アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

IDEO CEO Tim Brown氏の講演

こんにちは。久しぶりに大学院でのこと。
(どの大学院に行っているか、覚えていますか?! 慶応義塾大学大学院
メディアデザイン研究科
というところです。)
実は全然行けていないのですが、先日世界的なデザイン会社である、
IDEOのCEOのTim Brown氏が来日し、講演会がありました。
e0123104_9261319.jpg

いろいろと考えさせられることを言っていたので、まとめてみます。

◆Creativityがますます重要になっていて、デザイン思考も国境、様々な分野を
超えて注目されている。IDEOでは、デザイン思考をどのように使っているのか?
デザインはとてもマジカルでミステリアス。未来をつかんで今の持ってくるよう
なもの。世の中に好奇心を持ち続けることで、疑問を持ち続けることになる。
「なぜ私たちはこれをするのか?」「なぜうまく行っていないのか?」
デザイナーは最初は個人的にスタートするが、コラボレーションをすることで
さらに広がっていく。
直感がそれが現実的なもの、具体的で、実態のあるものになる。
デザイナーは直感的にやるが、デザイナーでない人にとってもデザイン思考は
とても大切。より複雑な問題に立ち向かうとき、それはとても重要になる。
Cocreate(共創)、コラボレーションの時代。多様なバックグラウンドを
もった人を持つことは大切。
デザイン思考はプロセスではあるが、直線的ではない(Linear)ではない。
直線で使う時もあれば、ときに脱線する必要もある。フレキシブルは大切。
問題が複雑になればなるほど、デザイン思考と従来の手法をうまく組み合わ
せることが大事。

◆慶応などの高等教育機関はMOOCSなどのオンライン教育(MITや
Stanfordなど)の脅威にさらされているが、どう思うか?
教育をより多くの人が受けられるという意味では、オンライン教育はいい。
IDEOもあるオンラインコースを大学と一緒にやっているが、50%の修了率
を誇り、評価が高い。修了率を上げる秘訣としては、3人以上がチームを組
んで、実際にコラボレーションして課題に取り組むことを課した。
高等教育にいろいろな選択肢があっていのではないか。高校を出て働いて
戻ってくる。働いてまた学校に行くなど。
大学という形式が生まれて1000年以上たっているが、その形は全然変わっ
ていない。Researchとteachにばかり力を注いできた。それはもう遅いの
ではないか。Design思考はまた違う視点で教育を捉えている。
全員が大学に行かなくてもいい。ドイツの制度はいいのではないか(マイ
スター制度など)。

◆伝統的な会社はデザイン思考をどう使えるか?
昔のパラダイムは…
大部分は変わらず(同じ)、少しだけ変わる
しかし今は…
大部分が変わり、少しだけ変わらず(同じ)。
環境が劇的に変化し、仮説も変わっている。
それに合わせて組織のデザインも変わる必要がある。効率性を求めるやり
方はもう時代遅れで、危なくさえある。キャパシティを広げないといけな
い。新製品開発の重要性が高まっているが、それがうまくいっていない。
大企業にも果たす予定が大きい。ニッチではなく、マスをターゲットに
しているから、そこが変わるとインパクトも大きい。
組織は常にイノベーションを続けないといけない。

◆世界的な課題、様々な知識をどう集約して社会に貢献していくか、
そこにデザイン思考をどう使えるか?
ある途上国の女性の妊娠問題に取り組んでいる。NPOと組んだり、政府
と連携したりしている。短期的なリターンを求めるものだけでなく、
長期的にビジネスを考えていくものも今後は見ていく。

◆IDEOの中でどうコミュニケーションをしているか?
Onlineのプラットフォームがあり、そこで情報共有をしている。
「10 challenges in five years(今後5年間の10個のチェレンジ)」
というのを設け、議論をしている。

