人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん

<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

IKEAの強さ

IKEA南船橋に先日仕事で伺ってきました。
e0123104_723649.jpg

平日でしたが、春休みだったので、家族連れが多くいました。

取材である方に話を伺ったのですが、IKEAの強さを垣間見た気がしました。
日本に上陸して10年ほど経つそうです(もうそんなに?!)が、人気は根強い
ですね。

私なりにIKEAの強さは何だろうと考えてみました。

○低価格でありながら質の良い商品を提供
よく言われていることですが、絶え間ない企業努力をしながら、低価格で
ありながら、本当に品質の良いものを提供していると思います。
(IKEAの社長の方は出張に行く際には、今でもエコノミークラスを使って
いると、以前ある記事で読みました。)

○ものを売っているというよりは、空間を売っている。
インテリアというものだけを売るのではなく、オフィスや部屋などのコーディ
ネートも提案しながら、空間を売っている。こんな部屋やオフィスがあった
らいいなーと感じさせてくれる。

○店舗にまた遊びにきたいと思わせる
お店がゆったりしていて、カフェなどもあり、家族や友達同士でで訪れやすく、
また遊びにきたいなーと思わせる。
e0123104_74576.jpg

軽食はリーズナブルな価格でいろいろありました。
(平日はメンバー(会費なし)になると、ドリンクが無料だとか。)

そしてもう1つ、今回訪れて新たに感じたことがあります。
それは・・・
進出した国の文化に応じて、いろいろと工夫しているということ。

今回行って感じたのは、「組み立てサービス」が充実していること。
家具は重いものが多く、やはり自分で組み立てるのは大変と考える人も多い
ので(私も以前ベッドを組み立てるのが大変でした)、有料にはなりますが、
しっかりとした体制を整えているなーと思いました。

一方で、これは話を伺う中で聞いたことなのですが、
日本は四季を重んじる国がらなので、四季に応じてインテリアやカーテンを
変え、店舗内を変えている、とのこと。

その国々の特長を把握しながら、IKEAの強みを生かしつつも、それをわか
ってもらうように、絶え間なく変化し続ける。

あらためて、IKEA恐るべしと思ったのでした。
by jungae | 2010-04-16 07:29 | 経営者の視点

グローバル人材の必要性

外国人の方から仕事の依頼を受けたり、逆に外国人の方に仕事を
依頼をすることが最近増えてきました。
世界の垣根がなくなりつつあることを日々痛感します。

以前も書きましたが、学生の頃にいろいろと海外とつながる仕事が
したいと思って英語に結構力を入れて勉強しました。
海外で仕事をしたいなーと思った時期もありましたが、今はグロー
バル化が進み、日本にいてもネットで世界とつながりながら、仕事が
できる時代になりましたね。
(何度か話しましたが、将来的には年に3カ月くらいは南欧で暮らし
たいと勝手な夢を見ているのですが・・・。)

今週の日経で、北京大学の大学院で国際関係論を学ぶ加藤嘉一
さんという方が紹介されていました。
彼は日本のことについて中国語で情報を発信し、中国の雑誌やネットで
コラムを持ち、テレビにも出演していて、日本のことをきちんと語る人として、
中国でもっとも有名な日本人の1人だと言います。

彼が北京にきてすぐに思ったのが、世界のスタンダードからすると、
「日本が違う」ということだそうです。

日中のシンポジウムを行うと、日本人は日本語で話しますが、加藤氏は
中国語で話すようにしているそうです。

先週の「クローズアップ現代」を見ていたら、これからの時代を見越して
アジアの留学生の採用に日本企業が力を入れているものの、なかなか
いい人材が見つからないということが紹介されていました。
それは社内で日本語を話すという壁があるからだそう。

一方で韓国や中国の企業は、国際的な企業の場合は、社内で英語を
使うことが当たり前になっており、アジアの優秀な人材の採用では
優位に立っているそうです。

否が応でもグローバル化が進み、世界で起きていることを無視して
過ごすことは不可能になっています。
よく言われることですが、これからビジネスで成功するためには、グロ
ーバルな視点を持ち、あらゆる人と対等にコミュニケーションができる、
グローバルな人材が不可欠だと思います。
by jungae | 2010-04-15 06:52 | 異文化&外国語
ジムトンプソンテーブルタイランド赤坂でビジネスランチをしました。
赤坂サカス内にあるのですが、なかなか人気のようでした。
メインに前菜やデザートなどのビュッフェつきランチ(1200円)をいただきました。
e0123104_7284780.jpg

