能しつつ、人々が子ども
フレンドリーでとても優しいなーと感じたのでした。
飛行機に乗り、ニューヨークに発ちました。

(6)に続く。
by jungae | 2012-10-29 06:50 |
こんにちは。
大学院のあるプログラムのために準備してましたが、どうにか提出。
書類審査は通過し、面接への運びとなりました。
どうなるか。

アメリカへの旅の報告と思いつつ、今回は別のご紹介です。
ダイヤモンドオンラインで載「スマート・ウーマンスマート・リーダー」という連載を
させていただいていますが、その第4回が掲載されました。
前回から、現在私が通う慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科において、
親しく教えをいただいている先生のお一人、元マイクロソフト日本法人の会長で
現在は同研究科教授の古川享さんをホストに迎えて、古川さんが日本を変えていく
存在と期待を寄せるスマート・ウーマンの方たちとの対談を掲載しています。
今回はその第2弾です。
ソフトハウスの日本ネットシステムを経営される市川博子さんにご登場いただき
ました。

市川さんが慶應義塾大学の職員時代に開発された知財管理システムは、当時の
日本の大学ではさきがけであり、現在も多くの大学で活用されています。
その後、働くママとして、日本初の「アフター幼稚園」を事業とする双葉教育を大学
発ベンチャーとして創業。幼児教育界で活躍する一方、お父様の後を継いだシス
テム開発会社の経営再建も成し遂げられました。まさに一人何役もこなすスー
パー・ウーマンです。今回はその前編になります。

詳しくはこちらになります。

なお、連載第1回の「女性はすべてを手に入れられるか」論争――
ヤフーの新CEOはこの問題にどう答えてくれるでしょうか、」はこちら

第2回の「ITがもたらした世界には女性の活躍の場が無限大にある
――第17回世界女性ビジネス会議に参加してきました」はこちら

第3回の「「ネットの底なしの可能性に魅せられて」(Evernote・上野美香)は
こちらです。

よろしければ、ご覧になっていただけたら幸いです。
よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2012-10-26 07:25 | ダイヤモンドオンライン連載

ある申込書を作成中?!

こんにちは。
最近ブログをあまり上げられずにごめんなさい。
仕事が立て込む&授業が本格化し、少しばたばたしている&実は大学院の
あるプログラムに申し込もうと思い、いろいろと準備を進めています。
そろえなくてはいけない書類がいろいろあったり、エッセイが必要になるので、
それらの作成に時間がかかっています。

明日が締切。しっかりとそろえて申し込みたいと思います。
その後にアメリカへの報告やら最近感じたことなど、またご紹介させて
いただけたらと思います。

よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2012-10-24 06:22 | 経営者の視点
こんにちは。前回までは今回の旅のイベントを中心にまとめました。
今日からは時系列に行った場所にフォーカスしながらご紹介します。
(ちょっと長くなってきてごめんなさい。いろいろな表情のアメリカを紹介できたら
と思うので、よかったらお付き合いいただけると嬉しいです。)

成田で飛行機に乗り、最初の目的地のダラスへ。
e0123104_7454357.jpg

アメリカン航空のハブで、たくさんの飛行機を見かけました。
ダラスでは、SpringHill Suites Dallas Downtown/West Endに滞在。
e0123104_7513370.jpg

広くて開放的。
e0123104_7521773.jpg

キッチンもついています。長期滞在をする場合はおすすめかもしれません。
e0123104_7533279.jpg

こんなかわいい子供のグッズをもらい、さっそくトライ。
e0123104_81561.jpg

翌日はすごい雨だったのですが、ケネディ大統領が暗殺された場所、そして
狙撃した人が言われているThe Six Floor Museumに足を運びました。
e0123104_7593596.jpg

