アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ロボットは人間にとって代わるのか―Thomas Friedman氏の考え方

ロボットは人間にとって代わるのか。
少し前ですが、ニューヨークタイムズのコラムニストのThomas Friedman
氏が興味深い話を書いていたので、まとめてみました。
I Made the Robot Do It(8月25日)というものです。

Friedman氏は先日これまでにやったことないことを体験しました。
ボストン空港で行われた"Rethink Robotics"というデザインワークショップ
に参加し、小型機械をある場所から別の場所に移すというシンプルな作業をする
ロボットのプログラミングをしたとか。
ちょっとレッスンを受けただけで、簡単に動かせるようになります。
ここに革命の可能性があると言います。
大きな会社だけでなく、小さな会社でも安くこのようなロボットが手に入り、
家庭でも使うようになるだろうと言います。

このRethinkデザインチームには。オーストラリア、インド、スリランカ、
ポルトガル、イギリス、中国など世界のいろいろな国から多くのエンジニア
たちが集まり、構成されています。ものはアメリカで作られているけれど、
才能は世界中から集まっています。
「アウトソーシング」という考え方はありません。今日のつながった世界
(hyper-connected world)には、inやoutという考え方はなく、
“good, betterand best"という考え方しかありません。

Rethinkの創設者でオーストラリア人のRodney Brooks氏は言います。
「PCが労働者にとって代わらず、新しいことをするのに役立ったのと同じく、
ロボットも人の仕事を奪うわけではありません。人の仕事のやり方を変える
のです。」
PCが秘書の仕事を奪ったわけではなく、秘書の仕事の仕方を変えたのです。
「ロボットは働き手の延長にあり、取って代わるものではない」という専門家も。

Friedman氏は言います。
実際のところはPCはある種の仕事は奪った、特にスキルの低い仕事は奪い
ました。ただし、よりスキルの求められる仕事を作った。悪い仕事はなく
なり、よい仕事が残った、とも言える。
その世界はよりスキルが必要だし、クリエイティビティが必要である。ただし
それと同時に求められる人数は少ない。

このような変化は、人間は19世紀後半から20世紀前半に農業経済が産業経済
に取って変わられたときに経験している。今はそれと同じくらいの大きな革命
が起きている、新しい産業、新しい仕事、新しい生産性のツールが求められて
いると言います。

ロボットと人間。
人間が作ったロボットに仕事を奪われるのか。
いや、仕事のやり方、生き方を変えなくてはいけない。
本当に大きな革命の時代に生きているのだなーと感じたのでした。

みなさんはどう思われるでしょうか。
by jungae | 2012-09-12 07:23 | NewYorkTimesの気になる記事