アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

東京湾納涼船2014

夏の我が家の恒例ですが、東京湾納涼船に乗ってきました。
e0123104_710511.jpg

e0123104_7105787.jpg

乗る前からわくわく。楽しそうに外を眺めています。
e0123104_7115375.jpg

乗るのはこの「さるびあ丸」。
e0123104_16123993.jpg

いよいよ乗り込みます。
e0123104_1614127.jpg

いつもは並んで乗っていたのですが、今回は到着がぎりぎりになりそう&
友達も一緒だったので、パーティプランを予約しました。いろいろプランが
ありましたが、窓際が取れるということで、部屋の中のプランです。
e0123104_16163519.jpg

e0123104_16171344.jpg

こんな料理が準備されていました。4人分で6000円です。
e0123104_16173897.jpg

外にすぐ出られるので、出てみました。レインボーブリッジがきれいです。
e0123104_16185022.jpg

お台場で花火がやっていて、ちょうど目の前で大きな花火が見られました。
(少しもやっとしていてごめんなさい。)
e0123104_16211239.jpg

レインボーブリッジ反対側からです。
e0123104_16214628.jpg

だいぶ沖に出てきました。
e0123104_16255679.jpg

ゆっくりと戻ってきました。
e0123104_16253393.jpg

東京タワーがブルーに光っていてきれいでした。
(少しぶれていてごめんなさい。)

別のデッキでは浴衣ダンサーズが踊ったりして盛り上がっていたようですが、
少し足を運んだものの、基本的には食事をしながら、デッキに出て夜景を楽
しむ感じでした。
恒例ではありますが、東京の夜景を堪能したのでした。
by jungae | 2014-08-26 16:29 | 余暇
8年ほど前に結婚式をあげたアフィーテ目黒で夏祭りがあり、参加して
きました(毎年、夏と冬にパーティをやってくれ、挙式をした人を招待して
くれるのです。去年の夏祭りの様子はこちら)。
e0123104_8395638.jpg

e0123104_8532382.jpg

素的な門をくぐり、受け付け。
e0123104_8472093.jpg

遊べるおもちゃなどが準備され、子供たちはさっそく遊びだしました。
e0123104_8531894.jpg

お祭り風にフランクフルト、かき氷、チョコバナナが作れるようになっています。
e0123104_8542585.jpg

広い会場。
e0123104_8592051.jpg

こんなきれいにナプキンをたたんでおいてくれました。
娘はほどくのがもったいないとぼやいています…。
e0123104_965412.jpg

食べ終わって、庭などを歩いてまわってみました。
e0123104_973687.jpg

きれいな芝生。
e0123104_973393.jpg

スーパーボールすくいやヨーヨー取りをさせてくれました。
e0123104_991715.jpg

毎度ですが、式場にも歩いて行ってみました。
たくさん花を敷き詰めておいてくれて、興味津々。
e0123104_91014.jpg

e0123104_911848.jpg

案の定、遊びだしました。。。
e0123104_9113438.jpg

新郎・新婦の待合室にも行くため、階段をのぼりました。
e0123104_9141939.jpg

上からの眺め。この階段、思い出が詰まっていて、少しだけ感動します。
e0123104_913932.jpg

きれいなウェディングドレスが並んでいました。
e0123104_9145673.jpg

最後までスタッフの方にたくさん遊んでもらいました。

結婚して8年ですが、パーティには行けるときには行くようにしています。
果たしてあとどれくらい行くでしょうか。
子供たちもとても気に入っているようで、毎回楽しみにしています。
(式場の戦略はうまくいっている?!)