ケネディ大統領はこのピンカーブをまわっているときに狙撃されました。
この場所から銃を売ったのではないかと言われています。
e0123104_811073.jpg

息子も興味深く見ています。
e0123104_824484.jpg

暗殺されたニュースを報じる当時の新聞が買えるようになっていました。
ミュージアムでは言語ごとにAudioが用意されていて解説を聞けました。
殺したのは誰かという点はオズワルドといったんはされたものの、疑問の余地も
残されており、議論がいまだにつきないとか。
ケネディが若くてファンが多く、魅力的だっただと感じる一方で、大統領とは命と
隣り合わせの職業かもしれないともやはり思いました。
なお、Audioが各言語で用意されているのですが、それがただの翻訳ではなく、
日本語のものだったら、ケネディと日本の関係やケネディのニュースが日本で
どんな風に報じられたかも述べていて、それが親近感を覚えられて、とても新鮮
で素晴らしいと思いました。

その後歩きながらホテルに戻りつつ、ランチ。Hoffbrau Dallasへ。
e0123104_810860.jpg

キッズメニューとともにぬり絵とクレヨン。
e0123104_8112384.jpg

超特大コーラ。アメリカンサイズを今回初めて実感?!
e0123104_812530.jpg

キッズチーズバーガー。これでキッズ?!
e0123104_8124976.jpg

彼が頼んだステーキ。
e0123104_8132516.jpg

オクラのあげもの。アメリカではおくらが人気だとか。Okraと書くそう。
ちょっとスパイシーで美味でした。

その(5)に続く。
by jungae | 2012-10-21 08:25 |
アメリカへの旅、3回目。今回はニューヨーク・ヤンキースの試合観戦です。
e0123104_6531590.jpg

お目当てはイチローです。ただ、旅を決めた時点では、イチローはマリナーズに
いて、ヤンキースの試合で見られるとは思っていませんでした。うれしいサプライズ?!
e0123104_6543831.jpg

ヤンキース・スタジアム。実は雨が降っていて、開催もどうかなーといった感じでは
ありました。ボストン・レッドソックス戦です。
e0123104_6562848.jpg

正面入口に飾ってあったもの。伝統を感じますね。
e0123104_6572712.jpg

いざ球場内へ。左側にヤンキースの職員の方がいたのですが、全員がしわ一つない
スーツをびしっと着ていてびっくり。ヤンキースの人はジェントルマンであるべき?!
e0123104_6593944.jpg

まだまだすごいあめ。はたして開催できる?!
e0123104_705034.jpg

かわいいショップ。
e0123104_714273.jpg

球場内にハードロックカフェも。
e0123104_72525.jpg

実は食事つきのチケットで、最上階のバーで試合前に食事ができました。
e0123104_734316.jpg

アメリカンなチーズバーガーとホットドッグ。
e0123104_745367.jpg

雨は小雨に変わり、試合ができそうです。
e0123104_7618.jpg

選手紹介、ジーター。
e0123104_764238.jpg

ロドリゲス。
e0123104_773192.jpg

レフトの守備位置に向かうイチロー。(外野の上のほうの席でした。)
e0123104_792062.jpg

イチローのバッティング。
e0123104_7101192.jpg

途中でイチローの小さい頃の写真が紹介されました。
e0123104_7112353.jpg

ヤンキースメモリアルビール。
e0123104_71218100.jpg

子供たちが飽きてきたので、球場内を散策。ポップコーン屋さん。ビッグ?!
e0123104_7132036.jpg

またもやヘルメットアイス。かなり巨大。
e0123104_7144051.jpg

グラウンド整備。リズムに合わせてダンスをしながら楽しませていました。
試合は負けていたのですが、9回に追いつき、延長戦へ。
e0123104_716165.jpg

イチロー6回目の打席。
この試合は1安打でしたが、イチローのコールが飛び、とても愛されているように
思いました。
11時を超えたので、イチローの最終打席を見届けて球場を後にしました。
e0123104_718425.jpg

帰りに黒田のポスターを発見。
e0123104_7205090.jpg

タクシーで帰ろうとしたものの、白タクしかなく、65ドルとすごい金額だったので、
電車で帰ることに。ヤンキースファンだらけで逆に安全な感じ。電車を待っている間に
試合に勝ったことを知ったのでした。
e0123104_7221130.jpg

ちなみに、翌日はアトランタに移動しないといけなかったのですが、黒田対松坂の試合が
あり、それはテレビで観戦。彼はイチローTシャツを着ていました。
e0123104_7242955.jpg