タイ風焼きそば(パッタイ)を注文。砕いてあるアーモンドがいい感じ。
麺もモチモチして美味でした。

店内は区切られていて、使いやすそうでした。
タイ料理は本当に久しぶり。少しピリ辛でしたが、堪能したのでした。
by jungae | 2010-04-14 07:31 | グルメ
仕事の連絡をメールでするということが当たり前になっていますね。
メールは電話と違って、いつでも連絡できて便利ですが、一方で文書と
して残るので、言い方などに気をつけなければならず、むずかしいなーと
思います。

メールのやり取りで、私なりに心がけていることがあります。

それは、
「相手の近況などについて少し触れる」
こと。

これはある人とのメールのやり取りで、その方が実践されていて、見習
おうと思ったことです。メールのやり取りをする際に、私のブログや以前
メールで書いたことをチェックしてくれて、
「最近はお嬢さんはいかがですか?」
「○○に行かれたとブログで知りました。私も以前行ったのです。」
などと、私の近況について必ず少し触れてくれるのです。

私が以前話したことを覚えている、自身のことに興味を持ってくれて
いると感じ、とてもいいなーと思いました。
それから、すべてのメールに対しではないですが、できるときには
私も実践するようにしています。
(もちろん、人によっては個人的なことにメールで触れられるのを嫌がる
人もいるので、最初のやり取りで何となく感触を得て、いやな人には行わ
ないようにしています。)

本当に些細なことなのですが、ほんのちょっとしたことで人に対する
印象って変わりますし、「自分のことを気にかけている」という人と
いっしょに仕事をしたいなーと、人は思うものだと思うのです。
(私自身は実際にそうです。)

なお、もう1つ私が心がけているのが、メールをもらったら、可能な限り
すぐに返答するということ。
「メールの返事が早いですね」とよく言われるほうなのですが、毎日か
なりの量のメールをもらうので、すぐに返事をしておかないと、返事を
するのを忘れてしまうのです(と言いつつ、遅れてしまうこともよくある
のですが)。もし少しでも時間があるならば、「すぐに返事を書く」という
ことを心がけています。
(なお、すぐに返事が書けない場合は、とりあえず「返信」を押して書き
出しておき、それを「保存」しておきます。時間ができたときに「保存」
ボックスを見て、続きを書くようにしています。)

あと、アナログではありますが、仕事の重要な案件の場合は、メール
ではなく電話、もしくはメールをして電話をするようにしています。
メールで事足りるとも思うのですが、やはり生身の声を聞いて確認
することも時と場合によっては必要だと感じています。

メールは便利だからこそ、気をつけなければいけないですね。
もし他に実践していて、これは使えるということがあったら、
知らせていただけたら嬉しいです。
by jungae | 2010-04-13 06:45 | 経営者の視点
八芳園春ボジョレーと夜桜花見ビュッフェに、昨日行ってきました。
e0123104_754472.jpg

少し花びらが散っていて葉桜になっていましたが、それもまたきれいでした。
e0123104_7132719.jpg

e0123104_7173387.jpg

e0123104_793218.jpg

旬の素材を使った、手の込んだいろいろな料理をビュッフェ形式でいただけます。
ローストビーフは食べ応え十分。
桜そばはピンク色できれいで、コシがあっておいしかったです。

食後は庭に出て、落ちている桜の花びらを拾っては投げながら、遊びました。
娘は大はしゃぎでした。

会場はゆったりとしていて、子連れも全然嫌がられず、優しく応対してくださいました。
昨年も訪れたのですが、また訪れたいなーと思ったのでした。

今週末はまだ桜が楽しめそうですね。みなさんも楽しまれてください。
by jungae | 2010-04-10 07:18 | グルメ

Noと言えること

「断る」ことの大切さについて、昨日話しました。
少し似た話ですが、日経で最近気になった記事があったので、ご紹介
したいと思います。

「悪質なM&A(買収・合併)をやめるように経営者に言わなければいけない
時がある。感謝されても報酬はゼロ。バンカーとはおかしな商売なのだ」
と米投資銀行家のケン・モリス氏は6年前に説きました。

今その彼が、バンカーが企業に大量のM&Aを売り込んでいて、経営者は
それが長期的な戦略に見合うのかどうか、見極めなければならないと
警告しているのだそうです。

景気が少しずつ回復し始め、M&Aは3年ぶりに伸びています。
M&Aを実現すべく、バンカーはいろいろな助言を行っており、
実現すれば多額の報酬を受け取れます。
一方で、実現しなければ、報酬はゼロ。