私自身はなんとなく初心に返り、新鮮な気持ちになります。
招待されて、都合がつく限りは行き続けられたらなーと思っています。
by jungae | 2014-08-25 09:23 | グルメ
イタリアへの旅10回目。今回で最後になります。
お付き合いいただき、ありがとうございます。
e0123104_6452662.jpg

散策しながら、ドォーモに戻ってきました。
e0123104_6464481.jpg

おなかがすいてきたので、ドォーモ広場から1本入ったレストランで
ディナー。トラムがひっきりなしに通り、乗り物好きの息子は上機嫌。
e0123104_648344.jpg

ミラノ名物のカツレツ。
e0123104_648891.jpg

最後の夜もやはりピザ。。。
e0123104_6485177.jpg

Chardonnayのスパークリングワインをいただきました。
冷えていておいしい。。。
食後8時過ぎだというのに明るく、ドォーモに戻り、登ってみることに。
e0123104_6503413.jpg

先端にまで繊細な装飾が施されています。
e0123104_6524452.jpg

一番上まで来ました。
e0123104_652158.jpg

反対側の風景。
e0123104_6532128.jpg

外の風景。暗くなりつつあり、幻想的。
e0123104_6552542.jpg

日が沈みました。
e0123104_655649.jpg

外を興味深く眺めています。
e0123104_656454.jpg

名残惜しいですが、降りてくることに。
e0123104_6571878.jpg

すっかり真っ暗に。
e0123104_6581321.jpg

でも人は結構います(暗くてごめんなさい…)。
疲れてぐっすり眠りました。
翌朝はPrincipe di Savoiaの朝食。
e0123104_704219.jpg

いろいろなものが並び豪華。
e0123104_723645.jpg

広々として豪華なレストラン。
e0123104_721387.jpg

こんな感じでいただきました。スパークリングワインが飲めるので、
ついいただいてしまいました。
e0123104_731474.jpg

満腹にいただいて場所を後にしました。
e0123104_735795.jpg

ミラノ中央駅まですぐのようで、歩いてみることに。立派です。
e0123104_743218.jpg

空港につき、帰路についたのでした。
(家族フレンドリーをうたっており、特別なレーンを通らせてくれました。)

9日間のイタリアの旅。ミラノ、フィレンツェ、ベネチアと王道ではありますが、
それぞれの都市が見せる表情が様々。
フランスのように中央集権的な国ではなく、それぞれが独立していたという歴史
を垣間見、堪能できました。

なお、長い報告にお付き合いくださり、ありがとうございました。
by jungae | 2014-08-25 07:11 | グルメ
イタリアへの旅9回目。あともう少しです…。
e0123104_833239.jpg

ヴェネチアから3時間ほどでミラノ中央駅へ。
e0123104_8342925.jpg

大きな立派な構内。
e0123104_8452191.jpg

最後の夜となるミラノでの一泊。主人が奮発してHotel Principe de Savoia
というところに滞在。
e0123104_938916.jpg

きれいな花が飾られています。
e0123104_8595496.jpg

豪華なお部屋。
e0123104_9232898.jpg

向かい側はこんな感じ。
e0123104_9312478.jpg

素的な楽譜が置いてあります。
e0123104_9323162.jpg

e0123104_9324615.jpg

広いバスルーム。
少しくつろいで散策にでかけました。
e0123104_9435479.jpg

ホテル前の共和国広場。路面電車が走っています。
e0123104_9422650.jpg

プッブリチ公園へきてみました。
こういう公園で遊びのが一番楽しいよう。
e0123104_945050.jpg

モンテナポレオーネ通りを少し歩いてみました。この車が気になる?!
e0123104_9491887.jpg

暑いので、やはりついジェラートに。
e0123104_9521339.jpg

ヴィットリオ・エマヌエーレIII世通り。ミラノは2015にエキスポがあり、
道のあらゆるところに案内が出ています。
e0123104_9551570.jpg

大道芸をしている人がたくさんいます。
e0123104_9573539.jpg

片手で立っています。すごい?!
e0123104_956026.jpg

ドゥオーモに到着したのでした。

その10に続く。
by jungae | 2014-08-23 10:01 |
イタリアへの旅8回目です。少し長くなり、ごめんなさい。
あともう少しなので、お付き合いいただけたら幸いです。
サンマルコ広場で遊んだ後、街を歩いてみました。
e0123104_784185.jpg

e0123104_7142389.jpg

この御面をモチーフにしたお店がたくさんありました。
e0123104_79588.jpg

ベネチアングラスが有名ですが、ガラスでつくった宝飾品店。
e0123104_7121923.jpg

狭い運河を通るゴンドラに興味津々。
e0123104_7122938.jpg

リアルト橋到着。上からの眺めです。
e0123104_7133894.jpg

ヴァポレット、ゴンドラ、たくさんの乗り物がひっきりなしに通ります。
e0123104_715269.jpg

ヴァポレットに乗って移動。ゴンドラ3台が並び、船頭さんたちが合唱。
e0123104_7171033.jpg

途中で降りて、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会へ。
正面に見えるのはティツィアーノの代表作の「被昇天の聖母」。
e0123104_719363.jpg

