アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2009年も残すところ、あと2日になりましたね。
今年はみなさんにとってどんな年だったでしょうか?

アメリカではオバマ政権が発足し、日本では鳩山政権が発足。
世界的に大きな“変化”のあった年ではないかと思います。

世の中の大きな変化を示す、興味深い記事を見つけたので、今年の最後に
ご紹介したいと思います。The Protocol Society(11月22日)という記事です。

19世紀や20世紀はわたしたちは“もの”を買っていましたが、
今は“プロトコル”=指示書、使用説明書(sets of instructions)を買っています。
これからは“プロトコル社会”になると言います。

ソフトウェアは、情報を組織化するためのプロトコルであり、新しい薬は化学を組織化
するためのプロトコルです。
ウォルマートは消費財を輸送しマーケティングするプロトコルを作りだしています。
車を買うときでさえ、車の金属やガラスにお金を支払うというよりは、デザインに埋め
込まれた知識に対して、大半のお金を使っています。

このプロトコル経済によって、大きな変化が起きています。
○あなたと私は同じ金属を同時に使うことはできないが、同じソフトウェアを同時に
使うことができる
○“もの”はなくなる可能性があるが、新しいアイディアは使い切ることはない
○“もの”は需要と供給の中で均衡を取るが、新しいアイディアには均衡はない

これからの経済の成功は、新しいプロトコルを作りだし、許容する能力にかかって
いると言います。プロトコルは手に触れられない(intangible)ものです。

言われて久しいかもしれないですが、“もの”の時代ではなく、“アイディア”の時代
になっているのですね。そして、筆者が書いているように、“もの”はなくなる可能性
があり、その結果取り合いをすることになりますが、“アイディア”はなくなることは
なく、多くの人が同時に使うことができます。取り合いの争いは起きないですね。

世界の人が使える“プロトコル”を作りだし、それをみんなで享受できれば、世の中
はいい方向に進むのかもしれないですね。
(なお、これに関して詳しく述べた“From Poverty to Prosperity: Intangible
Assets, Hidden Liabilities and the Lasting Triumph over Scarcity

という書籍が出版されたそうです。機会があったら、読んでみようかと思います。)

2010年以降もこの流れは続きそうですね。
私自身も、みんなが使えるような“アイディア”を創造すべく、日々学んでいけたら
と思います。

最後に・・・
今年もつたないブログを読んでいただき、本当にありがとうございました。
思いついたことを徒然なるままに書いていて、稚拙なことを言っていたりもしていると
思います。ただ、いろいろとコメントをいただきながら、1年間継続することができました。
重ねてお礼申し上げます。

2010年がみなさまにとって、素晴らしいものになることをお祈り申し上げます。
良い年をお迎えください。
by jungae | 2009-12-30 07:46 | NewYorkTimesの気になる記事
フィギュアスケートの全日本選手権が行われましたね。
フィギュアスケートは結構好きでよく見るのですが、今回はバンクーバー
オリンピックの代表も決まるということもあり(安藤選手、織田選手を除く)、
気になっていました。

結果は男子が高橋大輔選手、小塚崇彦選手、女子は浅田真央選手、
鈴木明子選手が決まりましたね。
(真央ちゃんが代表を決めたのはうれしかったですが、私個人は中野
由加里選手と鈴木選手のデッドヒートに、手に汗握る思いでした。)

それぞれの選手たちが極限の緊張状態の中で最善の演技をしようと
努力する姿には心がうたれます。

以前も書いたことがあるのですが、浅田選手、中野選手、高橋選手、
織田選手、小塚選手は、取材で会ったことがあります。

会った印象としては、スケートの上手な“普通の女(男)の子”といった
感じでした(ちょっとおこがましいかもしれないですね)。

緊張しないかと言えば普通に緊張しているし、うまくいかなくてたくさん
悩んでいるし、おしゃれでカッコ良くありたいと思っていました。

ただ、一方で決定的に違うなーと思うことが2つありました。

○ある目標に向かって絶え間なく努力し続ける姿勢
○素直であること

何よりも目標に向かって努力する姿勢には素晴らしいものがありました。
もちろん才能に恵まれているということはあると思うのですが、「こんな風に
なりたい」「こんなことをやりたい」と思ったときに、少しはがんばってみる
ものの、やっぱり無理とあきらめてしまう人が多いように思います。
彼らは決してあきらめず、自分の可能性を信じて、可能な限り極限まで
努力をするんですね。当たり前といえば当たり前なのですが、その当たり
前の努力を継続できるかどうか。それは決定的に違うと思いました。

