アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

オバマ氏が民主党の大統領候補に

オバマ氏が、民主党の党大会で民主党の大統領(44代目)候補に正式に指名されました。

民主党大会には、クリントン夫妻がともに登場し、「オバマ氏こそがアメリカをリードし、
世界でアメリカのリーダーシップを取り戻すにふさわしい人物」だとたたえました。

白人男性ではない人が、大統領候補に選ばれるのは、初めてです。
最近は一時の熱烈な人気が衰え、人物像が良く見えない、ロシアとの関係が悪化する
中で、それに立ち向かえるのは経験豊富なマケイン氏だという声を聞こえてきます。

政治家としては経験は足りなく、未知数な部分も多いのも事実です。
ただ、いろいろなバックグラウンドを持ち、様々な人生経験を積んできたオバマ氏だから
こそ、これまでにはない視点で、いろいろなことに取り組んでくれるのではないかとも
思います。

8月28日のInternational Herald TribuneA biblical Seven Years
という記事を見つけました。
World Is Flat(フラット化する世界)を記したThomas Friedman氏が書いた記事です。

北京オリンピック開催が決定したのは、2001年7月13日。
あの9.11テロの2ヵ月前なのです。

その後7年間、アメリカと中国の歩みの違いは歴然としています。
アメリカはイラク戦争やテロリストとの戦いで疲弊する一方で、中国は
オリンピックに向けて建設、都市開発を進めてきました。
その違いが今顕著に現れつつあります。
ニューヨークのラガーディア空港から交通渋滞に巻き込まれ、なかなか
マンハッタンに着かない。一方で、一方で上海の空港からは電車で数分で
ダウンタウンの到着できます。
どちらが「第三世界」か、わからない状況です。

フリードマン氏は続けます。
今のアメリカに必要なのは、イラクやアフガニスタンからすぐ撤退し、
アメリカという国自体を再建すること。テロリストとの戦いやロシアとの
緊張関係を解決する必要はありますが、まずは、アメリカの再建が
最優先です。オバマ氏はそれに取り組まないと言います。

21世紀にどんな世紀になるのか。それを決める大きな変化が起こって
いるように感じます。

注目して見ていきたいと思います。
by jungae | 2008-08-30 07:53 | NewYorkTimesの気になる記事