アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

青山近辺で人と会う機会があり、Osteria&Bar GINOにてビジネスランチを
しました。5月にオープンしたてだそうで、お一緒した方が教えてくれました。
e0123104_932638.jpg

前菜はショーケースの中から3種類選ぶことができます。
私はサラダ、キッシュ、豆とかぼちゃを選びました。ボリューム満点。
e0123104_945673.jpg

メインはパスタ、肉、お魚などから選べます。ご一緒した方が選んだ
ほうれんそうとエビのクリームパスタ。
e0123104_96352.jpg

私はサーモンをいただきました。ちょうどよい塩加減。パンがパリパリして美味。
e0123104_97221.jpg

コーヒー、エスプレッソ、オレンジジュースなどがつきます。
(お砂糖入れがちょっとおしゃれ?!)

これでなんと800円!! とてもリーズナブルで楽しめました。
店内はテーブル席が20席くらいにカウンターが10席ちょっとでしょうか。
店員の方の感じもよく(イタリア人も数名いらっしゃるそう)、感激しました。
とても楽しんだのでした。

青山学院のすぐ近くなので、よかったら訪れてみてください。
よい週末を。
by jungae | 2013-06-29 09:10 | グルメ
ご無沙汰してしまいました。ITmediaエグゼクティブで「グローバル時代を生き
抜くスマートリーダー術」とという連載をさせていただいていますが、第6回
が掲載されました。

テクノロジーの進化により、あらゆる情報がすごいスピードで共有され、凄ま
じいスピードで世の中が変化しています。その中で必要なのはどのような
組織でしょうか。それは、常に学び続けられる組織だと考えます。
常に学び続け、進化し続ける。小さなことからスタートし、仮説を立て、検証
しながら進め、ときに方向転換したり、修正する。どうしたらこのように学べる
組織を作れるでしょうか。

チャレンジし続ける、お客様のフィードバックを真摯に受け止める、仕組みを
リーダー自ら使う、などいろいろと聞いたこと、実践していることをまとめまし
た。よかったら、見てみてください。
詳しくはこちらです。

なお、これまでの「グローバル時代のスマートリーダー術―100人のリーダー
層から」の連載はこちらでご覧いただけます。

よかったら、こちらもご覧になっていただけたら幸いです。
by jungae | 2013-06-28 14:04 | コミュニケーションに関すること
仕事の王道―「疲れた自分」から抜け出す働き方』という書籍を読みました。

いろいろな書籍を記されている小宮一慶さんの著書です。
実は主人が持っていて、少し読んでみることに。かなり身につまされることが
かかれていました。気になったことを記します。
e0123104_713577.jpg


○成功している人は素直。素直さを自分のものをするたみに、3つのステップが
ある。
第1ステップは「聞く」こと。相手が言っていることを受け入れる姿勢をもつ。
第2ステップは良いと思ったことはやってみる。よいと思ったことがあったのなら、
あれこれ悩まず、まずやってみること。
第3ステップは「やり続ける」こと。結果だでないからとやめてしまうのではなく、
結果が出るまでやり続けること。

○どうせやるなら日本一、世界一を目指せ
一人前と一流は違う。一流になれる人は、一人前になったときにも、半人前の
ときの熱心さを持っている人。GoodはGreatの敵。

○仕事の本質を勉強することが必要。本質を勉強しておけば、複雑な仕事に
耐えられるようになる。
仕事をテキパキとこなすことを仕事だと思っている限り、深くものを考える
力は育ちません。それは「作業」にすぎない。物事には深いところ、本質が
ある。本質をきちんを見につける力を持つことが大切。

○仕事ができない人を見ていると、仕事に取りかかるまでの時間が遅いと
いう傾向がある。机の上には、常に愚痴の仕事にそのままとりかかれる状態
にしてあります。

○自分の仕事にかかわらう深い勉強をする。50時間あれば一つの分野の
専門家になれる。

○They Sky is the limit.
空が限界、つまり限界がない。限界を決めているのは自分。

○変えられるのは「今」「ここ」「自分」だけ。自分でコントロールできないこと
に悩まない。

またいろいろ羅列になり、ごめんなさい。ただ、考えさせられるいろいろな
ことが書かれていました。よかったら、手に取られてください。
by jungae | 2013-06-27 07:19 |
少しご無沙汰です。昨日で無事ブートキャンプが終了。少し落ち着きました・・・。
先日転勤でスウェーデンにいく家族の送迎会で、お自宅でのホームパーティ
にお伺いしました。
食事を持ち寄るスタイル。
e0123104_722335.jpg

