人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

最後まで闘う50人の戦士たち

福島原発では予断を許さない状況が続いていると聞きます。
ニュース等でも語られていますが、彼らについて賞賛の声がいろいろと
あがっています。
Last Defense at Troubled Reactors: 50 Japanese Workers(3月15日)というものです。

懐中電灯を片手に暗闇の中を這いながら、酸素タンクを背中に乗せて働く彼ら。
事故が起きたときに750人の人が働いていましたが、その中で50名がその後の
作業のために残りました。

被曝する放射線量の限度を250ミリシーベルトにあげましたが、これはアメリカ
の基準の5倍。

アメリカの原子力発電所で勤務していた人は言います。
「健康や安全、家族のことはもちろん心配になるが、周りの人とトレーニングを
受ける際に、忠誠心や友情がうまれてくるのです」

アメリカでこのような状況が起きても50人くらいの人は集まるだろうが、日本に
はグループの利益のために個人を犠牲にするという考え方があるといいます。

チェルノブイリの事故では、放射能を受けたため、28名が3カ月以内に死亡し、
そのほかに106名が放射能による何らかの病気を発症しました。

彼らは本当に命がけで頑張っているのですね。
心から応援したいと思います。

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ
by jungae | 2011-03-20 09:16 | NewYorkTimesの気になる記事