一方で、彼らはとても素直でした。
しっかりとした自分を持ちつつも、「ここをこうしたほうがいい」とコーチ
などからアドバイスを受けると、それを素直に受け止め、すぐに、即
実践していました。

この2つは何歳になってもとても大切だなーと最近痛感します。
年を重ねていくと、「こんなこと無理」と途中であきらめてしまったり、
ある人が自分のことを思ってアドバイスをくれたのに、頑固になり、
素直に受け入れられなかったりしますね。

いつまでのこの2つは忘れないように努力していきたいと、選手たちの
姿を見て、自分自身に言い聞かせているのでした。

バンクーバーオリンピック、がんばってほしいですね。
by jungae | 2009-12-29 08:16 | 経営者の視点
アフィーテ目黒のクリスマスパーティに23日に参加してきました。
(以前もこのブログで紹介しましたが、結婚式をここであげ、イベントがあるときは
たまに参加しています。)

庭園をきれいにライトアップしていました。
e0123104_7262620.jpg

小さなプールのライトアップ。
e0123104_7273111.jpg

入口にはかわいい雪だるまとトナカイのお人形。
e0123104_7281891.jpg

大きなクリスマスツリーです。

食事はどれも美味。いくつかご紹介します。e0123104_730857.jpg

オマール海老とサーモンマリネのプレッセ。ハーブとキャビアを添えて。
e0123104_7305835.jpg

鴨とフォアグラのポワレと仏産ウズラに詰めたパイ包み。
e0123104_732532.jpg

磯の香りをつけて蒸焼にした天然平目とサザエのアンサンブル
e0123104_7333963.jpg

鹿ロースのロースト茸のソテー パセリ風味添え

少し贅沢なひと時を堪能したのでした。
by jungae | 2009-12-28 07:36 | グルメ
韓国では、子どもたちの身長を伸ばすことに親がすごく熱心だとか。。。
South Korea Stretches Standards for Success(12月22日)という記事です。

韓国では、学校でそしてその後の仕事探しや結婚相手を探すのに成功
するには、背が高くなくてはならないと考える、親たちが増えているそう。
身体的な魅力が欧米化する中で、多くの親たちが子供たちの姿勢を良く
しようと躍起になっています。彼らが信じているのは次のようなこと。

「顔は整形手術で後で変えられるけれど、身長はあとからどうすることも
できない。すぐに行動しないといけない」

その結果、「成長クリニック」(growth clinic)というのが流行していて、
そこではホルモン剤を打ったり、針をしたり、特別な運動やストレッチを
行います。

「身長が低いことでばかにされたり、自信を失ってほしくない」と訴える
母親は、50以上の支店を持つ韓国最大の成長クリニックである
Hamoaに娘と息子を通わせ、1カ月に770ドルを使っています。
子どもたちの身長が10センチ伸びるのであれば、10億ウォン(85万
ドル)を払っても構わないと考えていると、Hamoaのドクターは言います。

ただ、韓国ではかつて、パクチョンヒ元大統領やナポレオンなど、身長が
低い人たちの精神(根性)をたたえる傾向がありました。
ただ、最近はその傾向は大きく変わり、彼らの名前を出すとあざ笑われる
そうです。

テレビに身長の高いタレントたちが出ていて、グループに属することを
好む国民性からすると、身長が低いことは問題だと言います。

この記事を読んで、少し疑問に思ってしまいました。
身長が高いともちろんいいとは思うのですが、成功のために欠かせないと
考え、成長ホルモンを打ったり、無理やりストレッチをしたりすると、その後
身体に何か異変が生じるのではないかとも思います。

一方で、人間の本質や魅力はもっと別のところにあるではないかとも…。

子どもへの教育が熱心な韓国の人の姿勢を表している気もしました。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2009-12-26 07:55 | そのほかの気になる記事

我が家のクリスマス

Merry Christmas!!
今日はクリスマスですね。
みなさんはクリスマスイブやクリスマス、どう過ごされているでしょうか?

