人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

オバマ大統領のノーベル平和賞

少し前になりますが、オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞しましたね。
日本でもいろいろと報じられていますが、賛否両論言われています。

アメリカではどちらかと言うと、何もやっていないのに早すぎる、ノーベル賞の
地位が下がった、賞を辞退すべきなど、否定的な意見が多いようです。

その中で、Thomas Friedman氏が面白い記事を書いていたので、ご紹介
します。The Peace (keepers) Prize(10月10日)というものです。

Friedman氏自身もオバマ大統領がノーベル平和賞を授与されたのは
早すぎたと言いつつ(大統領自身も認めています)、これはオバマ大統領
に過失があるわけではない、オバマ大統領はこの機会を利用して、12月
10日にオスロで行われる授与式で次のようなスピーチをすべきだと言います。
(かいつまんで紹介します。)

==
私自身はまだ何も成し遂げておらず、この賞を受け取るのはまだ早すぎる
と考えているので、自分のためだけにこの賞を受け取ることはできません。
しかし、前世紀に世界の平和を維持するために戦った人々―アメリカの
陸軍、海軍の人たちに代わってこの賞を受け取ります。
イラクやアフガニスタンで戦う兵士たちに代わって受け取ります。
世界で貿易ができるように、大西洋や太平洋の安全を守っている海軍や
空軍の人たちに代わって受け取ります。
過去、そして現在のアメリカの軍人たちに代わって受け取ります。
なぜならこのような平和を維持する人々がいなければ、平和はありえない
からです。
==

平和がなければ、ノーベル平和賞もありえず、それは平和を維持して
くれている人たちがいるからこそであり、その人に代わって受け取ると
スピーチすべきだとFriedman氏は主張しています。

確かにそうかもしれないですね。

賞がどうだったかは私自身はよくわかりませんが、平和がなければ
存在しえない賞ではありますね。

いろいろと考えされられたのでした。
by jungae | 2009-10-15 06:40 | NewYorkTimesの気になる記事