自分の報酬をもらうために、ときに無理なM&Aを提案してしまう。

モリス氏は3年前にある企業から身売りの相談を受けた際に、価格が
見合ってないこともあり、反対し続けたとか。
「反対し続けたから信用された」。
その後は別の案件で相談を受け、大きなM&Aを実現させたと言います。

報酬はないけれど、クライアントにとって良いことでないと思うならば、
「No」と言う勇気を持つことが大切だと彼は言います。

昨日の話とは規模が違うかもしれませんが、自分の目先の報酬に
とらわれず、相手にとって何が一番いいかを考えて、もし見合わない
なら、ときには断る。そのときには報酬を手に入れられないけれど、
それ以後につながっていく。

どんな職業でもそれは必要なことなのですね。
本当に肝に銘じなければと思います。
by jungae | 2010-04-08 07:43 | 経営者の視点

今売らない、断る勇気

「断る」ことの大切さについてよく言われますね。
最近、日経MJでオラクルひと・しくみ研究所代表の小坂裕司氏が書かれていた
ことがとても印象に残りました。

家具の買い替えを考えていた際に、奥様と自分がほしいと思っているものが
異なっていました。自分がほしいと考えている家具の置いてあるお店に行った
とき、年配の女性が接客してくれたのですが、自分が検討している家具につい
て話をし、自分がほしいものと奥様がほしいと思っているもの(他店にある)が
違うことも話しました。

彼女はじっくりと話を聞いたうえで、奥さまがほしいと思っていらっしゃるものの
ほうがお客様にはいいと思います、と言ったそうです。

それを聞いて小坂氏は耳を疑いましたが、お客様の用途をしっかりと聞いたう
えで、的確な理由を話してくれ、納得しました。今回はその店では買わなかった
ものの、次回何か機会があったら、ぜひ彼女から買いたいと思ったそうです。

最善のアドバイスをするのがプロであり、お客様が求めている機能を果たす
ものが自分のお店にないならば、ときにははっきりと断る。
それが、将来の顧客を生む。

目先の売り上げがほしくてお客様がほしいと思っていないものを勧めることが
ある。しかし、それに満足しなければ、それは1回限りのお客様になってしまう。
目先の売り上げにこだわるのではなく、お客様にとって何が大切なのかを親身に
なって考え、ときに断る勇気も持つことで、その後にもっと大きな売り上げを積
み上げられるようになる。

まさにそうですね。
会社を経営していると、どうしても目先の売り上げが大切になり、あれもやる、
これもやる、と言ってしまいそうになることがあります。
しかし、もしそれが自分の会社に見合うものではなく、結果的に満足いただけ
なかったら、その後が続かず、売り上げは確保したものの、1回だけになる。

クライアントの立場に立ち、ときには「断る」勇気を持つこと。
簡単そうでなかなかできないこと。
肝に銘じて実践していけたらと思います。
by jungae | 2010-04-07 07:39 | 経営者の視点

桜満開!―目黒川など

週末はお花見日和でしたね。
日曜日は近所を散策したりして、桜を楽しみました。
e0123104_7143068.jpg

朝早起きをして、近所を少し走りました。自宅前の通りが「さくら通り」という
名前がついていて、桜がたくさんあります。
この下を走るのはとても気持ち良かったです。
e0123104_7155161.jpg

桜のトンネルになっている場所があります。

昼前に中目黒に出かけてみることに。すごい人でした。
e0123104_7164927.jpg

川にしだれる桜。毎年見ていますが、やはりきれいですね。e0123104_7174561.jpg

西郷山公園近くにある菅刈公園へ。きれいなしだれ桜でした。

公園前のU-ber Life Cafeという素敵なお店を発見。入ってみることに。
e0123104_7202810.jpg

オムライスのカレーソース載せ。おいしかったです。
旗がかわいいですよね。娘がうれしがっていました。
e0123104_7212152.jpg

デザートと飲み物がついて1500円。濃厚なココアを頼みました。美味。

桜を楽しめるのはほんの一時。
毎年見てはいるのですが、堪能したのでした。
by jungae | 2010-04-06 07:25 | 余暇

東京まちさんぽに参加

東京メトロが主催する、「とうきょうまちさんぽ~春と歴史の下町さんぽみち」に
昨日、参加してきました。
e0123104_8255936.jpg

地下鉄後楽園駅からスタート。
e0123104_8274669.jpg

スターとしてすぐのところにあった源覚寺(“こんにゃくえんま”と呼ばれているそう)
にある塩地蔵。歯痛緩和によかったら、問題のある患部に充てると良いらしいです。
e0123104_8301433.jpg

