アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その米はどれくらい環境に良い?

スウェーデンは環境問題に積極的に取り組んでいる国として有名ですが、面白い
記事を見つけました。To Cut Global Warming, Swedes Study Their Plates
(10月22日)というものです。

37歳のある女性はオートミールを買おうとしたら、箱に次のように書かれていて
当惑したとか。
“製品1キロにつき87の二酸化炭素”

スウェーデンでは、パスタからファーストフードのハンバーガーなどの食品を
製造するにあたって排出される二酸化炭素の量が、商品のラベルやレストラン
のメニューなどに表示されつつあります。

車を買い替えるよりも、日々の食生活を変えるほうが、二酸化炭素の排出を
おさえるには有効だと科学者たちは言います。
スウェーデンは先頭に立って行っていきたいと考え、ガイドラインを作りました。

そのガイドラインには、たとえば次のようなことが書かれているとか。

○キュウリやトマトよりも人参を食べる
(寒いスウェーデンでは、キュウリやトマトは温室で育てられ、それは多くの
エネルギーを必要とするから)
○赤い肉よりも豆や鶏肉を食べる 
(牛を育てるのに多くのエネルギーと使うから)
などなど。

これに対して、当惑する消費者も出てくるかもしれないということは指摘されて
います。ある男性は、「この情報があれば食べるものを変えるかもしれないと
思っていたけれど、そうでもなかった」と言いながら、チキンバーガー(0.4キロ
の二酸化炭素排出)ではなく、ハンバーガー(1.9キロの二酸化炭素排出)を
食べていました。

ただ、ある専門家によると、このガイドラインに沿って行動すれば、20~50
パーセントの二酸化炭素排出量を減らせるだろうと言います。

一方で数値についてどう図るかというのは問題になっていて、同じ人参でも
どこで育てるかで数値が変わります(運ぶのに二酸化炭素を排出するため)。

まだまだ試行錯誤の段階で、問題点もいろいろありますが、多くのスウェー
デンの人たちは、何らかの形で食生活が変わるだろうと語っています。

日本でも商品にカロリーを表示するのが当たり前になりましたが、二酸化
炭素の排出量が表示される日も近いでしょうか? 
実際になってみないとあまり想像がつきませんが、私自身はその表示が
あったら、やはり意識して商品を買うかもしれないなーと思います。

みなさんはどうでしょうか?
by jungae | 2009-10-27 07:21 | そのほかの気になる記事