人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

2010年 01月 30日 ( 1 )

台湾では死んだ人を処置する仕事の人気が高まっているそうです。
(記事がネットでは見つからないので、簡単に要約しますね。)

ある葬儀会社が10人の人員募集をかけたところ、2,000人の応募がありました。

一番の理由はお金。資格を持った人は年間37,500ドル稼げるそうで、これは
ジュニア・エンジニアと同等、美容師の倍の年収になるとか。

台湾の人はもともと葬儀を重んじる傾向があり、その分お金をかけ、1人につき
平均して12,000ドル使っています。
葬儀業界はイメージを一新しようと努めています。美容室でこの産業に参入する
お店も増えているそうです。

人気の一因に、映画“おくりびと”の影響もあるとか。
死と正面から向き合う主人公の姿を見て、イメージが変わったとも言います。

その時々で人気のある職業が変わっていきますが、世の中の変化をよく反映
しているのかもしれないですね。
by jungae | 2010-01-30 08:34 | そのほかの気になる記事