人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

オバマ氏の経歴を見て考えること

オバマ氏が1月20日に第44代アメリカ大統領に就任しますね。
就任式の準備などで、アメリカは盛り上がっていると聞きます。

仕事で使う&自分も感心があったため、『オバマ演説集』(朝日新聞出版)
を購入しました。とても売れているようですね。

この本で、もちろんスピーチも気になったのですが、彼の経歴を見て
考えさせれるものがありました。ニュースの報道では、いろいろと報道
されていますが、詳しく知ったのはこれが初めてです。

私が気になった経歴は次のとおり。
1979年 ロサンゼルスのオキシデンタルカレッジに進学
1981年 コロンビア大学に編入
1983年 同大学を卒業後に出版社などに勤務
1984年 シカゴに移りコミュニティ・オーガナイザーに
1988年 ハーバード大学法科大学院に入学
1990年 『ハーバード・ロー・レビュー』初の黒人編集長に
1991年 法科大学院を修了しシカゴの法律事務所へ

彼が弁護士だとは知っていましたが、最初から弁護士を志していた
わけではないということを初めて知りました(遅いですね)。
大学を卒業してから、5年後に法科大学院に入学しており、結構紆余
曲折しているのだなーと感じました。

うまく言えないのですが、日本では何歳になったらこうなっていないと
いけないという考え方があったりする気がします。一方で、よく言われる
ことですが、入った大学でその後の人生がすべて決まってしまうことが
多いかもしれません。

もちろん努力が必要になりますが、オバマ氏の経歴を見て、人生は
紆余曲折してもよい、逆に試行錯誤して努力をする中で、自分のできる
ことは見つかっていくと感じました。

「やり直し」という言い方が正しいかどうかは、やり直しのできる場、いつ
でもチャレンジし続けられる場を提供するのが、大事なのではないかと
思いました(アメリカは事業などに失敗しても、再度立て直して復活する
人が多いと聞きますし)。

それにしても、オバマ氏はスピーチがとてもうまいですね。
ぱらぱらとめくるだけで、目に留まるキーワードがちらほらと目に入ります。
言葉の大切さを理解しているとともに、情熱を持って語りかけていて、
それが人々の心をつかむのでしょうね。
20日の就任式でどんなスピーチをするのか、そちらも注目したいです。
by jungae | 2009-01-18 08:30 | 経営者の視点