ヤンキースは優勝を果たしました。
e0123104_7251086.jpg

イチローもハグ。
主人はこの試合を見たかったと言っていましたが…。
ただ、イチローを見ながらヤンキースの試合を存分に堪能してきたのでした。

(4)に続く。
by jungae | 2012-10-19 07:27 |
旅の報告2回目。
今回は旅のもう1つの目的である、野球観戦。以前話したように、テキサス・レン
ジャーズ
ニューヨーク・ヤンキースの試合を見てきましたが、今回はレンジャー
ズの試合を振り返りたいと思います。
e0123104_6171154.jpg

目的は・・・もちろん、ダルビッシュを見ること。
前日に試合が雨で流れ、どうだろうと思ったのですが、投げてくれました。
e0123104_6212226.jpg

洋館のような素敵な建物。きれいな入口です。
e0123104_6221213.jpg

息子はこの銅像がいたくお気に入り。
e0123104_623269.jpg

グッズショップにはたくさんの人。
e0123104_6235030.jpg

こんな真っ赤なコスチュームを着て、「Let's go Rangers」と言っている子も。
e0123104_6251477.jpg

いざ球場内へ。とてもきれい。
e0123104_6262222.jpg

子供たちもいつもとは違う雰囲気を感じるのか、ちょっと嬉しげ。
e0123104_6281428.jpg

彼はダルビッシュのTシャツをゲットし、着て応援することに。
e0123104_6411739.jpg

日本人の常連の方がいて、こんなパネルを持っていたので、取らせてもらうことに。
e0123104_6424690.jpg

国歌斉唱でいよいよ試合スタート。
e0123104_6435297.jpg

ダルビッシュがついにマウンドへ。風格があります。
以下からはダルビッシュセレクションです。
e0123104_646299.jpg

e0123104_6462867.jpg

e0123104_647586.jpg

e0123104_6473523.jpg

もっと望遠のきくカメラだとよかったのですが、これが限界。
ただ、本当にかっこよかったです。(ただのミーハー?!)
子供たちも大興奮でした。
ただ、3時間の試合は子供たちは飽きてしまうので、いろいろと抜け出しながら食事。
e0123104_6494775.jpg

メモリアルビール。カップがかわいい?!
e0123104_65057100.jpg

ヘルメットに入ったナチョス。すごいボリューム。
e0123104_6513719.jpg

ヘルメットアイス。子供たちはぺろりと食べてしまいました。
ダルビッシュは好投。
e0123104_6542640.jpg

ツーストライクを取るとこんなものや、
e0123104_6551742.jpg

"Make Some Noise"というものが現れ、実際にしっかりと三振を取っていて、
ファンの心をしっかりとつかんでいると感じました。
アメリカでは「ユー」と呼ばれていました。
e0123104_6581273.jpg

4対3とリードしたまま、降板。スタンディング・オべ―ションでした。

ただ!! 試合自体は9回表に抑え投手が逆転を許し、
e0123104_71515.jpg

5対4となり、そのまま負けてしまいました。残念!?
e0123104_71545.jpg

ただ試合後のインタビューでは、淡々と冷静に次回に備えたい、と答えていました。
(レンジャーズのショップ内での様子です。)

試合は勝てませんでしたが、ダルビッシュの勇士を見て大興奮しました。
一方でレンジャーズが地元で本当に愛されていて、独特の球場の雰囲気を堪能しました。

その後レンジャーズは優勝できず、プレイオフでダルビッシュが再度投げましたが、敗退。
ただ、来年以降もぜひ活躍してくれるはず、と思ったのでした。

その3に続く。
by jungae | 2012-10-18 07:07 |
こんにちは。少し間がたってしまいましたが、今日から少しずつアメリカへの旅を
振り替えられたらと思います。
第1回目の今回の旅の1番の目的で、10月7日に開催されたシカゴマラソンです。
前日6日にゼッケンなどをもらいにエキスポへ。
e0123104_6504018.jpg

