アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー

<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ウィーン&ロンドンへの旅2回目。今回はロンドンマラソンについてです。
木曜日にエキスポが行われるExCeLという会場へ。
e0123104_6434710.jpg

駅を降りるとロンドンマラソン一色。
e0123104_6463626.jpg

いよいよ会場へ。盛り上がってきました。
e0123104_6482363.jpg

こんなメッセージを書ける場所が。Twitterで呟いてください、などのキャンペーン
もやっていました。
e0123104_6493346.jpg

入ってすぐにアディダスがとても大きなブースを構えていました。
ブースとという靴を紹介。弾力性をボールを使って説明。
子どもたちはこの装置にくぎ付け。
e0123104_6512340.jpg

底面が発泡スチロールでできているとか。本当に柔らかかったです。
e0123104_6531258.jpg

家族で写真を撮り、メッセージを描いてということで、撮ってもらい飾りました。
e0123104_6542043.jpg

ロンドンマラソンはチャリティマラソン(ランナー4万人中、3万人は何かしらチャリティ
にかかわるものです)で、多くのブースが出ていました。
e0123104_655481.jpg

カーボローディングの大切さについて解説中。
ちなみにWorld Marathon Majorsについてかなりプロモーションしていました。
e0123104_6583998.jpg

こんな案内板があったり(ここにある6つの大会が入っています)。
e0123104_701279.jpg

こんな映像が用意されていたり。
(実は、彼はこのワールドマラソンメジャーズを制覇したいという思っており、今回の
ロンドンが最後のはずでした。ただ、この2月から東京が入り、それは走れていない
ので(7回連続抽選に外れています)、まだ続きそうです。)
e0123104_7212244.jpg

先日お伝えしたように、ボストンマラソンで犠牲になった方に追悼の意を表して
喪章となる黒いリボンが配られました。
e0123104_73970.jpg

前日夕方前にゴール付近に行ってみました。急ピッチで準備が進んでいました。
e0123104_743850.jpg

前日エキスポでもらってきたグッズにメッセージを書いて準備。
「My DAD run LONDON」というTシャツ、エキスポで売っていたので、つい
買ってしまいました。これを来て応援予定です。
e0123104_762328.jpg

当日ホテルで彼を見送っていると、同じホテルに滞在しているフランス人
グループを発見。元気です。。。
子どもたちは疲れて寝ており、途中の応援に行こうと思いつつも、ホテルでテレビ
観戦で応援することに。
e0123104_782633.jpg

女子の3位として赤羽有紀子選手がゴール。すばらしい!
e0123104_792486.jpg

これが女子上位3選手。
e0123104_7103642.jpg

男子の優勝したケベデ選手(ぶれていてごめんなさい)。
e0123104_7112291.jpg

ヘンリー王子が来ていたようで、インタビューに答えていました。
e0123104_7121823.jpg

女子の記録を持つポーラ・ラドクリフ選手がコメンテーター。
e0123104_7132940.jpg

見届けてからゴール会場へ。
e0123104_7144826.jpg

2階建てバスがたくさんありました。
e0123104_716401.jpg

ゴール直前のバッキンガム宮殿前。すごい人でごった返しています。
e0123104_7174559.jpg

ゴールまでまだ時間がありそうだったので、公園で少し寝そべり。
かなり暖かい日で気持ちよかったのです。
e0123104_7191413.jpg

踊りだしたり。
e0123104_7233680.jpg

そろそろゴールの頃かと思い、ミーティング・ポイントへ。すごい人。
e0123104_7241738.jpg

無事に完走。ちょうどいいタイミングで落ち合えました。
e0123104_725180.jpg

会場を後にしたのでした。

ボストンでの事件があって1週間後の大会。
厳戒な体制ながら無事に終わり、少しほっとするとともに、感動すら覚えました。
平和の大切さもかみしめたのでした。

(3)に続く。
by jungae | 2013-04-30 07:26 |
ウィーンとロンドンへの旅、少しずつふり返っていけたらと思います。
まずはマラソンが目的だったので、自分が参加したウィーンシティーハーフ
マラソン
についてです(これまでのブログでは、ウィーンマラソンと書きました
が、正確にはウィーンシティマラソン、略してVCM(Vienna City Marathon)
というそうで、そのようにしますね)。

ウィーンに到着し、さっそくエキスポ会場へ。
e0123104_7471879.jpg

市内の東にあるメッセ会場。
e0123104_7524165.jpg

トップ選手たちが話をしていたり。
e0123104_7535619.jpg

こんな車があり、息子は大興奮。
e0123104_7554451.jpg

子供がロッククライミングができる場所も。娘はやったことがなく、興味津々。
e0123104_7565156.jpg

ERDINGERというアルコールフリーの会社のブース。にぎわっています。
e0123104_7581314.jpg

会場を出たすぐ前にあったOMVという会社。面白い建物だと思いつい1枚。
今回のマラソンの大スポンサーにもなっており、何の会社だろうと思ったら、
ガスや燃料の会社のよう(他にもいろいろな事業はやっていそうですが)。
e0123104_831648.jpg