播磨坂桜並木。さくらまつりが開かれていました。
e0123104_8333381.jpg

面白いオブジェがところどころあり、散歩コースになっています。
e0123104_8361841.jpg

下から眺める桜。とてもきれいでした。
e0123104_839857.jpg

茗荷谷駅から筑波大学に行く道の広場にあった面白いオブジェ。

ちょうどお昼時になったので、ランチをすることに。
e0123104_8442045.jpg

LA BECCATTAというこじんまりとしたイタリアンレストランへ。
実は、以前別のウォーキングでお店の前を通ったことがあり、そのときから少し
気になっていたのです。週末の1500円のランチを注文。
e0123104_8485157.jpg

サラダの盛り合わせ。いろいろな食材が入ってボリュームがあります。
お米のような小さなパスタ(サルディニア地方の名物らしいです)と酸味のかかった
ドレッシングがよく合っていました。これに自家製フォッカチャがつきます。
e0123104_850734.jpg

ルッコラと桜エビのピザ。薄生地がぱりぱり。桜エビ、美味です。
e0123104_851188.jpg

自家製タリアテッレ。松の実とハムが入ったバジリコクリームソース味。
タリアテッレはかなりモチモチしていて、食べ応え十分。
e0123104_8535540.jpg

プチデザート。これに紅茶かコーヒーがつきます。
このほかに、娘のためにフィナンシェというお菓子もサービスで出してくれました。
小さい子供2人を連れていたのですが、全然いやな顔をせずに迎えてくれて、
とても丁寧に接客してくれました。突然訪れた場所でしたが、大満足。
機会があったら、また足を運びたいと思います。

食後はウォーキング再開。いっきに六義園まで。
e0123104_8584659.jpg

六義園前のフレーベル館。アンパンマンの商品を出している会社ですね。
六義園はすごい人で、入るのに長蛇の列ができていました。

実はこの後に野球を見に行く予定があり、ウォーキングはここで終了したのでした。
小さい子供2人を連れての4キロのウォーキング。
普段訪れない場所を歩きながら、桜と美味しいランチを堪能。
疲れましたが、大満足でした。。。
by jungae | 2010-04-04 09:04 | ウォーキング
4月は新年度。何かを始めるにはいい季節ですね。
子どもがいてなかなか自分が習い事をするというのはむずかしいのですが、
NHKの語学番組をやってみようかなーなんて思っています。

サイトを見ると、以前と比べても本当に充実して、ラジオ番組はインターネット
でも聞けるようになってました。

英語は気になるものは見たり聞いたりしながら、フランス移住を目指して、
フランス語やスペイン語、イタリア語なんかも遊び感覚でやってみようかと
思っています。
今回はナビゲーターが有名人揃いで、
 フランス語は知花くららさん
 イタリア語は萬田久子さん
 スペイン語は片瀬那奈さん
 ドイツ語は原沙智絵さん です。
(NHKの語学講座は有名女優さんを使うことが多く、井川遥さんはフランス語
講座に出演して、人気が出たと聞きます。)

以前話したことがありますが、私は高校までは海外に行ったことがなく、NHK
の語学講座だけを頼りに英語を勉強していました(語学学校とかは少し行った
のですが、長続きしませんでした)。毎日、毎週少しずつコツコツやっているの
が語学を習得するカギかなーと思っています。

一方で最近感じているのは、語学ばかにはならないようにすること。
特に英語がしゃべれればすべてが通じるとは思わないようにしたいと
思っています。
昨日ユニ・チャームの高原慶一郎会長の「私の履歴書」に触れましたが、
海外戦略で人材を考える場合、語学力は一切考慮しなかった、それよりも
環境変化に全身全霊で立ち向かってくれる人を海外に送り出したと言います。
そういう人は必ず頑張ってくれたそうです。

語学はあくまでを相手を知り、自分の考えを伝えるためのツール。
いろいろな世界があることを知るためのツール。
完璧に話し、読めたらいいとは思いますが、一方で正確でなくても懸命に
コミュニケーションをしようとする姿勢、相手の話を聞こうとする姿勢、そん
な姿勢を持つことがはるかに大事と感じます。

以前ウィッキーさんに取材をしたときに、子どもにドイツ語を教えたくて、
いっしょにNHKのドイツ語講座を見て学んだとか。
私も娘と遊び半分でいくつかの講座を見てみようと思います。

ゆるゆるマイペースに細々と続ける。
4月のこの新しい季節に宣言したいと思います。
by jungae | 2010-04-03 07:34 | 異文化&外国語