人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

情報リテラシーを持つ

現在は多くの情報が錯綜しています。
今回の震災、そして原発の報道についてもいろいろと報道がなされて
おり、振り回されたりしていることもあるなーと思います。
こんな時代に新聞が何をできるのか、NYTimesのエグゼクティブ
エディターの方が面白いことを書いていました。
Traditional News Outlets — Living Among the Guerrillas(3月25日)というものです。

Wikileaksなどが存在する中で、現在のメディアは何ができるか、
何が異なるのか。
○人々の主張よりも事実が正しいと考える
○スピードやセンセーショナルなことよりも正確さを求める
○検証に耐えられるものかを考える

ニュースも間違えることがある。間違えが生じたら、できるだけ
早く率直に伝えることにしている。

まとめると、メディアは自分たちが考えていることを伝えるわけ
でもなく、偏見を持たせるつもりもない。
人々が自分が決断をするための基礎となる情報を可能な限り提供
することだと言います。

できるだけ正確な情報を伝えるが、判断するのは私たちということ
ですね。
情報をつかんだら、自分で考え行動する。

いろいろな情報が錯綜とする中で、今まさにそれが求められている
のだと感じたのでした。
by jungae | 2011-03-31 07:27 | NewYorkTimesの気になる記事