アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アカペラのライブに

アカペラのライブに、昨日娘を連れて3人で行ってきました。

彼の会社の同僚(私の前の同僚でもあります)が出演するので、誘われて行きました。
アカペラ★トレイン 始発号という名前のライブ。

主人の同僚の人は、アンサンブルAlephというバンドに入っています。
その他にコイケコナ☆Qというバンドとののジョイントライブのようでした。
(彼の奥様はコイケに入っていました。)

娘は「ここはどこだろう?」みたいな神妙な顔をしながらも、楽しんで見ていました。
最近拍手ができるようになったのですが、周りの人が拍手しているのをみて、
手をたたいて喜んでいました。

アカペラのライブを見るのは初めてだったのですが、なんとも平凡な感想ですが、
人の声だけでこんなに素敵な音楽がつむげるんだーと、感心。
そして、みんながとても楽しんで歌っていていいなーと思いました。
コナ☆Qは「Tsunami」や「北の酒場」を歌ったり、郷ひろみの曲をアレンジして歌ったりして、
身近な曲が多く、笑いをとりながら歌っていて、とても楽しみました。

彼が歌っているというのは聞いていたのですが、実際に見るのは初めて。
会社とはまた人が違って、新鮮でした。会社とは異なる顔があるのを発見。
ベースを担当しているのですが、素人ながらに、一番むずかしそうに思いました。

私自身は歌は全然だめなのですが、好きな仲間と集まって歌うのは楽しいだろうなーと
思いました。会社とは別に、こんな場所があるのははいいなーと。
(娘ができて、なかなか習い事などはできずにいますが。)

娘にはいろいろな音楽を楽しむ機会を与えたいと思います。
楽しいひと時を過ごした時間でした。。。
by jungae | 2008-06-29 06:46 | 余暇

手に職をつけるとは

昨日の昼に、成澤秀麗さん、そして彼女のお友達の方とランチをしました。
お友達の方は、とてもビジネスセンスがあって、アイディアが豊富でした。

その中で、話題になったのが、「手に職をつける」ということ。

成澤さんは書道家として、すばらしい能力をあり、それを生かしてお仕事をされている。
まさに「手に職をつけている」と言えます。

私たちには何があるだろう。

お友達の方は、「ものを売ることが大好き」で、「物を売って人にうれしくなってもらうのが
幸せ」と言います(今はネットショップをやっていらっしゃいます)。お客様に喜んでもらう
ために、「どんなラッピングをしよう、どんなメッセージカードをつけてあげよう」と考え、
いろいろ工夫したことに対して、喜びのメールをもらうと、本当に嬉しいと言います。

その話を聞いたとき、そのように思えるのもその人にしか感じないもので、「手に職」と
言えるのではないかと思いました。

ただものを売って儲ければいいやと思う人もいたり、ものを売ること自体に全く関心が
ない人も多いです。けれど、その中で、「ものを売ってそれでお客様に喜んでもらえる
のが何よりも幸せ」と言い切れるのは、「手に職をつけている」ことと同じで、「大きな
武器」だと言えます。

「手に職をつけたい」と思う人は多いし、私自身もずっと思ってきました。

ただ資格を取るとか、特殊技能を身につけるということではなく、自分だけが仕事を
通じて自分だけの喜びや楽しさを感じられるのであれば、それも立派な「手に職」と
言えるのではないでしょうか。「天職」と言うのかもしれません。

新しい発見です。この出会いに感謝です。

ちなみにランチは、銀座 あら田で、レディースランチ(1365円)をいただきました。
by jungae | 2008-06-28 06:28 | 経営者の視点

副都心線 初乗車

副都心線に初めて乗りました。
新宿タカシマヤのレストランで、ランチを交えて人とお会いすることがあり、
それならば使ってみようと思い、初乗車しました。
(先日テレビで、タカシマヤまで地下道で行けるようになったと言っていたのです。)

渋谷で東横線を降りてから副都心線のホームへ。遠いかと思いましたが、
半蔵門線の改札口から歩いていけるので、それほど遠さは感じませんでした。
安藤忠雄さんが設計したという近未来的な建物。
確かに未来都市みたいな感じがしました。

電車はスムーズにきて、およそ7分程度で新宿三丁目に到着。タカシマヤには徒歩3分。
タカシマヤはJRの駅からは少し離れているので、あまり行ったことがありませんでした。
ただ、これだと濡れずに行けるので、便利になったでしょうか。
帰りは急行に乗れて渋谷まではおよそ5分。なかなか快適だと思いました。

新しもの好きで、いろいろトライしてみたいと思っています。
街の移り変わりを見ていくのは楽しいですね。

なお、タカシマヤでは自然派イタリアンのカノビエッタ タカマサ ウエタケに行きました。
サツマイモと豆乳のスープ、フレッシュトマトを使ったスパゲッティをいただきました。
とても美味しかったです。
(それにしても、女性だらけ。。。)
by jungae | 2008-06-27 06:42 | 個人的なこと

立ちました!!

