人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2012年 05月 27日 ( 1 )

5月21日―5月25日のKMD

5月21日~21日のKMD(慶応メディアデザイン研究科)の授業など
についてまとめたいと思います。
今週は基礎科目がそろそろ終わりを迎えつつあり、プレゼンが結構
多かったです。少し長くなりそうです。

<メディアマネジメント基礎>(石倉洋子先生)
○慶応義塾大学の成長戦略を考える
―収入源をどこから得ているか。
企業からのお金が上がっている。
社会に対する注目が高い
―北京大学の校弁企業
慶応大学自体が直接企業経営をしたらどうか。
―外国人留学生が少ない。
サウジアラビア、中国、インドから受け入れたらどうか。
→原因があって、それをストレートにするのは面白くない。
全然違う解決案はないのか?
外国人が増えれば日本の大学は良くなるのか?
ー分析とは比較
○日清食品の成長戦略を考える
―業界自体の違い&競合
海外企業は営業利益率が高い
規模と安定性を重視
きれいな水は必要ではないか。
―健康といえば日清というイメージを入れる。
ブランディングコーポレーションの実現。
そもそもの理念は何?

イシューの立て方が異なる
―非常時用の食品を作ったらどうか。
企業の価値は売り上げと利益ではない。
社会貢献を考えてもいいのではないか。
―インドネシアへの進出
イスラム教徒への食品提供
日清はハルアル食品。
ハルアルの表示が必要。
狙うはアフリカ。
ケニヤで55プロジェクト。
→定着させるためにはどうするか。
食に対する新しい提案をしたらいいのではないか。
○ファーストリテイリングのCSR戦略
―社会貢献とは何か。
社会の持続可能性
企業の持続可能性
社会貢献活動を行っていることを知っている人が少ない。
バングラデシュにFACEBOOK上で工場をつくる。
社会の問題をしっかりと明確にしている。
―CSVの観点
UNIQLOの都市部(ダッカ)への出店
→ポーターは何を言っているのか、というのをみて、
それをもとにFRを評価している。
何か基準を持って評価する事が大切。
誰かのものを使ってもいいし、自分たちで評価軸を
作ってもいい。
―2020年に20兆円の企業になる。
今世界で5番目。
GAPとの比較。
1 服をキーにしたCSR活動
2 新たな社会問題への取り組み
 高年齢層者の雇用、ニートの再出発支援、雇用のとどまらない
 障害者の就労支援
→世界でどういう位置にあるのか、他は何をしているか。
GAPがBONOが始めたProduct Red
「So what?」と問う姿勢が大事。
行動にどうつなげるか。
○オイシックス
MIillenium Development Plan
―国連ミレニアム宣言
2015年までに達成すべき8つの目標を提示
東アジアでは改善されつつあるが、サブサハラの国では解決され
ていない。
―専業農家を育てる
農家支援のプラットフォームになっていくこと。
―日本食を広める
社会的な問題を解決することになるか。
→慈善にとらわれる必要はない。
アフリカに行って感じたこと。
ヨーロッパは上から目線。
中国は対等にビジネスとして触れてくれる。
【必要な力とは?】
問題の見極め、定義
仮説をたてる:原因、理由、解決案
情報を集め、分析して解決案を提案
ストーリーにまとめあげる
周囲を巻き込んで、実施する

【問題解決能力】
批判的思考  創造的思考
様々な視点から見る

<メディアテクノロジー基礎>
認証―君が誰であるかを証明すること
写真は案外信用できない。
複数のIDを併用。
偽造が困難でなければいけない。
良い暗号
鍵が長い。
解きにくいアルゴリズムであること。
*デジタルの世界では、絶対に安全ということはない。
ハッシュの数字からファイルを作るのはとてもむずかしい。
鍵は時々変えないといけない。

<メディアデザイン基礎>
iPhoneをどう説明するか。
企画書、文字にすると、魂が抜ける
実物を持っていってデモができたらいいができないことが多い。
手にできないものをどうデザインするか。
人に伝えるときに言葉以外のことがないか
頭の中のイメージがどう動くのか
動くモデルとして伝える
動きを使った言語、ものを使った言語があるのではないか
e0123104_9475666.jpg

手を使ってものをつくることが大切ということで、Arduino
というデバイスを使って電気を光らせてみました。
e0123104_954483.jpg

はんだづけもやってみました。
○先生方が最近気になること
―自分で作る、DIYの変化
Maker Faire
プロやプロの境目がなくなりつつある
DIYが日曜大工からそれ以外のものに広がりつつある
作ろうというムーブメントが起きている
―Khan academy
第3次革命。
2、3年で終わってしまうのではないか。
作っている先を見ながら作ることが大事。
―「自動」から「自在」
体験、身体の拡張。
夢と現実の違いは?
OnとOffの境目がなくなるのでは?
古いものの中に面白いものがある?
○Web
web as emerging media
-it can connect to other webs
-it can't track people's behavior
人間は8秒しか待たない。

気になることの羅列になり、ごめんなさい。
今週はプレゼンがメインだったのです、想像以上にみんなプレゼン
がうまく、すばらしいなーと思いました。
一方で、週半ばに紹介したように、メディアテクノロジー基礎の
試験がありましたが、それは惨敗。補講&レポートを頑張りたい
と思います。

なお、6月からはKMDの特徴である、リアルプロジェクトがスタート。
一応石倉洋子先生のプロジェクトに所属する予定。
6月は15日間、7~9時まで集中講座をして、書籍や時事的なニュ
ースを読みながら、英語で議論するとか。
彼に話し、子供の保育園の送りはやってくれるとか。感謝。
6月もハードになりそうですが、頑張ろうとおもいます。

よい日曜日を過ごされてください。
by jungae | 2012-05-27 10:12 | KMD大学院生活