にしんとなすの煮物。
e0123104_7232755.jpg

さつまあげ。エビとセロリの炒めもの。
e0123104_7242273.jpg

ほたてとトマトとオクラのいためもの。ほたてのだしがきいて美味。
e0123104_7253027.jpg

こどもたちはソーセージ、から揚げ、ベーコンポテトなど。
(我が家が担当で、娘がつくりました。)
e0123104_726104.jpg

ほたてとじゃがいものごはん。
e0123104_727243.jpg

すいかをくりぬいてフルーツポンチ。
e0123104_7275158.jpg

むすめがどうしてもクッキーを作って持っていくんだということで、朝から作り、
持っていったのでした。

おいしい食事をいただきながら、いろいろと話をしたのでした。
by jungae | 2013-06-26 07:32 | 余暇
昨日ある仕事の関係で、バンダイを訪れる機会がありました。
浅草駅から数分にある本社にお伺いしました。
e0123104_782020.jpg

本社横にこんなキャラクターたちが…。
e0123104_7114768.jpg

1階にはロビー横にはこんなスペースが。営業時間は解放しているとか。
e0123104_792632.jpg

シャーでしょうか?!
e0123104_7125055.jpg

数々のガンダムたち。
e0123104_7133458.jpg

ウルトラマン! こんなたくさん並ぶと爽快ですね。

子供がいたらかなり興奮しそう。大人でもなんとなくわくわくしてしまいました。
お目にかかった方は商品開発をされる方で、とても素敵でした。
バンダイの情報発信基地。実際に見るとすごいなーと感じたのでした。

e0123104_7154340.jpg

近くにどじょう屋さんも発見。かっこいい門構えでちょっと行ってみたくなりました。

ちなみに近くにかばんAceという会社があり、そこには「世界の博物館」という
のがありました。時間がなく寄れなかったのですが、今度行ってみたいと思い
ました。モノづくりの街だなーとも実感したのでした。

今週末は晴れるところが多いでしょうか。よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2013-06-22 07:20 | コミュニケーションに関すること
ダイヤモンドオンラインで「スマート・ウーマンスマート・リーダー」という
連載をさせていただいていますが、その第12回が掲載されました。

「いつも表現の助けとなってくれるのがIT」(マガジンハウス・池田美樹)
 ―古川享が聞き出す 今を駆けるスマート・ウーマンの本音

元マイクロソフト日本法人の会長で、現在は慶應義塾大学大学院メディアデザ
イン研究科教授の古川享さんをホストに迎えて、古川さんが日本を変えていく
存在と期待を寄せるスマート・ウーマンの方たちとの対談を掲載しています。
池田美樹さんは、出版社の編集者としてご活躍される一方で、ツイッターや
ブログを通じた個人的な情報発信を続けてこられ、ツイッターでは約9000人
ものフォロワーがいらっしゃいます。少女の頃から「伝える」こととテクノロジー
に魅せられてきたとおっしゃいます。情報発信、自分というメディア、テクノロジー
について思いを語っていただきました。

詳しくはこちらになります。よかったら、ご覧になってください。

なお、これまでの連載はこちらでご覧いただけます。
よろしければ、こちらもご覧になっていただけたら幸いです。
by jungae | 2013-06-20 06:26 | ダイヤモンドオンライン連載
DeNAのファウンダーの南場智子さんの『不格好経営―チームDeNAの挑戦
という書籍を読みました。
e0123104_685879.jpg

話題を呼んでいる企業である分、いろいろと言われていますが、彼女自身が
赤裸々に綴っており、とても感じるものがありました。
エッセイ風になっているのですが、心に残ったこと、気になったところを書いて
みます(かなり独断と偏見で選んでいますが)。

○苦しいときに2つのことを意識する。ひとつは、とんでもない苦境ほど、素晴ら
しい立ち直り方を魅せる格好のステージだと思って張り切ること。もうひとつは、
必ず後から振り返って、あれがあってよかったねと言える大きなプラスアルファ
の拾い物をしようと考える。3番目に付け加えるとしたら、命をとられるわけでは
ない。