私たちは、先週末に友人などを呼んでちょっとしたパーティを行い、
23日はとあるパーティに参加(近日中にご報告します)。
昨日は家族で家でのんびり過ごしました。

今年は少し凝って家を飾ってみました。
e0123104_7314662.jpg

環境を意識して(?!)LEDのライトを使ってみました。ほのかな明かりがきれいでした。
e0123104_7331013.jpg

ツリーと雪だるま&サンタ。ふくらませるもので危なくなく、娘は抱えて遊んでいました。
e0123104_7344386.jpg

小ぶりのツリーと色の変わる雪だるま。

季節を感じながら、いろいろとデコレーションをするのは結構好きなほうです。
あと1日満喫したいと思います。
by jungae | 2009-12-25 07:37 | 子育て&家族
日経MJで「これなら買いたい」というコーナーがあり、ライターの金子由紀子
さんが、いろいろと紹介されています。

先日の記事で「有料ブックカバー」というのを提案していて、面白いなーと
思いました。
カバーをかけたまま本棚に並べると整理整頓されて見えるので、カバーを
かけてもらうそうですが、今のブックカバーは書店のロゴが大きく書いてい
たりしてあまり芸がないので、優良なおしゃれなオリジナルのカバーを作ろう、
という提案です。
購入年月日を書けたり、メモなんかを書き込めるスペースを作って、工夫を
凝らすといいかもしれないとおっしゃっていました。
これなら、本好きな人なら、30円とか50円とか余分に支払うことを厭わない
だろうと言います。

私自身は本はタイトルとか見えたほうがいいので、読んでいるときはカバーを
つけるものの、本棚に並べるときはカバーは取ってしまう主義なので、買うか
どうかは微妙です。

ただ、「こんなものがあったらいいかも?」と想像をふくらませて世の中を
見ていくと、いろいろと新しい発見がありそうな気がします。
(商品開発をするときはこんな風に考えるのでしょうね。)

街歩きをしているときなど、周りに目を向けて、少し考えてみようかなーと
思ったのでした。

何か思いついたら、ご紹介していけたらと思います。。。
by jungae | 2009-12-24 06:53 | そのほかの気になる記事
今日で妊娠36週目、10カ月目の臨月に突入しました。

会社を経営しながら、仕事をしっかりとこなすことはとても大切ですが、
一方で、健康であることの大切さをしみじみ感じています。

第1子の娘の出産のときと異なり、いろいろと身体に問題が生じています。
それほど深刻ではないのですが、ある程度注意する必要があるそうです。

○第2子だからか、男の子だからか(2か月ほど前にやっとわかったんです!!)、
今回はおなかがとても大きくなっています。

○定期健診で、妊娠糖尿病ということが判明。
妊娠のせいで血糖値が一時的に上がってしまうものらしいです。
出産後は回復していく人が多いようですが、血糖値が下がらない場合もあり、
そのときには定期的な治療が必要だとか。

○静脈瘤にもなっていて、痛みはないですが、かなりむくんでいます。

いずれも運動をすればいいらしいのですが、安静を言い渡され、あまり
運動ができていないのです(出産したら走るのを再開したいなーと思い
ます)。

「いつまでも自分は健康」「自分は病気とは無縁」と考えていてはいけない
のかもしれないですね。

健康でなければ、いい仕事も満足できる仕事もできない。
「健康であること」の大切さを痛感する今日この頃です。
by jungae | 2009-12-23 08:03 | 経営者の視点
仕事を通して、いろいろな企業に対して、ビジネスを広げるために、どのように
情報発信をしたらいいのか、アドバイスをしています。
どの企業も、「商品を買ってもらいたい」「サービスの利用者を増やしたい」などと
考えているのですが、ものがあふれるこの時代、なかなかむずかしいというのが
現状です。