前日に集合場所の王宮裏を通過。いろいろ準備が進んでいました。
e0123104_853647.jpg

夜には市庁舎で行われたInternational Friendship Partyヘ。
(少しぶれていてごめんなさい。)
e0123104_864054.jpg

参加費は9ユーロで、パスタをもらえます。
e0123104_8114458.jpg

ウィーンワルツが流れ、踊り出す人も。ウィーンらしい、と感じました。
e0123104_8124247.jpg

広くてとても素敵な会場でした。。。少し盛り上がってきた?!
e0123104_8135526.jpg

レース当日。Arte Donau駅で降りてスタート地点に向かいます。
e0123104_815660.jpg

荷物を回収中。私は家族が来てくれ、預ける必要はなかったですが。
e0123104_8171696.jpg

スタート地点。混み始めてきました。ウィーンらしく、ワルツが流れてきます。
e0123104_8184465.jpg

スタート! 号砲は鳴ったものの、人が多く、なかなか進みません。
e0123104_8212872.jpg

やっとスタート(彼が撮影です。)
e0123104_8223460.jpg

こんなコスチュームを着ている人もいたそう。
今回は結構真剣に走ったので、レース中はカメラは持たず。
ドナウ川を渡って森の中を走り、その後リングと呼ばれるメイン通りを疾走。
e0123104_8275910.jpg

無事にゴールができました。かなり暑い日でほてっています。
e0123104_8295148.jpg

子どもたちや彼がゴール付近で迎えてくれました。
e0123104_8305655.jpg

昨日きた王宮裏はランナー、応援する人など、多くの人でごった返しています。
e0123104_8324573.jpg

e0123104_8331320.jpg

会場ではいろいろな出店が出ていました。
e0123104_8334978.jpg

メダルを太陽に掲げ1枚!
途中少ししんどいときもありましたが、どうにか完走できてよかったです。
タイムは2時間を切りたいと思っていたものの、なかなか前に行けず、途中から
足が重たくなり、少しオーバーの2時間49秒。
ただ、本当に多くの人が応援してくれ励まされ(ドイツ語だったのでよくわからな
かったのですが、とりあえず「ダンケ」と言っていました)、ウィーンの街並みを見
ながら、楽しんだのでした。

(2)に続く。
by jungae | 2013-04-29 08:40 | ランニング
旅の報告をしたいと思いつつ、整理ができておらず、違うことに。
(今度まとめていっきにできたらと・・・。)
先日ビジネスランチで東銀座にある、KAIRADAというフレンチレストランに
行きました。
e0123104_8331129.jpg

大通りから少し入ったところにひっそりとたたずんでいます。
1,500円のランチを注文。
e0123104_835458.jpg

いろいろな豆のスープ。濃厚で美味。
e0123104_8373759.jpg

お魚のポワレ。ソースとのバランスが絶妙。
e0123104_8385128.jpg

店内は20席くらいの席とカウンターといった感じで、こじんまり。
予約ができて窓際の席を準備してくれると、こんな素敵なディスプレイが。
ちなみにお会いしたのは、マガジンハウスの池田美樹さんです。
(このお店も彼女が紹介してくれました。)
マガジンハウスのそうそうたる女性誌の編集に携わるかたわら、俳句を17年続け、
ラジオやテレビのパーソナリティも務められています。
ダイヤモンドオンラインの「スマートウーマンスマートリーダー」の連載の取材で
お会いし、よくしていただき、ランチをご一緒させていただくことに。
気さくで素敵で知的で、素晴らしい方でした。
記事は5月頃にアップされるので、またご紹介できたらと思います。

なお、東銀座と言えば、新しくオープンした歌舞伎座。
e0123104_846375.jpg

前を通ったのですが、本当に多くの人でごった返していました。

東銀座に行くことがあったら、訪れてみてください。
by jungae | 2013-04-27 08:48 | グルメ
弊社林がダイヤモンドオンラインで「スマート・ウーマンスマート・リーダー」
という連載をさせていただいていますが、その第10回が掲載されました。

「世界中の人の思いを実現させたい」(READYFOR? 代表・米良はるか)
――古川享が聞き出す 今を駆けるスマート・ウーマンの本音」

元マイクロソフト日本法人の会長で、現在は慶應義塾大学大学院メディアデザ
イン研究科教授の古川享さんをホストに迎えて、古川さんが日本を変えていく
存在と期待を寄せるスマート・ウーマンの方たちとの対談を掲載しています。

