人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

『起業家』by藤田晋

旅の報告は小休止。
サイバーエージェントの藤田晋さんの『起業家』という書籍を読みました。
e0123104_7232988.jpg

起業家として直面したいろいろなことについてかなり赤裸々綴られていて、
いろいろ感じました。気になったことを記します。

○上場して多くのお金を手にして、企業の買収の話などもたくさん来た。
「こんなのに何億円も金使うんだったら、同じものを社内で作れますよ!」
という社内の声があがったが、同じものは決して作れなかった。

○秋元康さんとの出会い。クライアントや業界づきあいなど、企業を相手に
仕事をしてきた我々に対して、ひたすら視聴者、ユーザーと向き合って、
面白いこと、心をつかむことをやろうとしていた。

○メディア事業をやりたいと思っていたものの、社長室と広告代理事業は
渋谷マークシティ21階に残したまま、新設のメディアコンテンツ部門は、
マークシティふもとの10階建ての雑居ビルに分散して入れることに。これ
は大きな間違いだった。

○経営者は経営に徹したほうが会社は大きくなると考えていた。自分で
営業したら会社は大きくならない。みんなで組織的にやることによって
個人では決してできないような大きな仕事を成し遂げられると考えていた。

○ネット業界の歴史を振り返ると、目まぐるしく変化する中で、新しいこと
をやらなくなってしまった会社はすべて消えさった。「21世紀を代表する会
社を創る」ということを掲げ、自分たちに拡大し続けることを義務付けた。
こえが新規事業への意欲を支えた。

○「社員を大切にする」「長く働く人を奨励する」ことを言い始めると、社員の
定着率がかなり向上し、やめる人が減った。新卒採用を重視するように。

○サイバーエージェントの社員は「素直でいいやつ」が大多数を占めていた。
みんなが一生懸命働き、当事者意識が強く、経営者マインドを持っているの
が良さであり、強みだった。

○インターネットメディアで「知名度」は本当に大切。

○ブログにはネット上を回遊できる仕組みができていた。

○2006年に日経本紙からベンチャー欄が廃止された。ベンチャー企業にと
って大きな痛手となった。操業して間もない企業が大企業と取引するときに
信用を付加するものとして、日経新聞に紹介されたというのは大きな説得
材料となった。日経に掲載されるとベンチャー企業はコピーして持ち歩いた。

○立ち上げ途中の事業を無理やり短期的に黒字化させても、委縮させるだ
け。30億ページビューで収益化させ始めれば、そのメディアは30億ページ
ビューのサイズのメディアになる。収益化に本気で取り組まなくとも、自然と
損益分岐点を超えていくような事業でなければ、本当に収益力のある事業
に育つことは望めない。

○ネットの場合、テレビの視聴率に当たる「ページビュー数」を伸ばすために
は、仮にコンテンツの力が3割くらいだとすると、残り7割は技術力。快適な
「サーバレスポンス」や、画面遷移やレイアウトやデザインなどの技術力が
ページビューを伸ばす。

○見城徹さんが言ってくれた言葉。
「全ての創造はたった一人の『熱狂』から始まる」
「新しいことを生み出すのは、一人の孤独な『熱狂』である」
アメーバが今日の姿のようになると考えていたのは、自分だけ。誰も相手
にしない、たったひとりの孤独な熱狂だった。

○不可能を可能にするのが起業家。皆の反対を押し切っても、逆風に晒さ
れても、窮地に追い込まれても、それでも自分で本気で熱狂しているもの
なら不屈の精神で乗り越えなければいけない。

○スマホの大勝負の行方がどうなるか、現在はわからない。でも私は今、
かつての自分以上に『熱狂』している。今でも変わらず、起業家なのです。

なんだかまたもや気になることの羅列となりごめんなさい。
書店でたまたま目にして手に取りましたが、試行錯誤や悩みが本当に
赤裸々に綴られていて、起業家の苦悩、そしてがいろいろと伝わってき
ました。変化の激しいネット業界でどう成長していくか、むずかしさも痛感
しました(書籍の中では堀江さんとのこともたくさん綴られています)。
(実は以前1度だけ電話でインタビューをしたことがあり、温厚なすばらしい
方だと思っていました。)

まだまだ試行錯誤の中だけれど、一人の経営者の記録としていろいろ
学ぶことが多かったとともに、10年後どうなっているかなーと感じたの
でした。
by jungae | 2013-05-02 07:26 |