アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

新型インフルエンザに最初にかかった少年の像を建てる?!

新型インフルエンザに最初にかかった少年の像を建てる計画がメキシコで浮上
しています。少し前の記事ですが、Politician’s Novel Idea for Mexican
Tourism: Statue of Swine Flu Survivor
(5月25日)の記事です。

世界で最初に新型インフルエンザに感染した少年は、メキシコのLa Gloriaと
いう小さな村に住む5歳のEdgar Hernandez君です。彼が感染源となり地元、
そして世界に広がったと言われています(ただ、メキシコ政府は、インフルエンザ
ウイルスは別のとことから入ってきたと主張していて、いろいろな見方はあります)。

ただ、Edgar君は良くも悪くも一躍有名人に(すでに彼は回復しています)。
彼の像を建てて、観光に生かそうという案を、地元の知事が提案しているそう。

新型インフルエンザの影響で、メキシコでは観光産業が大きな打撃を受けて
おり、それをどうにか打開したいという思いがあります。ただ、彼の像を建てた
からといって、劇的に観光客が増えるわけではない、メキシコが正常に戻った
ということを見せるほうが大事ではないかと、記者は述べています。

まあ、いろいろな見方はあるでしょうが、Edgar少年の像を建てようというの
は問題もある一方で、斬新でもあるなーと思ったのでした。
by jungae | 2009-06-02 06:57 | そのほかの気になる記事