米良はるかさんは、夢を応援する仕組みを立ち上げたいと、日本で初めてクラ
ウドファンディングのサイトを立ち上げ、設立から1年で2万人の人が参加する
サービスとして日本に定着させました。
夏の短期口座で参加したスタンフォード大学のプログラムで衝撃的な女性に
出会ったり、今のビジネスを考えているときに東日本大震災を経験し、自分
ができることがないかと奮闘し、陸前高田に図書館を立てるプロジェクトで、
3日間で860万円を集めました。
ネットの力を使い、世の中で熱い思いを持った人たちが自分の思いを実現させ
る手伝いをしたいと熱く語ります。
マネタイズは大事であるけれど、まずは世の中にある課題を解決することが
先決で、お金は自然とついてくる。世の中を良くしたいという思いがなければ、
人間の歴史は発展をしてこなかった。彼女のような人が世の中を変えていくと
実感し、彼女のような素敵な女性が少しでも増えていってほしいと感じたの
でした。
詳しくはこちらになります。よかったら、ご覧になってください。

なお、これまでの連載はこちらでご覧いただけます。
よろしければ、こちらもご覧になっていただけたら幸いです。

明日からゴールデンウィークですね。良い1日を過ごされてください。
by jungae | 2013-04-26 05:55 | ダイヤモンドオンライン連載
こんにちは。
ロンドンマラソンは平和に終了。
e0123104_6322557.jpg

彼も無事に完走しました。
e0123104_6344063.jpg

帰りはフライトがパリからだったため、ロンドンからパリまでユーロスター
に乗車。
23日(火)に帰国しました。
旅の報告をと思いつつ、帰国後バタバタしております。
落ち着いたらご紹介していきたいと思います。
良い1日を過ごされてください。
by jungae | 2013-04-25 06:36 |
こんにちは。ご無沙汰しています。
ウィーンハーフマラソンの後に、ウィーン、ザルツブルグなどを散策し、
ロンドンにきました。ネット環境が良くなく、連絡できずにごめんなさい。
詳細は帰宅後報告したいと思います。
今日、21日(日)はロンドンマラソンの日。今午前8時過ぎ。
主人はグリニッチのスターティングポイントに向かいました。
e0123104_168978.jpg

昨日の夕方に訪れたバッキンガム宮殿近くのゴール地点。
観客席やゴールの準備が着々と進んでいました。
e0123104_16111449.jpg

マラソンエキスポでもらったグッズに、子どもたちといっしょに応援メッセ
ージを書きました。写真中央のTシャツはそこでゲットしたもの。こんなの
があるんだーと思いつつ、今日はこれを来て応援に出かけようと思います。

ボストンマラソンで悲劇的な事件があり、驚きしました。
2年前に彼が出場し、私も前日に開催された5キロレース(誰でも参加可能)
に出場。あのゴールラインにゴールしたのです。
ランナー、そして応援する人たちが一体となる大会。とても悲しいです。
犯人が見つかったということでほっとしましたが、犠牲になった方々に
心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

ロンドンはすぐに開催することを宣言。ボストンマラソンに対する喪章が
ランナーには配られました。
厳戒態勢ではありますが、街では至るところでランナーを数多く見かけ、
応援しようという雰囲気にあふれています。
無事に、平和に終わることを祈りたいと思います。
そして、彼も無事に楽しんでゴールすることを祈りたいと思います。

良い日曜日の夜を過ごされてください。
by jungae | 2013-04-21 16:19 |
こんにちは。ウィーンにいます。
14日(日)はどうにかウィーンハーフマラソン、完走しました。
詳細は日本に戻ってからご報告しますが、少しだけ様子をご紹介します。
e0123104_12384149.jpg

前日市庁舎の2階の会場で行われた、インターナショナル・フレンドシップ
パーティです。豪華な場所でした。
e0123104_12455917.jpg

スタート付近の様子。
e0123104_12513016.jpg

無事にゴールしました。
詳しくはまた報告させていただけたらと思います。

今朝起きてニュースを見たら(今朝の6時です)、ボストンマラソンで
爆発があったのですね。2年前に彼が出場し、私もマラソン前日の5キロ
レースに出たので、思い入れがあり、とても悲しいです。
亡くなられた方に心よりご冥福をお祈り申し上げます。
走る人も応援する人も一体となる一大イベント。
平和に楽しく終わることを祈りたいと思います。

今週末に彼がロンドンマラソンに出場予定です。
頑張ってほしいと思います。
良い午後を過ごされてください。
by jungae | 2013-04-16 12:59 |
こんにちは。実は14日(日)に開催されるウィーンシティハーフマラソン
に参加するため、ウィーンにいます。
e0123104_14394927.jpg

