人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

興味深い新聞の全面広告?!

日ごろInternational Herald Tribune(New York Timesが発行)
という新聞を読んでいるのですが、電子版も読みつつ、やはり古い人間
なのか、紙の新聞もよく読んでいます。
結構気になる全面広告を見つけて紹介できたらと思います。
e0123104_79509.jpg

少し前ですが、7月24日に掲載されたDolce & Gabbanaの全面広告。
こんな全面を使って何だろうと思ったら、創業者のDomencio Dolciさんと
Stefano Gabbanaさんが脱税の容疑をかけられていて、それに抗議を
するために載せたもの。自分たちが払っている税金の金額を明記。
収入として入ったかもしれないものに税金をかけようとしていると主張し、
自分たちが潔白であり、正当性を主張しています。
(D&Gは抗議としてミラノのお店を数日閉めたと聞きます。)
ラグジュリーブランドで、イメージが大事な産業なので、このために一面を
割く価値があると判断したでしょうか。

もう一つは…。
e0123104_7191027.jpg

8月14日に掲載されていた、バングラデッシュの首相に宛てたメッセージの
広告。マイクロファイナンスを提供するグラミン銀行の出資者の権利を剝脱
しようとする動きに対して抗議をしているもの。その文面が多くの企業や政府
組織、国際機関の著名な人のサインとともに掲載されています。

New York Timesでの全面広告。ネットの影響もしかりですが、このスペース
を割いて主張されると、やはりインパクトがあると思いました。
コミュニケーションの大きな一つの手段かなーと感じたのでした。

みなさんはどう思われるでしょうか。
by jungae | 2013-08-16 07:39 | コミュニケーションに関すること