アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨日ある取材で、茨城のサンキュウ農園に伺ってきました。
とても若いご夫婦でやっている農園。
ご夫婦で仲良く取り組まれていて、とても素敵でした。
電話で話をうかがっていたのですが、現場を見て、直接会って話をする
ということはとても大切だなーと思いました。

その後はサンキュウ農園が野菜をおろしているというビアンカでランチ。
e0123104_746914.jpg

ログハウス風の素敵なたたずまい。10周年を迎えるそう。
e0123104_7405580.jpg

パスタランチ(1000円)。
野菜はサンキュウ農園さんのもの(別の農園のものも混ざっているそう)。
左はホウレンソウ(サンキュウ農園のもの)のパン。
野菜が新鮮でとても美味しかったです。

あいにくの天気の中、車で2時間以上かけて行きましたが、新鮮な空気に
触れ、美味しい食事をして、少しだけ癒されたのでした。
by jungae | 2010-04-29 07:49 | グルメ

言い続けることの大切さ

「言い続ける」ことの大切さを最近実感します。

今でこそ環境問題について話すことが当たり前になりましたが、環境の
話はずいぶん以前から話をされていたと思います。
ただ、関心を持つ人がごく一部で、興味をある人たちがやっている、もしく
はお金をかけてやることではないという感じがあったかもしれないと思い
ます。

ただ、今やあらゆる企業が環境に配慮する大切さを訴え、環境を意識した
製品やサービスを提供しています。
(私の知人はエコトワザという会社を経営されていて、今かなり注目されて
います。)

時代の流れというのも大きいでしょうか。

環境よりもまずは企業の成長(収益をあげること)が大事という時代から、
大きく変化した。「環境への配慮」の大切さを訴え続け、言い続けたこと
で、最初はあまり認知をされなかったかもしれないけれど、時代の流れと
ともに大きな課題となり、無視できない存在になった。

今でこそよく言われるようになった「ワークライフバランス」や「キャリア」
の話。それもずいぶん前から言われていたことだと思います。

うまく言えないのですが、自分がやろうとしていることがあまり認知されな
いと感じることもあるかもしれません。
ただ、そこですぐにあきらめるのではなく、細々とでも「言い続ける」「訴え
続ける」ことで、認知されているときが必ずくる、日の目を見るときがある。

そんな風に思うのです。

私自身はコミュニケーションエージェンシーというのを経営しながら、
言い続けたいと思うことの1つが
「伝える」ことの大切さ。

良いものをつくるだけでなく、「伝える」ことを継続し、人との関係を大切に
していくことが企業には欠かせないと思うのです。

まだまだ課題だらけですが、自分の思いを言い続けることを続けてみよう
と思います。
by jungae | 2010-04-28 07:02 | 経営者の視点

林試の森フェスタに

林試の森公園で行われた林試の森フェスタに行ってきました。
e0123104_6231736.jpg

とても天気が良く、多くの人でにぎわっていました。フリマや出店が出ていました。
e0123104_624122.jpg

コンサートなどもやっていました。
e0123104_625557.jpg

青森特産品の黒石焼きそばの出店。人気で並んでいたので、買ってみることに。
e0123104_6262074.jpg

麺が太く、モチモチして歯ごたえがありました。コショウがかなりきいています。

天気が良く絶好のお出かけ日和。
レジャーシートを敷いて、ピクニックを楽しみました。
娘も初めての公園で、大はしゃぎでした。
近場ですが、ちょっと出てみるとリフレッシュできるものだと思ったのでした。
by jungae | 2010-04-26 06:29 | 余暇
恵比寿駅すぐ近くにあるカジュアルフレンチレストランのぴえにゅにて、
ビジネスランチをしました。
1300円のAコース(オードブル、メイン、飲み物)を注文。
e0123104_6485232.jpg

前菜はワタリガニのビスク(+200円)。ぴえにゅの定番メニューだそうです。
蟹のダシが効いていて美味。チーズやクルトンとも良く合います。
e0123104_651127.jpg

