人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

4月9日~13日のKMD

4月9日からKMD(慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科)の
授業がスタートしました。
1週間に1回くらい、その週で気になった話や講義などをまとめていけ
たらと思います(続けられるでしょうか?!)。

○メディアマネジメント基礎
日本が直面する課題について議論し、広い視野を持つことの重要性を
理解するということで、以下の課題が課されました。
・日本が直面する最大の課題は何か 成長モデルの崩壊
(留学生は、自分の母国について)
・それが最大の課題と考える理由
・その課題の具体的な解決策

<出てきた話>
・グローバルな視点が欠けているのではないか
・世界でどのようにビジネスをやっていくか
・国内産業の跳躍、マスメディアの衰退
・日本のメンタリティ構造
・日本人として誇りが薄い(日本の素晴らしさに気づいていない)
・少子高齢化
・借金財政(700兆円、赤字1000兆円)→国家破綻する?!
私自身は右肩上がりの成長モデルを前提にあらゆる制度や組織が
つくられていること、ではないかと考えました。

<海外の留学生から>
・台湾―いい技術は持っていて、OEMでいろいろな企業に提供
しているが、自分で売るブランド力やマーケティングの力が不足
しているのではないか。
・インドネシア―汚職、次世代の教育がカギ。
・中国―格差社会、国の経済発展を国民全員が享受できていない。
・ドイツ―専門知識を持った人材が少ない、エンジニアを勉強する
  学生が少ない。経済成長のためにはそれが欠かせない。

→世の中の問題は山ほどある。自分なりに整理をして自分はどう
いう問題に取り組もうとしているのか、を明確にする。その問題
意識を持たないと、目の前のことばかりやってしまう。

○メディアテクノロジー基礎
プログラミングをする上で算数の基本を知ろうということで、
10進法、2進法、8進法、16進法や集合について勉強しました。
e0123104_8201139.jpg

こんな課題が出されました。
数学は苦手で、かなり苦戦しました。。。周りの人に聞きながら
どうにか課題を終えました。

○メディアデザイン基礎
―私たちの五感はかなりいい加減。いろいろ惑わされる。
それを使っていろいろなデザインがされている。
―色によって持つ人が持つイメージが異なる。
―リズムや一定、対象は落ち着く。
―デザイン思考…Hidden Needsを知る必要があるのではないか。
1 Ideation(考えを出していく)
2 Build to think
3 Collaboration
創るという作業を通して考えていく。
<デザイン思考のプロセス>
Philosophy and Vision(フィロソフィー 何を信じているのか、
ビジョン 何がほしいか)
Ethnography(人を観察する、人に聞いてはいけない、hidden needsを探る)
5 model analysis
Persona and Scenario(ユーザーをつけてシナリオを考える)
Sketching and prototyping and skit
Tinkering (工作をする)
Demonstration&Feedback
Service design
Start business

これに沿ってグループで課題を決め、サービスや商品を作っていくこと
になりました。

<メディアポリシー基礎>
ポリシーはTotal Produceのこと。以下のいろいろなことが含まれる。
創る
法律やルール
サービス
社会運動
組織
イベント
情報

日本のユーザー力は高い。日本は遊んでいる人からアイディアが生まれる。
ただ、ビジネスにする、モネタイズすることが弱い。
アメリカは核戦争を想定して通信の開発を進めた。
地震を想定して通信を考えていくべきではないか。

少し長くなりごめんなさい。
様々な年代が集まっているので、いろいろな気づきを得られました。

よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2012-04-15 08:45 | KMD大学院生活