シカゴ市内のいくつかの場所からスクールバスを出して、エキスポ会場の
マコーミック・プレイスに移動。
e0123104_652936.jpg

エキスポ会場に到着。
e0123104_6534948.jpg

ゼッケンをもらい、会場をまわりました。
Hot Chocolate Marathonなるものを発見。少し気になる?e0123104_6554432.jpg

ボードをもらい、パパへのメッセージを記入。
e0123104_6563914.jpg

スタートまで17時間。素敵なランナーをキャッチ?!
e0123104_6572924.jpg

コース紹介にランナーの人は釘付け。
e0123104_6582525.jpg

こんな応援グッズを手に入れ、準備万端?!
e0123104_70599.jpg

翌日暗闇の中、スタート地点に向かいます。4度か5度とかなり寒いです。
ただ走るのには
e0123104_704954.jpg

がしかし、すぐにこの標識があり、お別れ。Good Luck!
e0123104_714288.jpg

Nikeのペースメーカーチームがたくさんいるようでした。
e0123104_724887.jpg

ぐるーっとまわり、スタート地点の近くへ。スタート、トップ選手たちが過ぎていきました。
e0123104_73553.jpg

たくさんのランナーたちが次々とすぎていきます。
e0123104_744392.jpg

その後はホテルに戻り、テレビで観戦。男子優勝選手のケベデ選手(エチオピア)、
2時間4分38秒の大会記録でゴール。
e0123104_763890.jpg

時間を見計らってゴール付近へ。ゴールした人に送るお花屋さんがあちらこちらに
あります。
e0123104_784351.jpg

続々とゴールする人たち。
e0123104_773959.jpg

ミレニアム・パーク内の公園で待ち合わせ。ただなかなか見つからず、待ち合わせ
時間を過ぎたので、ホテルで待機することに。
e0123104_795271.jpg

ホテルで待機していると、少しして主人が到着。
無事にゴール。気持ち良く走れ、タイムも3時間50分を切り、満足のようでした。
かっこいいメダル。

街全体でマラソンを応援し、楽しむ雰囲気があり、応援する側も堪能したのでした。
by jungae | 2012-10-17 07:13 |

子どもたちの運動会

旅の報告と思いつつ、昨日は子供たちの運動会があり、今回はそのことに
ついてです。
e0123104_7321094.jpg

5歳の娘は元気に行進。
e0123104_7393749.jpg

かけっこをしたり。
e0123104_7412548.jpg

他のクラスの様子を座ってみたり。
e0123104_7425162.jpg



e0123104_747226.jpg

2歳半の息子は台からジャンプして、メダルをもらい、音楽に合わせて踊るという
競技に参加。
e0123104_7514045.jpg

娘は大縄を飛んだ後、フラフープの演技。
e0123104_7531180.jpg

年少、年中、年長を交えて「きょうだいすずめ」という遊び。
e0123104_755583.jpg

親子競技で、一緒に走りました。
e0123104_864627.jpg

最後はみんなでフォークダンス。
e0123104_811954.jpg

食後はみんなでお弁当。ガールズで集まりました。
e0123104_8122944.jpg

ランチをして少ししたら、先生たちのよさこいもありました。
e0123104_8143850.jpg

毎年ながら、素敵なメダルをもらいました。
ハーゲンダッツの蓋で作ってあり、出た競技の絵が描いてあるのです。
素敵ですよね。

運動会。子供たちの成長を感じるとともに、一方で、一生懸命頑張っている姿に
たくさんの力をもらったのでした。
(親バカでごめんなさい。)
よい日曜日を過ごされてください。
by jungae | 2012-10-14 08:19 | 子育て&家族
こんにちは。
旅の報告をと思いつつ、大学院の授業がすぐにスタートし、面白い話を聞けた
ので、そちらを先にご報告します。
スキル科目というのがあり、いろいろな方が講義をしてくれるのですが、今回は
プロデューサーのおちまさと氏でした。

気になり、いろいろ考えさせられることをおっしゃっていたので、まとめてみます。

○どんな企業でもメディアを作れる。どんな企業も情報発信をする必要があり、
メディアに関係ないような企業こそメディアは大切。大手代理店に入らなくても
メディアの仕事はできるし、あらゆる企業がメディアにならないといけない時代
である。

