人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

2009年 03月 31日 ( 1 )

保育園に通い始めて1年

保育園に娘が通い始めて、今日でちょうど1年がたちます。
いろいろ大変なこともありましたが、ただ、ふり返ると、あっという間ですね。
最初はぐずったりもしていましたが、今では保育園に行って、大好きな先生や
友だちに会うのが嬉しくてしょうがないようです。
友だちからもたくさんの刺激を受けているようです。

先日子供も交えて、クラスの懇親会をしたのですが、友だちに手をふったり、
おもちゃでいっしょに遊んでいました。その姿を見て、成長したなーと改めて
感じました。

クラスにはイタリア人のパパがいて、イタリアの子育ての話などもしてくれます。
娘にはいろいろな文化と触れ合って育ってほしいと思うので、いい機会だと
思っています。

子育てをしながら働くということは、大変なこともたくさんあります。体調を崩
したときに呼び出されて、打合せをキャンセルしたり、仕事ができなかった
ことも幾度となくありました。

ただ、一方で、子育て一辺倒にならず、子育て以外の場を自分自身が持って
いることで自分の生きがいを感じられることもあったり、離れている分、会った
ときに娘に対して深い愛情を持て、やさしくなれたりするので、私自身にとっては
働くということ、仕事は大切なのだと感じています。

最近『働くママに効く心のビタミン』という本を知人から紹介されて読んでいます。
働くママとして、とても共感することが多く、刺激を受けました。
いくつかご紹介します。

○2度目の職場復帰のとき、メインの仕事からはずされたとき言われた言葉。
「会社の中にムダな仕事はひとつもない。お茶出しも立派な仕事。どんな仕事
からでも何かを得ようとすることが大切なの。・・・」

○保育所に通ってかわいそう?と言われたら、
「子どももがんばっているから、私もがんばれるんです」と笑顔で答えましょう。

それ以外に、役立ったアドバイスは、

ママが「働く理由」を子どもが納得いくまで話し合うということ。

今はまだよくわかっていないかもしれませんが、これから言葉を覚え、いろいろと
わかってきたら、ぜひ私がなぜ働きたいのかを話していきたいと思います。

いろいろなエッセンスがつまった本なので、良かったら手にとってみてください。

課題は山積みですが、自分なりに子育て&育児を楽しんでいきたいと思います。
いつもほんとうにありがとう!!
by jungae | 2009-03-31 07:13 | 子育て&家族