アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

幸福優位の7つの法則―仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

幸福優位の7つの法則―仕事も人生も充実させるハーバード式
最新成功理論
』(ショー・エイカー著)という書籍を読みました。
e0123104_855413.jpg

著者はポジティブ心理学の第一人者で、ハーバード大学でポジティブ
心理学講座をタル・ペンシャハー博士のもとで教え、人気を博した方。
心理学というと、何か問題を抱えている人を抱えている人、ネガティブ
な部分を分析することが大半でしたが、彼はポジティブな面に注目
すべきだと提唱しています。

○よい結果が出たから「幸せ」なのではなく、「自分は幸せだ」と
思える人が良い結果を生んでいる

○平均信奉
人間の行動を理解しようとするとき、典型的なアプローチは、
「平均的な行動」「平均的な結果」を探ること。
「子どもが学校で字を読めるようになるのにどれくらいかかるものか」
という問いに、科学は「平均的な子どもは、学校で字が読めるように
なるのにどれくらいかかるか」と変えてしまう。
平均的なものだけを学ぶなら、我々は平均的なレベルにとどまる
  ↓
平均では無視される、異常値に注目する必要があるのではないか。

○時間と精神のエネルギーを最も多く投入している状況がその人の
現実になる

○人間の脳は、ポジティブな気分のときに最もよく働くようにできて
いるということが証明されている。

○ハーバードの学生は幸せに飢えている
それまでトップレベルでやってきたが、ハーバードに入るとみんなが
優秀で平均になる。課題も多く、プレッシャーに押しつぶされそうに
なる。

○心理学での「幸せ」とは
「意味や目的の深い感覚を伴う喜び」

○著者が導き出し、実証済みの成功と達成に関わる7つの法則
法則1 ハピネス・アドバンテージ
 「幸せ」と思う人が成功する
 <幸福優位性を高える方法の例>
 ―何かを楽しみにする(お気に入りのことを想像する)
 ―意識して人に親切にする
 ―ポジティブな感情が生じやすい環境をつくる
 ―運動する
 ―経験、他の人と共有する経験にお金を使う

法則2 心のレバレッジ化
 幸せと成功をもたらすてこの力が最大になるように心の持ち
 ようを調整する

法則3 テトリス効果
 肯定的なパターンを学ぶ

法則4 再起力
 挫折やストレスや困難の中で人の脳はそれに対処するための
 道を考え出す。失敗や困難から立ち直るだけでなくその経験
 があったからこそ、より幸せになり成功をつかむ道を見出せる

法則5 ゾロ・サークル
 ゾロはアメリカの南西部がスペインに支配されていた時代に
 仮面をかぶって活躍した英雄。彼の師匠はゾロの周りに円を
 描きそこで小さな目標を達成しながら強くなった。
 達成可能な小さなゴールに注目して、コントロール感覚を
 取り戻し、それから徐々に範囲を広げて大きなゴールを達
 成する

法則6 20秒ルール
 人間の意志の力には限界がある。「最も抵抗の少ない道」
 に置いておくことが大事。ギターを練習したいのであれば、
 すぐに手に届くリビングの真ん中に置き、いつでも手に
 取れる状態にしておく

法則7 ソーシャルへの投資
 試練やストレスに遭遇すると、自分の殻の中に閉じこもっ
 てしまいがち。最も成功している人ほど、友人、同僚、
 家族との人間関係を大事にしている。人のネットワークに
 投資する

○どうしたらポジティブなことに注目できるか。
毎日「今日起こった3つの良いこと」を書き出す習慣をつける
この5分でマインドセットが劇的に変わる。

「幸せだ」と感じているから成功する。
当たり前のことかもしれないですが、やはり納得してしまいました。
「今日起こった3つの良いこと」から書き出すことを始めて
みようかなーとも思いました。

元気がもらえる感じなので、よかったら手に取ってみてください。
by jungae | 2012-01-28 09:38 |