○コンサルティングと経営はまったく異なった。コンサルタントのときは大きな
おごりがあった。自分が経営者だったらもっとうまくできるんじゃないか、と
思った。しかし、「言うのとやるのは大違い」。

○会社を立ち上げ、オークションサイトのシステムの仕様書をつくり、リクルート
の信國さんに見てもらったときに「ユーザーから見た場面のみ考えられていて、
バックエンドがない。オークションに不適切なものが出品されたらどうやって
削除するのか、クレームメールが来たときにどうやって対応するのか、そうい
った裏側の設計が表側と同時に重要だが、そこの設計が抜け落ちている」
と言われた。

○開発が完了しているはずの日にコードが1行も書かれていない。開発は
システム会社Nさんの九州にいるチームが作っているはずだったが、でき
ていない。朝4時にシャワーを浴びてシステム詐欺にあったとつぶやくと、
ご主人が起き上がり、質問をしてきて次のように言った。
1 諦めるな。その予算規模なら天才が3人いたら1カ月でできる
2 関係者、特にこれから出資しようとしている人たちに、ありのままの
事実を速やかに伝えること。決して過少に伝えるな。
3 「システム詐欺」という言葉はやめろ。社長が最大の責任者、加害者
だ。なのにあたかも被害者のようにいたら誰もついてこないぞ。

○コンサルティングから起業家になったとき、コンサルティングと会社経営
は違いすぎて、ここで学んだスキルが直接、のちのキャリアにおおいに役
立ったとは言えないが、それでも、ひとつの職業で曲がりなりにも通用する
人材になれたことが一定の自信となり、その後の進路で頑張り抜く力を
与えてくれた。今仕事がうまくいっていない社員がいたとしても、カチッと何
かが符合すれば、見違えるようにのびのび活躍する可能性がある。
はじめからデキるスーパースターばかりに頼るのではなく、人の力を信じ
て引き出せる会社にしていきたいと思うのは、このときの経験から。

○ビッダーズ初期のメールのやり取りはすべて目を通し、特に大きな問題
や厳しいお叱り、また常軌を逸したようなクレームには、カスタマーサポー
ト担当に代わって自分で返事を書いた。

○出会い目的での利用が事故を生んでいた時期。
大小合わせてすさまじい数の対策を実施。新潟のカスタマーサポートセン
ターで365日24時間監視。大手事業者の中で最小の事故件数になる。
できたのはなぜか。「気合い」。後にプロ野球参入に際し、一部から、出会
い系の会社に球団を持たせたくないという趣旨の発言があったように聞く
が、もしそのような発言が本当にあったなら、この事実をもって反論したい。

○成功やアイデアの帰属よりもチームの成功を優先し、「誰」ではなく
「何」を重視するDeNAの文化をしっかりと築いていく。

○DeNAが身を置く業界はとても競争が激しく、マスコミからもよく競合に
対する意識を尋ねられる。けれども、真の競合は「ユーザーの嗜好の
うつろいのスピード」だと認識している。それより半歩先に適切に動かな
ければいけない。

○事業が伸び悩み、苦しい時期に作ったDeNAクオリティー。
DeNAでは、チームとして最大限のパフォーマンスを発揮するために、
全社員に必要な共通の姿勢や意識として「DeNA Quality」を掲げて
います。
-デライト(Delight)
-球の表面積(Surface of Sphere)
ー全力コミット(Be the best I can be)
-透明性(Transparency & Honesty)
ー発言責任(Speak Up)

○現会長の春田氏が入社してしばらくたったころ、南場カンパニーに
したいのか、それとも公器として育てていきたいのか決めてくれ、どち
らにしてもそれなりのサポートの仕方がある、と聞かれた。熟考の末、
社会の公器として発展させるために責任を果たす、と決意した。

○ご主人のがんとの闘病生活について
日本人は自分のことは自分でやりなさい、人に迷惑をかけないように
しなさい、と言われて育つ。でもそんなことをは全部かなぐり捨てて
生きることに固執し、悪あがきをし、いろんな人に支えられて踏ん張っ
た夫のことの2年間は、迷惑をかけない生き方よりも、人間として
はるかにしっくりくるように感じることもある。

