アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北京オリンピック閉幕、中国の今後

北京オリンピックが24日(日)に閉幕しました。
開幕前にはいろいろな問題が浮き彫りになりましたが、無事に終わりました。
中国は史上最多の51個の金メダル、21個の銀メダル、28個の銅メダルを
獲得したとか。金メダルの獲得数は参加国中第1位に。
(総メダル数は、110個のアメリカ(金36個、銀38個、銅36個)が1位です。)
北京オリンピックに向けて、選手育成に取り組んだ成果が出た形です。

選手育成だけではなく、建設ラッシュも進みました。
北京オリンピック開催が決まってからの経済発展には目を見張るものがあります。
昨年の10月に北京を訪れるチャンスがあったのですが、高層ビルが立ち並び、
ルイ・ヴィトンやプラダ、グッチなどのブランド店が立ち並び、ここが中国だろうか、
先進国の都市と変わらないなーと思いました。
(あと数年したら、世界の都市はほぼ変わらなくなるのではないかと思います。)

北京オリンピックに向けてあらゆる準備をしてきた中国。
その宴が終わり、これからどうなっていくのか。
開催と同時に株価が下落し、オリンピック後への経済発展への懸念が
すでに明るみに出ています。
世界的な経済不況も言われる中で、これからどう歩んでいくのか。
日本にも大きな影響を受けると思うので、注視していきたいと思います。

なお、アスリートたちの真剣勝負をとても楽しみました。
身震いすることが本当に多かったです。
これを目標にがんばってきて、成果を出せた人、そうでない人がいると思いますが、
何かを一生懸命にやる姿はかっこいいですね。
感動をありがとう。
by jungae | 2008-08-27 06:36 | NewYorkTimesの気になる記事