アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Be Exceptional―IABCワールド・カンファレンス2012報告会

こんにちは。新しい月のスタートですね。
7月27日にIABCワールド・カンファレンス報告会をIABCジャパンで開催
いたしました。
今年のワールド・カンファレンスはアメリカのシカゴで開催されました。
私自身は、昨年サンディエゴで開催された大会には参加してきたのですが(ブログ
こちら)今回は大学院などがあり、参加できませんでした。

e0123104_65716.jpg

今回参加してきた、代表の雨宮和弘さんなどが話してくれました。

今回のテーマは“Be Exceptional”。

日本的に訳すと「出る杭になれ」とか「際立った存在となれ」といった意味
にとれるでしょうか。社会の閉塞感を打破する上で、プロフェッショナル・
コミュニケーターの役割が再認識されているのかもしれません。
分科会ではコミュニケーション・リーダーシップやキャリア形成、企業の最
新事例などがたくさん議論されたそうです。

キーノートスピーチも充実し、元ナイキのエバンジェリストやリーダーシッ
プのあり方を見なおしたカナダの大学の女性学長、エンターテイメントの世
界で際立った存在であるシルクドソレイユのクリエイティブディレクターな
どに加え、なんとロバート・ケネディJr.が登場したそう。
今後のエネルギー政策に関し「エネルギーコストを限りなく無料にするには?」
など、全く違った観点から提言を行っており、とても「Exceptional」で刺激的
な内容のスピーチだったそうです。

IABCリーダーのワークショップでは以下のようなことが議論されたそうです。
-経営者はコミュニケーションが悪いと嘆く
-現場の担当者はどこから始めて良いかわからない
-ビジネスコミュニケーションのプロフェッショナルとか?
 経営に寄与できるコミュニケーションを解決できればプロと呼ばれる
 いろいろな機能とテクノロジーを吸収
 自分自身のみならず、他部門と協力して答えを出せる
 経営のミッシングリンク(missing link)を気づかせることができる

何のために何を伝えるのか、どういう人間、どういうポリシーを持っている
か、それがとても大切ではないかと話したそうです。

ジャパンチャプターは2年間の地道な活動の結果、IABCの正式チャプターに
承認されました。これによって、ジャパンチャプターの活動も国内のプロフェ
ッショナル・コミュニケーターのキャリア支援にとどまらず、アジア諸国との
連携や本部の活動への参画がますます増えてくることになるそうです。

「Be Exceptional」
とても素敵な言葉だなーと思ってしまいました。
平均ではなく、自分の個性を見つけて抜きんでる、それが大事になって
いるのではないかと思ったのでした。

ちなみに、私自身はIABCのフィリピン代表の方のご紹介で、11月に
オーストラリアのメルボルンで行われる、World PR Forum2012
パネリストとして参加させていただくことになりました。
それについては、改めてご連絡させていただきます。
by jungae | 2012-08-01 07:12 | 経営者の視点