娘が昨日立ちました!!

ここ数週間は、私が座っていると足につかまって、よじ登っていたのですが、
昨日はそこから、横にあるテーブルに手を伸ばし、身体をよいしょと持ち上げ、
立ちました。

これまでも、私が手で支えながら立たせたりはしていたのですが、
自力で立ったのは初めてでした。
そのときは娘と2人で家にいたのですが、ちょっと感動しました!!
「おめでとう!!」と思わず、抱きしめてしまいました。
(親バカです。。。)

来月で1歳になるので、決して早いほうではないのですが、
成長しているんだなーと改めて実感しました。
パワーをもらった気がします。

心からおめでとう!!
by jungae | 2008-06-26 06:19 | 子育て&家族

かっこいいより楽しい

「かっこいいより楽しいほうがいい」

めざましテレビを22日(月)て、小田和正さんが言っていました。

今年60歳を迎え、番組の中でインタビューをしていました。
(現在小田和正さんの「今日もどこかで」が番組の主題歌になっています。)
その中での一言でした。

「かっこいい」ことにあこがれたときもあったけど、今は楽しいほうがいい」

コンサートなどでは、きれいな歌声とともに、おもしろいトークで聴衆を楽しませて
いるようです。

還暦を迎え、様々な経験を積んだからこそ、言えることでしょうか。
そんなことをさらりと言えるのが、逆にかっこいいなーと思いました。

「楽しく過ごす」
簡単でいてむずかしいです。目指したいと思います。
by jungae | 2008-06-25 07:33 | 個人的なこと
先日、日暮里舎人ライナーに初めて乗りました。
2月に男の子を出産した友人を訪ねるためです。
(友人の家は西日暮里から1駅目の赤土小学校前駅から5分程度。)
舎人ライナーはこの3月に開通。

西日暮里から乗り換えましたが、エレベーターがちゃんと完備されていて、
屋根のついた通路を通って、地下鉄の駅から舎人線乗り場まで濡れずに行けます。
駅には案内が細かく記されていて、電車内もとてもきれいでした。

最近は地下鉄副都心線をもできて、新しい路線がたて続きにできていますが、
いろいろな工夫がされているなーと思いました。

バリアフリーが実践されていくのは、大歓迎。
子供を連れて動ける環境が整ってくれたらいいなーと願うばかりです。
by jungae | 2008-06-23 06:28 | 個人的なこと

シュワルツェネッガー家

6月14~15日のIHTで面白い記事を見つけました。

カリフォルニア州の州知事を務める、共和党のシュワルツェネッガー氏。
彼の家では、現在の大統領選での支持者が家族で異なるそうです。

シュワルツェネッガー知事は共和党のマケイン氏を支持。
奥様のマリア・シュリバー氏は民主党のオバマ氏を支持しています。
(奥様は以前はテレビニュースの世界で働いていました。)
彼らの4人の子供もそれぞれ支持者がいて、その中で1人だけ選挙できる年齢に
達しているキャサリンは、オバマ氏を支持しています。

毎日の朝食のテーブルは、ちょっとしたディベートの場になっているとのこと。

一党政治のシステムで暮らしているのではないということを子供たちが理解して育つのは、
利点が多い、また、ある物事を2つの側面から見るようになるのもとてもいいことだと
言います。忍耐強くなったり、時には自分のなかで折り合いをつけたり。
そういうことは政治だけでなく、人生においてもとてもいい勉強になると言います。

家族の中で支持者が割れると、正直大変だろうなーと思います。
けんかになったりしないのかなーと。

ただ、物事を多面的に見られるようになる、いろんな意見を持った人が(家族の中でも)
いても構わない。いやそれが当たり前で、それぞれも主張を明確にしながら議論していく。
家族内でもその議論が活発に行われる。

家族の中で、政治に限らず、いろいろなことを話し合う。
それはすごくいいなーと思いました。
by jungae | 2008-06-21 07:12 | そのほかの気になる記事

