人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

2013年 05月 11日 ( 1 )

デジタルメディア政策

慶應メディアデザイン研究科で「デジタルメディア政策」という授業を受けました。
ミッシングリンク―デジタル大国ニッポン再生』という書籍を記した、谷脇康彦
さんが講義をしてくれました。

総務省に勤められる方ですが、いろいろ感じることがあったので、まとめてみます。

○日本のブロードバンド普及率は世界一。
ただ、それをうまく活用できていない。5つのミッシングリンク(失われた環)
があるから。

○ミッシングリンク1 機器とサービスがつながっていない
進展する情報のアンバンドル化。
通信は1対1、放送は1対N(多数)、ソーシャルメディアはN対N。
ここには情報を整理する人、プラットフォーマーが必要で、重要になる。

○デジタルエコシステムの登場
 垂直統合モデル1.0      →  垂直統合モデル2.0 
 コンテンツアプリケーション    Apple ネットワークに依存しない
 プラットフォーム            Google ネットワークに依存しない+クラウド
 ネットワーク

○「モノのサービス化」
ものだけでは資金を回収できない。
Goods Dominant Logic→Service Dominant Logic
ものづくり+サービスが必要になる。

○オラクルCEOの言葉
昔はマイクロソフトとインテルといったようなソフトとハードを別に調達してシステム
を構築したが、インターネットの時代を迎え、一体化したほうが効率がよく、使い
勝手がよくなった。アップルがいい例だ。
ソニーなどの企業はハードは強いが、ソフト開発力に欠けていた。

○カリフォルニア大学バークレー名誉教授Robert Cole氏の言葉。
ソフトこそが中核技術。あらゆる分野、業界でITは組織は業務のあり方、
ソフトを軽視してはいけない。

○ミッシングリンク2 供給者と利用者がつながっていない
日本は買い手の洗練度 世界1位
    イノベーション力 世界1位
しかし、iPhoneを使っている。なぜか。

○工業デザイナーの深沢直人の言葉。
Appleが成功したのは、人間の欲求に素直に沿っただけだ。
開発から生産まで全部自分でやろうとする「自前主義」からなかなか脱却
できないでいる。

○情報流通連携基盤を作らないといけない

○ビッグデータ
 Volume(データの総量)
 Variety(データの種類)
 Verocity(データ生成の速度)

○オープンデータ戦略の目指す方向 
蓄積・保存される膨大なデータ+ データ感の相互依存関係の解析(見える化)
韓国 電子政府の評価項目にあるところにリソースを張り、1位を取って
クラウドサービスの普及を図るべき分野

○求められるオープンイノベーション
Henry Chesbrough
「イノベーションの分割」とは、他社と携帯し、あるいは他社とアイデアを売却し、
そして、その他社がアイデアを商用化するというシステムのことを指す。
企業は自社のビジネスモデルをオープン化する必要がある。ビジネスモデルを
オープン化できた企業の成長可能性は高まる。

○Design Thinking
イノベーター間のコラボレーションで生まれる。
ファシリテーターとファブリケーターが必要。

○ミッシングリンク3 情報通信産業と他産業がつながっていない

○ミッシングリンク4 国内市場と海外市場がつながっていない
ICT健康モデル(予防)の確立

○ミッシングリンク5 官と民がつながっていない
日本のデータは海外に蓄積されている。

○「忘れられる権利」が必要ではないか。
個人情報保護法からプライバシー保護法へ

○スマートとは?
OECEのスマートの定義は、
アプリやサービスが過去の状況を学び、他の端末や利用者に伝えることが
できる。これらの端末や利用者は、“状況”に最も適合できるよう行動を変え
ることができる。

○ネットは第5の空間と言われる。
陸、海、空、宇宙、サイバー。第5の軍事空間と考えられる
インターネットは自由であるべきか、国益とどうからむのか。

なんだかまた羅列になり、ごめんなさい。
ただ、ネットと国家、かならず考えていかないといけないし、考えさせられ
ました。

東京は雨の土曜日です。よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2013-05-11 11:32 | KMD大学院生活