人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リッチな人ほど働く?

「リッチな人ほど働く」
9月4日のInternational Herald Tribuneで、Rich man's burdenという記事が
紹介されていました。

アメリカのビジネスパーソンの中で、バケーションに行っても、PCや携帯を持ち運び、
働いている人が増えています。今はリッチになればなるほど、ストレスが大きくなり、
働く時間も増えている、所得の上位20%に入る人たちの働く時間は、1980年から
80%も上昇しているとのこと。

この原因をPCやネット、携帯が発達し、いつでもビジネスができるからという向きも
ありますが、それだけではないと言います。

1つにはミドル層と上層の差がとても広がっているとのこと。アメリカの人口を
所得別に半分に割ると、下半分の層の所得格差はこの数十年ほぼ変わっていない
のですが、上半分の所得の格差は顕著に広がっています。

年間20万ドル以上を稼ぐ人たちは、「自分よりもたくさんのお金を持っている人を
見ると、自分が貧しく感じられる」と思っている人が多く、もっと働かなくてはと思う
ようです。

「一生懸命働いて、いつか自分や子供たちが働かなくてもいいようになりたい」
これが定説だったのに、この現象は、驚くべき変化だと指摘しています。

お金は稼いでも稼いでも、もっともっとほしくなる。
きりがないんでしょうね。少し悲しいと思いつつ、人間の欲は底なしと感じました。
by jungae | 2008-09-05 06:54 | NewYorkTimesの気になる記事