人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

2010年 08月 15日 ( 1 )

東京国立新美術館で行われている、オルセー美術館展に、昨日行ってきました。

美術にそんなに造詣が深いわけではないのですが、オルセー展には行きたい
なーとずっと思っていました。16日(月)に終わってしまうので、行って
みることに。

1カ月ほど前に行った母に聞くと、入場までに1時間待ったとのこと。
子ども2人を連れてどうかと思ったのですが、事前に混雑状況を知るために、
美術館に電話してみることに。担当者の方がとても親切に話しれくれました。

「12時10分の状況になりますが、50分待ち程度になります。暑いので、
水分補給は十分にされてください」

とても丁寧で、好感が持てました。
あとで、国立新美術館のHPを見てみると、混雑状況がタイムリーに
わかるようになっていました。
便利になっているのですね。

実際に現場に行ってみると、50分待ちの札が出ていましたが、係の方が
うまく誘導していました。子供たちが飽きてしまうので、主人が場所を
確保しつつ、私と子供たちは外のテラスを少し散歩し、途中で再度合流。
(それもうまく誘導してくださいました。)

40分程度で中に入れたと思います。
中はすごい混雑で、なかなか近くに行って見ることができなかったので
すが、遠巻きに眺めながら、自分たちのペースで堪能したのでした。
もう少しすいていたらいいなーとは思いますが、期間限定の人気の企画展
なので、しょうがないですね。
(ちなみに、同じ会場でやっていたマン・レイ展のチケットを持っており、
それもちらっとのぞいてきましたが、人が多すぎず、堪能できました。)

パリのオルセー美術館に行ったときに、炎天下で2時間近く待ったことが
あるのですが、それに比べると、とても上手に誘導しているなーと感じ
ました。

私の母は込み具合に少し辟易していましたが、私自身はこれだけの人が
集まる中で、事前に混み状況を知らせたり、待っている際に気遣ってく
れたりして、いろいろ工夫を凝らしているように思いました。

絵とは関係ないことですが、何かの運営って大変なんだろうなーと思い
つつ、混雑を予知したうえで、どのような最善策を練っていくのか、
それがとても大切だと感じたのでした。

ちなみに、終了後は1階にあるカフェコキーユで期間限定のドリンクを
飲んでみました。
e0123104_7434086.jpg

ゆず緑茶。さっぱりして美味でした。
by jungae | 2010-08-15 07:51 | 経営者の視点