私の会社では定期的に情報発信することが大切だということをお伝えしていますが、
最近日経MJで興味深い記事を見つけたので、ご紹介します。
いろはの代表を務められる竹内謙礼さんがアドバイスをされていたものです。

客数減少に悩まれているホテルの経営者に対して、観光客を呼び込むために
次の3つが必要だとおっしゃっていました。

○企画
○ニュースレター
○プレスリリース

企画は1カ月に2回くらいの開催を考え、「自分たちができそうにない企画」から
考えることが大切とのこと。「そんなことできるの?」という発想から企画を考え、
それをクリアすることで、同業他社がまねできないものが生まれます。
そして、企画が決まったならば、ニュースレターでファンを増やし、企画を開催
するごとにプレスリリースを配信すること。

「なるほど」と思いました。
このように書かれると、それほどむずかしいことではないかもしれませんが、
しっかりと実践できるかというと、むずかしいですね。

観光ビジネスだけではなく、あらゆる仕事に役立つように思います。
考える際の参考にしたいと思ったのでした。
by jungae | 2009-12-21 07:40 | 経営者の視点
ハミルトン島での“世界一の仕事”の話について先日書きましたが、
選ばれたイギリス人のBen Southallさんの次の仕事に関する記事をたまたま
見つけました。

彼は来年1年間はクィーンランド諸島(ハミルトン島もその一部)をプロモーション
すべく、世界中を旅行してまわるそうです。今後数カ月で、アメリカ、韓国、日本、
中国、イギリスを訪れる予定です。

一つの仕事をやり遂げたことでいろいろな可能性が広がっているのだなーと
思いました。

個人的には、新聞とか読んだりブログを通して記事を紹介したりする中で、
世の中の流れというか、一つの事象がいろいろな現象がつながっているのを
知るのは結構興味深いと思ったのでした。
(かなりマニアですが・・・。)

ちなみにBen Southallさんのブログは結構面白そうです。
よかったら見てみてください。
by jungae | 2009-12-20 07:19 | そのほかの気になる記事
ちょっとしたことに癒されることってありませんか?

仕事でトラブルがあって落ち込んだり、だれかと喧嘩をしていらいらして
いるときに、

○落としたものをさっと拾ってくれる
○気分を悪そうにしていたら、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれる
○エレベーターで「どうぞ」と譲ってくれる・・・etc

こんな、全然知らない人の一言や優しい気遣いに触れると、ほっとすると
感じます。

以前航空会社に勤めていたときに、お酒に酔って少し騒がしくなっている
団体旅行(社員旅行)の一団があり、「注意してほしい」と近くのある女性
のお客さまから言われました。
「静かにしていただけますか?」と注意をしたのですが、問題だったのは、
伝えた人がその会社の社長の方だったこと。
そのグループの別の人から、「うちの社長に何を言ってくれるんだ!」と、
本当に大声で怒鳴られたのです。謝罪をしたものの、注意をしないわけ
にはいかないので、「ご理解いただきたい」と伝えました。

理不尽さを感じながらも、そのときは怒りや悲しみをぐっとこらえて戻って
きました。すると、「注意してほしい」と言った女性が私のところにきて、
「大変でしたね。でも、ありがとうございました」と言ってくれたんです。

大したことではありませんが、その一言に本当に癒され、ちょっと
恥ずかしいですが、それまでは涙をこらえていたのですが、逆に
その優しさにホロっときてしまい、泣いてしまったのです。

どんなにがんばっていてもつまずくときもあれば、落ち込むときもある。
そんなときに癒されるのは、人間のちょっとした優しさに触れることなの
だなーと感じます。
by jungae | 2009-12-19 07:18 | 経営者の視点