人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

2010年 06月 02日 ( 1 )

エコトワザという会社を経営されている大塚玲奈さんと昨日久しぶりに
お会いし、ランチをしました。

大塚さんは、日本の素敵なエコアイディアを世界に発信するということを
目指して会社を立ち上げられ、「環境ビジネスウィメン」にも選ばれ、本当
に大活躍されていています。

たまにお仕事をいっしょにさせていただいていたりするのですが、高い
志を持っていて、とても勉強になります。

「環境」への意識は最近本当に変わってきているようです。
以前は「環境」という話をすると、企業にとってはお金がかかるだけで、何も
生み出さない、費用対効果が低いというように捉えられていました。
(書籍の編集者だったときに、「環境経営」という本を手がけたことがあるの
ですが、当時は全然売れませんでした。)
けれど、今はまったく逆で、企業は環境を無視したらやっていけない状況に
なっています。

大きな時代の変化なのでしょうね。

大塚さんは幼少の時期をアメリカで過ごされ、日本に戻ってから環境に関心を
持つようになり(自身がぜんそくを患ったのが少し影響しているようです)、高校
生の頃から環境に関することで起業することを考えていたとか。

ずっと考えていたのが、環境をビジネスとして成り立つものにすること。
NPOではなく、環境で収益を上げ、ビジネスとしてやっていく。
自分がその第1号になることで、後に続く人たちが育っていってほしい。
そう考えていらっしゃるようです。

いくら多くの人が環境に興味を持っても、それがビジネスとして成り立たな
ければ継続しないし、マーケットも産業も育たないですよね。

すごい着眼点だなーと思いました。

また、日本には良さを世界にPRしていきたいと思っていらっしゃることに、
とても共感しています。
(私も微力ながらそんなことをしていきたいなーと思っています。)

まだまだお若いのですが、本当に素晴らしい志を持って、それを着々と
実現されている。同じ会社経営者としてまだまだ未熟ですが、私も少し
でも近づけたらと思ったのでした。。。

大塚さん、ありがとうございます。ますますのご活躍を祈っています。

ちなみに、昨日は新宿ルミネにある和カフェ・ユソーシでランチをしました。
e0123104_6254490.jpg

デリランチ(950円)。お総菜が一品一品手が込んでいて美味しかったです。
店内はゆったりとした和の雰囲気で、大塚さんにぴったりのように思ったのでした。
by jungae | 2010-06-02 06:31 | 経営者の視点