11日(木)の夜に羽田からパリに向かい、経由してウィーンに昨日
着きました。
久しぶりのハーフマラソン、どうかるか。頑張れたらと思います。
ちなみに来週は彼がロンドンマラソンに参加予定で、その間は少し
散策する予定です。
よい週末を過ごされてください。
(ネットの状況があまり良くないので、可能な範囲でご報告していけ
たらと思います。)
by jungae | 2013-04-13 14:43 |
大手町で人と会う機会があり、久しぶりに石川亭を訪れました。
e0123104_7135539.jpg

こじんまりとしたたたずまい。
ランチ1100円を注文しました。
e0123104_7204234.jpg

前菜のアレッタとタケノコのキッシュ。アレッタはブロッコリーや菜の花など
の緑野菜を混ぜたものだとか。
e0123104_7225680.jpg

牛・豚・春キャベツのハンバーグ。ふわふわしてとても美味。
かなりのボリュームでしたが、ぺろりといただきました。

1130頃に行ったのですが、すぐに満席に。
いろいろ話をすることができて、堪能したのでした。
by jungae | 2013-04-11 07:13 | グルメ
4月第2週目。入学式などが開かれていますね。
私も今週からちらほらと大学院での授業がスタートしました。
今季もKBS(慶応ビジネススクール)の授業をいくつか取らせていただく予定で、
少しずつご紹介できたらと思います。

清水勝彦先生が行われる『不確実性と組織のマネジメント』という授業の1回目
がありました。気になったことをまとめます。
((1)とつけていますが、もしかしたら定期的に残していけたらと思っている
からです。)

○クラスの目標
-よい(good )クラスは、わからなかったことがわかるようになる
-もっとよい(great)クラスは、わかっていたと思っていたことが、実は
わかっていなかったことに気づく。

○クラスのルール
-いけないこと
 むずかしいことば
 あいまいなことば
 答えを人に求める
 反対しようがない意見(例:それは場合によって違う)
-よいこと
 やさしいことば
 素朴な疑問、はっきりとした設問
 議論の前提を考える(自分・相手)
 自分だったらどうするか?(So what?)

○不確実(Uncertainty)とは
 リスクは起こる確率がわかる
 不確実は確率がわからない

○3つの不確実
 ①State Uncertainty→何が起こるのか?
 ②Effect Uncertainty→組織にどんなインパクトがあるのか?
 ③Response Uncertainty→どんな対応をするのか?
得てして①や②の話をするが、それは外部の話。
ただ、③の話、「内部」のことはとても大切。案外内部のことが良くわかって
いない。

○perceived uncertainty(受け取られる/解釈される不確実性)
これは多分に主観的で、経営者の判断による。

○経営とは差別化すること。差別化するには、①違うことをする、②同じこと
を違うやり方をする

○利益は不確実なことをしたから生まれる。差別化をすべきなのに、同じよう
なことをする

○不確実に対応するにはどうするか。
-コンティンジェンシープランをつくる(○○ならば○○するなど)
-代替案(Plan B)を考える
-仮説をハッキリさせ、実行して確認する
-小さな実験をする
-他社から学ぶ、他社をまねる
-情報共有
-基準をつくり、それと照らし合わせ、ときにそれを見直す
-リスクのリミットを決めておく
-先送りする
-End game、統計データを使い、明らかなトレンドを読む

○因果関係
AとBに因果関係があるというのはなかなか説明ができない。
「仮説を支持する結果が出た」と表現する

○失敗から学ぶとは何か。
なぜ失敗から学ぶのか。
失敗からどう学ぶのか。
それが実は良く理解されていない。
「現地の人をうまく使えなかったことが原因」と言われるが、それが学んだ
ことになるだろうか。

○轡田 隆史「考える力をつける本2」より
「昨今の社会の、この閉塞状況から抜け出るために、企業はなにをしたら
いいのでしょうか?」
・・・
「たった一つ道があります。『閉塞状況』という言葉を、一切使わないことで
あります」
・・・
言葉は、行動と思想を規定します。「閉塞状況」という、まことに大雑把な
言葉のなかに、さまざまな細部が埋没してしまう。直視し、子細に検討して
ゆくべき、重大な細部がどこかにかき消えてしまう。
・・・
思えば、人間も、その社会も、いつだって「閉塞状況」なのである。人類の
歴史とは閉塞状況の歴史なのである。それが、当り前の状況なのだ。

ながくなり、ごめんなさい。
ただ、いろいろなことをかんがえられそうで、学びが多かったです。
by jungae | 2013-04-10 07:31 | KMD大学院生活