◆世界経済フォーラムで、circular economy(循環経済)というのが
話題になったが、どう思うか?
現実はかなり複雑だと思う。ものの作り方自体を変えないといけない
こともある。Biology(生物学)は今後あらゆる人が学ぶ必要があるの
ではないか。
本当にcircular economyが本当に可能かどうかを考えないといけない。

◆Creative economyが言われるようになっているが、そのいい例と
なる都市はあるか?
Creative economyがどういうものかしっかりと定義する必要はある。
私の定義はいわゆるクリエイティブ産業(エンターテインメント、建
築など)と他のあらゆるセクターの産業が協力し合い、作っていくも
のだと考えている。
韓国はいい例と言えるかも。15年前までは全然その考え方がなかっ
たが、「K-pop」をはじめ、音楽、映画をうまく売り出している。
テキサスのオースティンも、ライブ音楽を楽しめる場所として売り出
している。シリコンバレーもそういう動きがあり、フィンランドやシ
ンガポールも面白い。

◆何か聴衆にメッセージはあるか?
日本には大きな可能性があると思う。小売りは素晴らしいし、食文化
もある。起業家への投資を積極的にすべき。特に、初期投資はある程
度もらえるが、スケールアップを助ける投資は必要ではないか。
オリンピックはひとつの大きな契機になり、ツーリズムも流行るので
はないか。伝統的なものと新しいものをどう見せていくか。伝統的な
ものと新しいものをつなげている人が必要。

◆Creative leadershipについて
1つにはCreative entrepreneursがいる必要がある。2つには、組織や
政府でリスクをとって、そういうアントレプレナーズを支える仕組み
が必要。

◆失敗(Failure)を恐れる文化があるが。
失敗をよしとしない文化は他の文化でもある。ただし、何か新しい
ものができるということは、その下に数多くの失敗があるから。
失敗(Failure)という言葉自体がおかしいかもしれない。「それで
終わり」みたいな印象を受ける。
「学び」ではないか。
個人、組織、政府、学んだ知識をどう使うかが一番の課題。
アメリカは失敗から得たもの、知識を活かしてきた。
How can we maximize the learning(学びをどう最大化できるか)?

答えは一つではない。
答えが一つという文化があるし、教育を通じてそれを教えこまれて
いるところがある。
世界が全て定義されているとは思うな。新しい答え、ソリューショ
ンが常に出てきていて、クリエイティビティを養う必要がある。

◆ダイバーシティとはどれくらいのものを指すのか?
公式というものがあるわけではない。自分と異なる価値観をもった
人を入れること。ただし、Diversity of mindset(マインドセットの
多様性)というのもあり、1人の人の中に、様々なダイバーシティを
持っている人もいる(いろいろなところに旅をし、いろいろな人に
会い、文化に触れたりなど)。

◆Creative Entrepreneurs
トップダウンだけでもだめで、草の根レベルのものも必要。上と下
から押していくことで、徐々に変わっていく。

かなり長くなってごめんなさい。
私自身は実はちょっとしたところなのですが、以下が気になったの
です。
==
起業家への投資を積極的にすべき。特に、初期投資はある程度もら
えるが、スケールアップを助ける投資は必要ではないか。
==
起業、起業と言われるのですが、ある程度小さなものはできても
それをどうスケールアップするか、悩んでいる人もいるのでは
ないか。その支えは必要ではないかと思ったり。
実際に起業して、ただ、現実問題としては、家を買うときとか
にしたときに、無名の会社だとなかなかローンがうまく組めな
かったりして、そういう制度も見直していくべきではないかなー
とも思います。

ちなみに、日吉はいちょうがもう少しで色づきそうで、きれいでした。
e0123104_9272333.jpg

きれいな黄色になるのは、あともう少しでしょうか。

実は修士論文の提出が12月19日。
1カ月を切りました。ちょこちょこ書いているのですが、あともう一息。
がんばります。
by jungae | 2014-11-20 13:34 | KMD大学院生活