アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか

なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか』という本を最近
読みました。
e0123104_701020.jpg

スイスにある有名ビジネススクールのIMDの学長で、日本に住んでいた
こともある、ドミニク・テュルパン氏とIMD日本代表の高津尚志氏が書
かれた本です。
いろいろ感じることがあったので、まとめてみます。

○英語の「Globalization」は「球、地球」を意味する「Globe」という
言葉の派生語。中国語では「全球化」と訳していて、こちらの方がイメ
ージしやすいのではないか。
「グローバル経営」「グローバル人材」と唱えるよりも、「地球的経営」
「地球的人材」と言ってみてはどうか。地球規模で発想し、行動すると
いうことが「Globalization」でにおけるあり方の本質。

○G7からG20へ。
G7サミットが開催された1970年代半ばには、7カ国で世界のGDPの50
%を占めていた。現時点では、旧G7が世界のGDPに占める割合や40%で、
G20全体デ85%を占めるという構造に変化。

○「新南南経済」
かつては南北問題があり、豊かな北半球とそうではない南半球に分断され、
利害の対立を起こしていた。しかし、いまや旧発展途上国が新興国として
勃興する中で、新興国間の経済交流も非常に活発になっている。

○日本では新聞やテレビでも日本との関係が明確なニュースが中心で、別の
国とそのまた別の国がどのような付き合いをしているかについては、遠すぎ
て入ってこない。地球を、別の地点から俯瞰して見る。そういった機会を
意図的に積極的に作っていく必要がある。

○グローバリゼーションの道筋における各段階
第1段階:国内に焦点
第2段階:輸出
第3段階:地域に焦点
第4段階:国境なきグローバル事業

○世界競争力ランキングに移るリアルな日本
「経済状況」27位
「政府の効率性」50位
「ビジネスの効率性」27位
「インフラ」11位

○デジタル化によって、これで十分(Good enough)の品質を簡単に実現
できるようになった。しかも、格段に安いというおまけつき。

○モノづくりも大切だが、「課題を解決する」ことのほうが大切で、新しい
生態系をつくることが大切。土俵は違うところにあった。

○日本の800億円以上の企業でCMO(最高マーケティング責任者)を置いて
いるのは1%。アメリカの同規模の企業では10%。

○これからのビジネスを考える上で大切なのは人口統計。将来の人口予測・
人口構成予測、その他の各種統計や指標をきちんと分析して戦略を立てた
企業が勝つ。

○新興国で成功している韓国の現代自動車の幹部は、「精神力と根性だ」と
言う。明確な長期戦略の上で必死に頑張る、強い精神力をもつことが大切。

○グローバルリーダーには
オープンなマインドセットが必要。
高い共感性(empathy)をもって、他を尊重し思いやる(sympathy)。

○社内に人材がいなければ外部の知恵ある人と協業することも必要ですが、
社外の人に対しては、下請け扱いをして高圧的になりがち。

○管理職に協定的に学ぶ時間と機会をつくる。それが経営の役割。

○グローバルマインドセットを持つには
1 知覚/認識のマネジメント=認知管理力
 自分にとって曖昧な情報を知覚し、判断し、自分の中で意味づける力。
高い好奇心を持つことでもあり、認知の歪みや偏りにとらわれないこと
でもある。
①判断を保留する力、②問いを立てる力、③曖昧さへの寛容さ、③コスモ
ポリタン的感性、⑤関心事への柔軟さという要素で構成される
2 関係のマネジメント=関係構築力
コミュニケーションをしている相手に対する共感性や思いやりを養うこと。
①関係構築への興味、関係の維持する力、感情への感受性、自己認識、
社会的柔軟性という要素で構成される。
3 自己のマネジメント=自己管理力
世界にどうのぞむかという姿勢、態度であり、これまでに未体験のものも
含めて様々な状況に直面した時に適切に立ち向かえる能力。
①楽観主義、②自己確信、③自己同一性、④感情的な復元力、④非ストレス
傾向、⑤ストレス管理という要素で構成される。

○高い好奇心と問う力を持つ

いつものように、かなり長くなる&気になったことの羅列になりごめんな
さい。
グローバルという視点でいろいろ興味深い話があったので、よかったら、
手に取ってみてください。

話は変わりますが、オリンピックの選手たちはグローバルだなーと感じた
のでした。
by jungae | 2012-08-03 07:02 |