メインは根菜と挽肉の牛肉包み。季節の根菜としてタケノコが入っていて
風味と歯ごたえが抜群。お肉は本当に柔らかかったです。

店内は女性ばかり。女性同士で気軽にこられそうですね。
久しぶりに訪れたのですが、とても堪能したのでした。
by jungae | 2010-04-24 06:54 | グルメ

私の時間管理術

気づけば4月も下旬。
時間があっという間に過ぎていきますね。

息子と娘を保育園に連れていくのに、少しずつ慣れてきました。
息子はまだ4カ月なので5時にはお迎えに行かないといけません。
5時ということは4時過ぎにはオフィスを出なければいけず、かなり
ばたばたしています。
仕事をしていると、あっという間に4時になってしまうのです。

限られた中でどのように時間を有効的に使うか。
今まで以上に時間管理は大きな課題になっています。
私なりに少し考えてみると…。

○やるべきことは後回しにせずにすぐにやる

 後でやればいいと放っておくと、突然急な仕事の案件が入ってきたり、
 子供が体調を崩したりするので、やるべきことをすぐにやるようにして
 います。

○締切のギリギリになって着手するのではなく、少しでも手をつけておく

 以前は、締切のギリギリにならないとやる気が起こらず、そのままに
 しておくことが多かったのですが、毎月締切が決まっているものなどは、
 とりあえずできるところはやっておく、手をつけておくようにしています。
 (少しでも手をつけておくと、ギリギリになって一からやらなくてはという
 プレッシャーを感じたり、あわてふためくことが少しだけなくなりました。)

○翌日の準備は前日にしておく

 朝はいつもかなりばたばたするので、翌日の朝の準備を前日にして
 おけば楽だということを発見(当たり前すぎる?!)。だいぶ楽になり
 ました。

当然と言えば当然のことなのですが、これを守るのがなかなかむずかしい。
日々格闘中です。

みなさんはどのように時間管理をしているでしょうか?
何か良い案があったら、教えていただけたら嬉しいです。 
by jungae | 2010-04-23 10:06 | 経営者の視点
日経の日曜日についてくる日経Magazineで気になる言葉を見つけました。

==
商いは「飽きないでやること」。
長くやらないと面白いことも嫌なことも経験できない。
そして悪い思い出はすぐに忘れる
==

築地の場内市場にある「高砂屋」を経営するご兄妹の言葉でした。

仕事をやっているとマンネリ化して飽きてしまうことがある。
けれど、続けていないと、仕事の面白さはわからない。
ただ、一方で、いやなこともたくさん味わう。それはすぐに忘れる。

すごく簡単ではあるけれど、実践するのはむずかしいですね。
仕事をする人にとっては、とても響く言葉。

ほんのちょっとした言葉ですが、肝に銘じたいと思ったのでした。
by jungae | 2010-04-22 07:00 | 経営者の視点

社会貢献について

社会貢献という言葉をよく聞くようになりました。
最近の日経MJで面白い記事を見つけました。

旅行会社のHISが、大学生向けにあるツアーを企画し、昨年1年間で450人
が参加したそう。そのツアーは、バングラデシュで活動をする社会団体といっ
しょに学校建設をしたり、日本に輸出するバッグ工場で工員と交流したり、
学生寮に泊まって現地の若者と意見交換をするというもの。

若者が何に関心があるのかというと、
街でごみを拾う、ボランティア、環境問題に取り組む・・・
などの分野に関心が固いことが調査でわかり、バングラデシュ出身の
ボビー・A・ハック執行役員本社仕入本部長が企画したとのこと。

旅のプランづくりには日本の学生の協力を得て、楽しみながら社会貢献
をする団体のメンバーの生の声を入れ、従来のスタディツアーのように
硬くならないように努めたとか。

若者の海外旅行離れが言われる中で、「もしかしたら若者の志向に合わせた
商品が提供できていなかったのかもしれない」とハック氏は言います。

海外旅行に行って観光をするのもいいけれど、いろいろな活動に参加し、
現地の人と触れ合う。そんなことを求めているのかもしれませんね。

プライスレスな体験をすることは、とても大切になっているように思います。

私自身は、アグリツーリズモというのに関心があり、もし機会があったら、
参加してみたいなーと思っています。

みなさんはどんなものがあったらいいと思いますか?
by jungae | 2010-04-21 07:26 | そのほかの気になる記事
最近仕事の関係で、ある会社の方々をいろいろと取材する機会がありました。