ツム・アインホルンにて

ツム・アインホルンで、昨日ランチミーティングをしました。

オフィス近くの六本木ファーストビルに入っていて、気になってはいたのですが、
行けていない場所でした。

レストランに入ると、外国人の方の多さにびっくり。ビルにはドイツ企業が数多く入って
いるので、ドイツ人の方が多いのでしょうか。

ランチは1300円~1800円の間くらい。本日のお魚で、鯛のムニエルを頼みました。
ザワークラウトなどが入ったサラダとパン、飲み物がついています
鯛のムニエルは、ケッパーを使ったソースがかかっていて、酸味があり、さっぱりして
とても美味しかったです。熱々のパンも香ばしかい。

ちょっとした贅沢ですが、充実したひと時を過ごし、会話も弾みました。

今度はディナーに来てみたいなーと思いました。
by jungae | 2008-06-19 06:58 | グルメ

娘との時間

じめじめした嫌な天気が続いています。
今週は、娘も私も体調を崩し、一昨日の夜は二人で寝込んでしまいました。
娘を病院に連れて行ったのですが、私のほうがふらふらしてしまい、家に戻ってきたとき
にダウン。締切の迫った仕事があり、気はあせるものの、頭が回らず、連絡をして、翌朝に
締切を伸ばしてもらうことに。
体調管理はしっかりしないといけないなーと思いました。

最近は娘との時間があまり取れていなく、反省気味なんです。
仕事の締切に追われ、保育園から娘を連れてきても、家で仕事をしていて、
いっしょに遊んであげられていません。横で遊ばせながら、PCの前で仕事をしています。

近頃はいろいろ声を出して主張するようになり、もしかしたら話をしたいのではないかな
ーと思うのですが、PCで仕事をしながら、適当に応じている感じ。反省です。

自分で仕事をしていると、いつでも仕事ができてしまうというのが現状です。
そうすると、いつも仕事のことを考えていることになり、仕事とプライベートの境目が
なくなってしまうこともしばしば。

12カ月目に入った娘との時間は、今しかないもの。
昼は保育園で過ごしてもらっているのだから、家にいる夕方や週末は、娘と遊んで
あげるようにする。その時間を作ってあげないと痛感しています。

時間を効率的に使って、ぜひその時間は作りたいと思います。

日々悩みながらですが、実践していきたい! 宣言します!
by jungae | 2008-06-19 06:35 | 子育て&家族

気づけば12カ月目に

今週6月12日に、娘が12カ月目に突入しました。
来月には1歳の誕生日を迎えることになります。
過ぎ去ってみると早いと思いますが、日々を振り返ると、大変だったなーと感じます。
いまだにかなり格闘していますが。。。

ここ2週間くらいは、高熱を出して、保育園から呼び出されることになくなりました。
(5月は4度も呼び出されました。)

今は、朝8時半頃に保育園に預け、6時過ぎにピックアップ。
買い物をしてから帰宅し、食事を食べさせたり、お風呂に入れたりすると、
あっという間に時間が経ち、気づけば10時。寝かしつける時間になります。

生まれて数カ月に比べるとだいぶ子育てに慣れてきた感があります。
(その頃のブログを読むと、本当にいっぱいいっぱいだったと思います。)
一方で、現在仕事の締切が重なっていることもあり、仕事優先になってしまっていて、
もう少し娘と対話したり、遊ぶ時間を持ってあげたほうがいいかなーと反省しています。
保育園にまかせっきりの気が。

仕事と子育てのバランスを取るのは、やはりむずかしいですね。

ただ、この11ヵ月間は、自分が想像して以上に大変でもあり、充実もしていました。
“子育ては大変だよ”といろいろな人から聞いていたのですが、正直子供を持つまでは
全然実感がわきませんでした。
産んでみると、本当に大変でした。わからないことばかりだし、夜は起こされるし、
何度となく泣きました。かなり甘く見ていたんですね。
一方で、いろんなことに興味を示し、ぐんぐんと成長していく娘を見ると、たくさんの
パワーをもらっています。人間ってすごいなーと思います。

また、子供を持ったことで、社会のこと、世の中のこと、世界のことを様々な視点で
考えられるようになったことも事実です。
バリアフリーということについてもかなり考えるようになりました。
(METROはあまり進んでいません。。。)
彼や母親のありがたみ、そして周りの方の優しさも実感するようになりました。

子供がいることで制限されることもたくさんありますが、
(おしゃれなレストランに行ったり、友達と夜飲みに行ったりなど。。。)
子供がいるからこそ行ける場所、できることもいろいろあります。
メリット、デメリットがあると思いますが、私自身はメリットが大きいと思っています。
いや、そのメリットを享受したいと思います。

日々いろいろなことを体験、勉強しながら、娘とともに、私も少しずつ
成長していきたいと思います。

そして、こんなチャンスをくれている、娘にまたまた感謝です。。。
by jungae | 2008-06-14 07:16 | 子育て&家族