○社長の一番の仕事は意思決定。「継続討議」にしてはいけない。

○人は育てるには「任せる」こと。人は人によって育てられるのでは
なく、仕事で育つ。成功でジャンプする。簡単な成功ではなく、失敗
を重ね、のたうちまわって七転八倒したあげくの成功なら大きな
ジャンプとなる。

○組織の作り方
1 全員が主役と感じ、ひとりひとりが仕事や成果にオーナーシップ
を感じるようなチームの組成、仕事の単位となっているか。
2 チームの目標がわかりやすく、そして高揚するに足る十分に
高い目標となっているか。 
3 チームに思い切った権限委譲をしているか。信じて任せているか。

○優秀な人に共通しているのは「素直だけど頑固」「頑固だけど素直」

○出戻りは私はおおむね歓迎する。外を見て、視野を広げたうえで
また選んでもらえるならその選択は本物だし、DeNAのよさや課題
を客観的に捉えて改革の旗振りをしてほしい。

○世界中のリソースを柔軟に活用できるチームこそ大きな成果を
生み出していくことは間違いない。独自の思考と力強い突破力で
必ず成果の出せる人材は、言語や文化の境目にかかわらずユニ
バーサルに求められる。特定組織にだけ通用する独特な仕事の
まわし方などマスターしなくていい。どんな環境においても力を
発揮できるようになってほしい。

なんだかかなり長くなりごめんなさい。
彼女の思いがかなり伝わってきて、少し熱くなったのでした。
よかったら、手に取ってみてください。
by jungae | 2013-06-19 07:20 |

野球観戦@西武ドーム

昨日西武ドームに野球観戦に行ってきました。
彼が横浜好きのため、交流戦の最終戦、「横浜対西武」を観戦しました。
以前同じ試合を見に行ったことがありましたが、およそ3年ぶりでした。

e0123104_5411548.jpg

西武球場駅に到着。自宅が東横線沿線で副都心線との乗り入れを
利用し、所沢まで直通でした。
e0123104_54606.jpg

e0123104_5472646.jpg

球場に向かう途中にご当地ものの食事を売る店がつらり。
近辺の名物をうまくアピールしているなーと感じました。
e0123104_5485876.jpg

e0123104_54917100.jpg

いざ球場内へ。
e0123104_55031.jpg

日曜日、そして交流戦最後の試合ということですごい人。
外野自由席だったのですが、入れず、差額を払い内野自由席を購入。
e0123104_5505885.jpg

どうにか席を確保。西武岸投手の先発で試合がスタート。
e0123104_5521361.jpg

自宅でトーマスのお弁当などを作ってきたので、お弁当を食べながら観戦。
e0123104_553932.jpg

途中少し売店に。娘が持っているそばプリッツ。なかなか癖になる味。
e0123104_5542583.jpg

飽きてきたので、外に遊びに行ってきました。ひろくてまた踊りだしました。
e0123104_5561083.jpg

試合は一方的な展開に。ジャンプをして応援する西武の外野席の人たち。
この応援の仕方、定着しているのでしょうか。
e0123104_5572365.jpg

7対1に。ホームベースランが試合後できるということで、席を後にし、並ぶことに。
e0123104_5584550.jpg

試合終了後25分くらいして芝生に入れました。広くて大はしゃぎ。
e0123104_5594431.jpg

側転をしだしました。
e0123104_603970.jpg

ホームベースランスタート。
西武線、副都心線、東横線、みなとみらい線の直通運転を祝して、西武球場から
元町・中華街駅を走った人の距離で進んでいく感じ。
e0123104_62103.jpg

息子と主人が走りました。スタート。
e0123104_62541.jpg

途中泣きだし、抱っこ。
e0123104_633739.jpg

無事にゴール。
e0123104_642194.jpg

無事に電車も元町中華街へ。すごい距離だと思うのですが、人が集まると
早いもの。ちりも積もれば山となる?