取材した人たちは、取材者として推薦されるような方なので、どなたもとても
優秀で、素敵な方でした。

会社に対して自分が何ができるのか、
一方で会社の強みを生かしてお客様に何が提供できるのか。
みなさま、そんなことを真剣に考え、仕事に取り組んでいらっしゃいました。

話を聞きながら感じたことが1つあります。
それは・・・
「同じ会社に勤めていてもこんなに考え方や仕事への取り組み方違うの
だなー」ということ

会社に勤めていて、毎日いやだいやだと仕事をしている人もいれば、
今いる環境で何ができるかを考え、必死に取り組み、成果を上げて
いる人もいる。

どんな会社に属していても、
「自分の仕事に誇りを持ち、自分が何ができるかを真剣に考え、
仕事に全力で取り組む」人はとても素敵だなーと思います。

そのほうが、不平不満を言って仕事に取り組むよりも、仕事が
楽しくなるし、働きがいも感じると思います。

どんな些細な仕事でも、自分なりに工夫して、楽しんでやる。
今ある環境で自分が何ができるかを考えて、最善を尽くす。
誇りを持って仕事に全力で取り組む。
そうすれば、必ずどこかで見てくれている人がいて、評価される
ようになる。

あらためて仕事への取り組み方の姿勢を見直そうと感じたの
でした。
by jungae | 2010-04-19 07:06 | 経営者の視点

幸せに必要なことは?!

幸せに必要なものは何なのか?
少し前になりますが、気になった記事があるので、紹介します。
The Sandra Bullock Trade(3月29日)というものです。

今年のアカデミー賞で、サンドラ・ブロックは主演女優賞という栄誉を
手にしました。しかし、その後にご主人の浮気が判明。

アカデミー賞を受賞したのだから(その後に素晴らしいキャリアが待って
いるし)、ご主人のことは個人的なこととして目をつぶれるでしょうか?

「幸せ」に関する研究によると、いくらキャリアで成功しても、個人的な
人間関係がしっかり築かれ、満足していなければ、幸せに感じること
は少ないのだそう。

幸せと収入の関係は複雑で、たしかにあるレベルまでは収入が上がると
幸せは増します。しかし、収入が増加したことで自分の成長を感じられな
ければ、幸せを感じる機会が増えるわけではないそうです。

一方で、人間関係と幸せの関係はわかりやすい。
多くの人は人間関係がうまくいけば、幸せを感じやすくなります。

これから言えることは、経済的な成功やキャリアの成功は、個人的な
生活の上にあり、それらはとても重要で大切な人間関係から生まれて
くるものだと言います。

確かに仕事で成功したり、お金がいくらあっても、喜びや感動を分かち
合える人(たとえば友達や家族、恋人)がいなければ、幸せを感じること
はないのかもしれないですね。

それらを大切にしないといけないなーと、最近つくづく実感している今日
この頃です。
by jungae | 2010-04-18 07:57 | そのほかの気になる記事

仕事をためずに処理する

仕事の際に資料などをいろいろ受け取るのですが、すぐに片付けようと
思いつつ、そのままになっていることがよくあります。
e0123104_7233116.jpg

紙袋などに入れておくと、気づけばどんどん増えていくことに・・・。

ためずにすぐに処理しようと思いつつ、気づけばはたまってすごいことに。
そして片づけるのに、必要以上に時間がかかってしまう。。。

結構よくやってしまうのです。

“仕事ができる人は机の上がきれい”といったような本が以前ベストセラー
になっていましたが、仕事ができる人は、すぐに処理するのでしょうね。

少し遅いですが、4月は新年度。
新年度の目標として、
「ためずにすぐに処理する」
ということを宣言したいと思います。

もし片付けのコツとかがご存知でしたら、知らせてくださいね。
by jungae | 2010-04-17 07:32 | 経営者の視点