○おちさんの肩書きはCBO Chief Branding Officer。

○5年後に日本人の働き方は大きく変わる。日本人が日本だけで住むことは
なくなる。二極化が起きるだろう。日本だけで仕事をするという発想はなくなり、
外貨を獲得する必要性は必然と高まる。

○おちさんにとってライフと仕事はつながっている。

○企画とは記憶の複合にすぎない。
自分が持ってきた記憶がある別の記憶と複合する瞬間がある。
それは、出所がわからないものが最高。
なぜあの人だけがあんなことを思いつくのか?、と思われる。
1歳半の子供がいて育児をしていると、これまでの記憶と子育てが結びつくこと
があり、視野が広がった。
24時間、365日考える。「企画脳」を作り、日々いろいろなことを記憶できるかが
とても大切。

○企画は「“気考比”」と書きたい。
すべては気づきからスタート。あ、あれ何?からスタートする。
それを考えて今あるものと比べてみる。
ただ比べるのは同業種では意味がない。
同業種と比べると、似たようなものしか出てこないし、新しいものは出てこない。
(似たようなものが巷にあり触れているのは、同業種と比べているから。)
苦しいのは「ヒットの法則」というのはないということ。
ただ、ヒットするのではないか、というファクターはあり、それをたくさん盛り込んで
いく。

○どう発想しているか-ポジティブプランニング、ネガティブシミュレーション
企画のときはポジティブに、シミュレーションするときはネガティブに。
企画するときには楽しく、前向きに考えるのが大事。ただシミュレーションするとき
は、こんなもの何が楽しんだ、と厳しく問いかける。
これをやらないと失敗する。
一方で、これが逆になっている人が多い。企画するときはやたらと批判的に考え、
できたら「どうにかなるさ」とやってしまう。それでは失敗する。

○企画の「企」は「企てる」こと。
そこには、「つま先立ちして遠くを見る」という意味もある。
人よりも少し先を見ることが大切。
当たった、外れたといわれるのはそのためで、お金は後からついてくる。

○旗印に数字を書いてはいけない。
ゴールは数字ではなく、理念を書くべき。
数字にすると、隣のものと比べ、同じものが増え、画一化される。
起業スピリッツ、ベンチャースピリッツはその逆にある。
ありそうでなかったものをやることが大切。

○企画とは立案と実現、結果。
立案と実現は人脈などでできたりする。ただ、結果はできない。
モネタイズすること、それが大事。ただ、モネタイズが先にありきではない。
それを目指してしまうとできない。そこがむずかしい。

○ブログを始めると、何人見ているのか、それを意識するようになり、
だんだんと疲れてしまい、やめてしまう人が多い。

○メディアの特性を理解する。
-テレビは大衆に訴える。テロップでハイジャック中、となると視聴率が50%
になるメディア。
-ブログで自分の思いを書く。
湯加減を知りながら、フラットに喜怒哀楽を書く。
-ツイッターはビラ配り。
-FACEBOOKは連絡網的な使い方。
ソーシャルはナウ文化。ただ実は記憶されていく文化。

○これからは自分看板が大切。自分ありきでいろいろな仕事をしていく。
使わない手はない。自分マーケティングが大事。

○海外の人は名刺を複数枚、持っている人が多い。一個の起業で終わっている
人が日本は多い。別に何個もやってもいいのではないか。

○ときにあきらめることも大事。「あきらめる」とは「明らかにきわめる」からきている
という話もある。

○器用貧乏でいいのではないか。以前は何かのスペシャリストになったほうがいい
ということを言われたが、今は時代が変わったかもしれない。個人コングロマリット
というのを提唱しており、いろいろできることで、新しつながりを生む可能性が多い。

○脳の中に別人格を持つことも大切。
自分の弱みをわかりつつ、自分を戒める別人格を持つことで弱さを補える。
ダルビッシュには自分を戒め、修正できる別人格がいる。

なんだか気になることの羅列になり、ごめんなさい。
いろいろ気づいたことがあり、感銘を受け、実践したいと思ったのでした。
by jungae | 2012-10-12 06:52 | KMD大学院生活