アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東京国際フランス学園(LFIT)に娘が通学(その2)―まさにダイバーシティ

東京国際フランス学園(LFIT)の続きです。
逆に少しさかのぼるのですが、5月31日には文化祭のようなイベントが
ありました。
e0123104_8285612.jpg

小学校から高校まであり、いろいろなイベントがあります。
私たちはこの日、午前から予定があり、午後から参加するしましたが、
ファッションショーは大きなイベントのよう。
先生たちも参加しているのです。とても楽しんでいるよう。
e0123104_8311044.jpg

最後は親も参加して、みんなで踊っています。
親も子供も先生も楽しむというスタンス。
e0123104_8342246.jpg

今学期最後の日にはクラスで発表会。
e0123104_8345875.jpg

発表を終え、みんなでお話を聞いています。
e0123104_836296.jpg

お菓子(手作りもとても多い!)を持ち寄り、みんなで懇談。
e0123104_8431297.jpg

父の日、母の日があったので、たくさん絵を描いていました。

ちなみに発表などはクラスによってまちまち。何クラスか合同で大きな
発表をすることもあれば、ダンスをしたり、歌を歌ったりもあるそう。
e0123104_8434420.jpg

校舎の壁には朝がおがきれいに咲いていました。

フランスから戻り、1か月半通ってみました。
50カ国以上の人たちが通っていて、本当に多種多様。
英仏バイリンガルクラスがあるので、イギリス、アメリカ人の子供たち
も結構います。あとはラテン語系の言葉を話すイタリア、スペイン、南
米の方もいたり、アジアの方もいたり。
どちらかが日本人という方もいれば、駐在で来ている人もいれば、
永住しているフランス人ご夫婦もいたり。
多種多様、まさにダイバーシティ。
そんな体験を少し積んでもらえたらと思い、今回参加してみることに。

9月からの正式入学を検討はしたものの、やはり自宅から遠い&
保育園のお友だちが地元の学校に通っているということもあり、
今週から地元の小学校に通うことに。
e0123104_8535822.jpg

やっと買ったランドセル。うれしいようです。

ダイバーシティを身を持って体験したでしょうか。
何かしら感じてくれたらと思ったのでした。
by jungae | 2014-07-05 09:06 | パリHECParis親子留学記