G.ベッリーニ作の「聖母と諸聖人」。
e0123104_721816.jpg

1475年のゴシック・ルネッサンス様式の聖歌隊席。
e0123104_722311.jpg

カラフルなお菓子を売るお店を発見。
e0123104_722418.jpg

リアルト橋に歩いて戻り、ディナー。モレッティのビール。
e0123104_722552.jpg

イカ墨のパスタ。
e0123104_725951.jpg

レバーを煮込んだもの。
e0123104_7252559.jpg

再度リアルト橋へ。日が少し暮れてきました。
e0123104_7261293.jpg

運河近くで楽しむ人たち。
e0123104_7275799.jpg

サンマルコ広場に戻ってきました。
e0123104_7283649.jpg

ヴァポレットに乗り、ホテルに戻りました。
e0123104_7294076.jpg

翌日ヴェネチア駅に行き、電車に乗り込みました。素的な眺め。
e0123104_730975.jpg

ミラノ行の高速列車に乗り込みました。
e0123104_7312314.jpg

海を眺めながら、ヴェネチアを後にしたのでした。

まだまだ見るものはあったと思いますが、時間切れ。
ただ、できる範囲で堪能できたかなーと思いました。
by jungae | 2014-08-21 07:32 |
イタリアへの旅、7回目。
ヴェネチアの2日目。運河を通るヴァポレット(船)を見つけました。
e0123104_9375723.jpg

息子は先頭に乗りたがり、船長気分。
e0123104_940187.jpg

きれいな橋が架かっています。
e0123104_9424450.jpg

e0123104_9433964.jpg

海の真上に家がある感じ。少し雨が降っていて、水かさが上がっています。
e0123104_9444758.jpg

リアルト橋。すごい人。
e0123104_945572.jpg

ゴンドラもたくさん出ていて、船頭さんが歌っています。
e0123104_9464630.jpg

色とりどりの建物は本当にきれい。
e0123104_9472390.jpg

アカデミア橋。
e0123104_9484127.jpg

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。
e0123104_9512134.jpg

サンマルコ広場に着き、今日は寺院に入ってみることに。
e0123104_9524468.jpg

ビザンチン建築の傑作と呼ばれ、印象的な建物。
e0123104_9535026.jpg

「昇天」のクーポラ。
e0123104_9543396.jpg

横にあるドゥカーレ宮殿にも。角にあるこの彫刻が気になるよう…。
e0123104_9562779.jpg

立派な中庭。
e0123104_9564471.jpg

いろいろな彫刻の施された井戸に興味津々。笑った顔、怒った顔、
にやにやした顔があると言っています。。。
e0123104_9583535.jpg

いざ中へ。水が本当にすぐそこまで来ています。
e0123104_959938.jpg

少し怖い顔を恐れつつも、近づいていきます。
e0123104_1004470.jpg

「地図の間」。
e0123104_1021545.jpg

天井壁画が凝っていて、すごい迫力。
e0123104_1021639.jpg

e0123104_1052593.jpg

「元老院の間」の天井と壁。
e0123104_1035419.jpg

最上階からの眺めはとてもきれい。
e0123104_1063343.jpg

「大評議の間」は圧巻です。
e0123104_1075366.jpg

外に出てきました。
e0123104_1081519.jpg

サンマルコ広場に戻ると、大きな水たまり。そこで遊んでいる子供がいて、
自分たちも入っていきました。午前中に雨が降り、水はけができておらず、
マンホールから水がわき出ていているのです。
e0123104_1010598.jpg