球場内を走り回り、帰路に着いたのでした。
e0123104_652233.jpg

ちなみに帰りが遅くなり、駅前で東村山黒焼きそばを購入。
夜ごはんはこれに。イカスミがきいて美味でした。
by jungae | 2013-06-17 06:07 | 余暇
こんにちは。ずいぶん間が空いてしまいましたが、ウィーン&ロンドンへの旅、
8回目です。ザルツブルグ1日旅その2です。
(間が空いてしまったので、その1はこちらです。)
ランチを食べて街の散策に向かいました。
ザルツブルグと言えば、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の街でもあります。
それにちなんだ場所をいくつか回りました。
e0123104_753875.jpg

映画に登場するトラップファミリーがザルツブルグ市内に出てきたときに通った
馬洗い池。
e0123104_7563646.jpg

ザルツブルツ音楽祭の会場となる祝祭劇場へ。案内係の方が説明してくれます。
e0123104_7574552.jpg

岸壁を利用してつくった劇場。映画でも出てきますが、トラップファミリーが
出演して脱出を図った場所は左奥。現在も使われていて、このときは夏の
音楽祭に向けて準備が進められていました。
e0123104_80927.jpg

大ホール。この町出身のカラヤンの指揮で行われた曲で1960年に開場したとか。
e0123104_84667.jpg

会場を後にし、大聖堂へ。
e0123104_853780.jpg

広い室内。
e0123104_881042.jpg

広場でこんな大きなチェスをやっていました。
e0123104_87498.jpg

広場から見えるホーエンザルツブルグ城。
(左の球の上にあるのは人ではなく、人形です…。)
e0123104_8103840.jpg

e0123104_811503.jpg

ケーブルカーでお城に上ります。
e0123104_8123441.jpg

上から見る眺めに魅了。
e0123104_8141660.jpg

見晴らしが良く、素敵でした。
e0123104_8161894.jpg

下に降りてきました。
e0123104_8164667.jpg

再度街散策。プレッツェルを売っているのはオーストリアらしい?!
e0123104_8174459.jpg

モーツアルトのチョコのお店はいたるところにあります。
e0123104_8181694.jpg

川沿いで気持ちいいのか、またもや踊りだしました。
e0123104_8193798.jpg

シュータッツ橋。トラップファミリーが歌いながら通ったと言われています。
e0123104_822381.jpg

鍵をかけると愛が成就するといういわれがあるそう。こんなかわいいハートが。
e0123104_8231346.jpg

本当にたくさんの鍵がかかっていました。
e0123104_824668.jpg

天気が良く、暖かい日だったので、川沿いでくつろいでいる人がたくさんいました。
e0123104_8262155.jpg

川を渡り、ミラベル宮殿と庭園へ。宮殿は閉まっていたので、庭園を散策。
e0123104_827555.jpg

木のトンネルを発見。
e0123104_8293882.jpg

きれいに手入れされた庭園。
e0123104_831059.jpg

かっこいいペガサスが。お城がきれいです。
e0123104_8333986.jpg

トラップファミリーが歌を歌いながら通ったという場所。
e0123104_8351181.jpg

庭園を出るとおおきな広場を発見。芝生がきれいで、走りだしました。
e0123104_8362944.jpg

こんな気を見つけ、木登り。
e0123104_8372860.jpg

駅に戻り、名残惜しいものの、ザルツブルグを後にしたのでした。

(9)に続く。
by jungae | 2013-06-16 08:41 |
今日は大学院で大きなプレゼンがあります。
『新事業創造体験』という授業を取っており、そこで自分のビジネス
プランについて話す予定です。
e0123104_6531993.jpg

先生の他にベンチャーキャピタルの方2名がいらっしゃり、彼らが投資
をしたいかどうかで評価されるとか…。

私のプランは『世界であそぼう」というもの。
以前麻布十番〜六本木でフィールドワークをしましたが(フィールド
ワークの様子はこちら)、それにからんだプラン。
「世界であそぼう」というサイトを通して、子連れで旅をしたいと
考える人とコミュニティを作り、情報を共有し合うというものです。

今週ずっと準備を進めていました。プレゼン時間が10分と限られる
ので、プレゼンの練習もしっかりするようにと言われていました。
資料はほぼでき上がりつつあるので、午前はプレゼンの練習をします。
(ジョブスもプレゼンの練習は入念にしていた?! レベルが全然
異なるかもしれませんが…。)
頑張ろうと思います。けっかはまた報告できたらと…。

今日は雨のところが多いでしょうか。
よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2013-06-13 07:00 | KMD大学院生活