もう水浸しです。。。
e0123104_10111047.jpg

水遊びが終わると、鳩にパンをあげて遊びだしたのでした。
これが印象に残っているかも?!と思ったのでした。

その8に続く。
by jungae | 2014-08-18 10:16 |
イタリアへの旅の報告は一度休憩。
昨日ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルでやっている「はまビア!
~海の見えるビアガーデン~
」に行ったので、まとめてみます。
e0123104_18101594.jpg

駅から向かう途中、555分でつい1枚。
e0123104_1815844.jpg

印象に残る建物。
e0123104_18113782.jpg

会場到着。観覧車がここからも見えます。
e0123104_18122416.jpg

食事を飛びそびれました。大人は食事に飲み放題がつき、事前チケットで4600
円(当日だと5200円)です。これは生ビールを入れるもの。下から入る仕組みに
なっていて、ちょうどよく泡も出ます。
下のどこかに穴が開いていると思うのですが、漏れません。こういうのを開発する
のはすごいですね。。。)
e0123104_18153534.jpg

徐々にライトアップされてきて、きれいです。
e0123104_18163517.jpg

子供たちは少し飽きてきて、ホテル内を散策。この会談で「結婚式ごっこ」を
やっていました。
2時間でしたが、きれいな風景を見ながら、堪能したのでした。
e0123104_1851348.jpg

その後は、大観覧車「コスモクロック21」に乗りたいとねだり、乗ることに。
ピカチューの特別車があり、それに乗れました(なぜだかそのほうが混んで
いなかったのです)。
e0123104_1820783.jpg

車内はこんな感じ。(実は子供たちはあまりピカチューを見ておらず、あまり
響いてはいない感じ?!)
e0123104_18205910.jpg

息子は身を乗り出して外を見ています。
e0123104_1822018.jpg

e0123104_18224711.jpg

夜景は本当にきれい。
e0123104_18252123.jpg

少しまぶしいですが、右奥に見えるのが横浜スタジアム。
e0123104_18254712.jpg

さっきまでインターコンチネンタルもじっくり鑑賞。
10分ほどの乗車を堪能したのでした。
e0123104_18262424.jpg

駅に向かい、観覧車を再度眺めて、帰路についたのでした。

横浜みなとみらいは久しぶりですが、十二分に楽しめました。
水に近い街を堪能したのでした。
by jungae | 2014-08-17 18:29 | グルメ
イタリアへの旅の6回目。ヴェネチアに到着。
滞在はヴェネチア島内ではなかったので、バスで島に向かいました。
e0123104_1840321.jpg

バスで橋を渡るのですが、きれいな海が見えてきました。
e0123104_18422927.jpg

ヴァポレットという船に乗り、移動。海が気持ちいいよう。
e0123104_18441055.jpg

大きな船。
e0123104_7442288.jpg

色とりどりの家たち。
e0123104_7461529.jpg

e0123104_747570.jpg

本当に水と共に生きている街ですね。
e0123104_749246.jpg

ヴァポレットを降りてサンマルコ広場へ。寺院は結構修復中。
e0123104_7515254.jpg

広い広場に鳩がたくさん。もってきたパンをあげ始めました(はまっている
のです)。。。
e0123104_7524591.jpg

ドゥカーレ宮殿。
e0123104_754156.jpg

おなかがすいてきたので、海辺のレストランでディナ―。ロゼ、冷えていて
美味しい。
e0123104_754486.jpg

海なので、海の幸の前菜盛り合わせ。すごいボリューム。これでおなかいっぱい
になりそう。
e0123104_7561050.jpg

海の前で気持ちいい。
e0123104_757866.jpg

明るいので、もう1度サンマルコ広場に戻ることに。
e0123104_758038.jpg

まだまだすごい人。
e0123104_7595169.jpg

サンマルコ寺院の前に鐘楼があり、上にある天使。ここにのぼってみることに。
e0123104_81460.jpg

夕暮れのきれいな風景。しばし鑑賞ください。。。
e0123104_8113265.jpg

e0123104_731378.jpg

e0123104_7324139.jpg

e0123104_73530100.jpg

夕暮れになってとてもきれい。
e0123104_7341721.jpg

豪華客船が入ってきました。どこに行くでしょう?!
e0123104_7362111.jpg

e0123104_7364896.jpg

息子は飽きずにずっと見ていました。
e0123104_738149.jpg

降りてくると、サンマルコ広場のレストランのあちらこちらで音楽演奏。
e0123104_7385132.jpg

サンマルコ広場はまだまだ人がいます。
e0123104_7393249.jpg

ヴァポレットに乗り、帰路についたのでした。

その7に続く。
by jungae | 2014-08-17 07:43 |
イタリアへの旅、5回目。
フィレンツェの街は、小さいので、歩いてまわると楽しいです。
e0123104_16224815.jpg

共和国広場。
e0123104_16241167.jpg

メリーゴーランドがあり、ついつい乗ってしまいました。
おなかがすいたので、ディナー。駅近くのホテルでその横のレストランに。
e0123104_2140184.jpg

前菜盛り合わせ。味がしっかりついていて美味。
e0123104_2139438.jpg

熱々ラザニア。美味しいです。
e0123104_21404113.jpg

Tボーンステーキが有名。左は豚肉。どちらもすごいボリュームで満腹。
e0123104_21414922.jpg

ちなみに街を歩いているとジェラート屋さんをたーくさん見かけ、暑いし
ついつい手が出ます。
e0123104_21434157.jpg

e0123104_6152470.jpg

かわいいスイーツ屋さんがたくさんあります。
e0123104_616439.jpg

8時過ぎに食べ終わったものの、まだまだ明るいので、駅前のサンタ・マリア・
ノヴェッラ教会の広場へ。明るいですね。
e0123104_6193791.jpg

息子と同じ年くらいの男の子がいて、二人で走り回っています。
結局9時過ぎまで遊ぶことに。
e0123104_6204650.jpg

フィレンツェ最終日の朝はメディチ家礼拝堂へ。
e0123104_6224893.jpg

修復中ですが、「君主の礼拝堂」。
e0123104_6234165.jpg

ミケランジェロ作 ネムール公ジュリアーノ・デ・メディチの墓碑。
e0123104_6252685.jpg

メディチ家の人たちに興味津々。
e0123104_626412.jpg

メディチ家の家系図。フィレンツェでは大きな影響力を持ち、数々の芸術家
たちを支援したことで、フィレンツェを芸術都市にしたのかなーと感じました。
まだまだ見るところはあるものの、時間切れでこれくらいに・・・。
(また来ることがあるでしょうか…。)
e0123104_6275333.jpg

駅に到着。電車まで時間があったので、駅前の広場で鳩たちにパンを
ちぎってあげることに(結構はまっていたのです)。
e0123104_630450.jpg

フィレンツェを後にし、高速列車でヴェネツィアに向かったのでした。

その6に続く。
by jungae | 2014-08-15 06:50 |
イタリアへの旅4回目です。
ベッキオ宮に入り、ウッフィツィ美術館を訪れてみました。
e0123104_6174618.jpg

フィレンツェ共和国の政庁が置かれた場所だとか。
e0123104_6185867.jpg

イルカを抱くキューピッド。
e0123104_6194387.jpg

五百人広間。市民会議が開かれたとか。
e0123104_6202860.jpg

立派な天井。
e0123104_6205451.jpg

とても印象に残る彫刻。
e0123104_6223634.jpg

地図の間。
e0123104_623107.jpg

塔にのぼれます。とても美しい眺め。
e0123104_6235331.jpg

反対の眺め。
e0123104_6243730.jpg

登るのは大変そうにしていたものの、降りるのは嬉々としています。
e0123104_6252070.jpg

ついにウッフィツィ美術館へ。
e0123104_625525.jpg

豪華な彫刻が迎えてくれます。
e0123104_6263693.jpg

豪華な作品が並ぶ通路。
e0123104_6271195.jpg

フィリッポ・リッピの「聖母子と二人の天使」。
e0123104_627588.jpg

ピエラ・デッラ・フランチェスカの「ウルビーノ公夫妻の肖像」。
e0123104_6284667.jpg

ボッティチェッリの「ヴィーナス誕生」。実は一番好きな絵なのです。
久しぶりに見られて大感激。この肌の感じは、鳥肌が立ちます。
e0123104_630111.jpg

同じくボッティチェッリの「春/プリマヴェーラ」。これも好きです。
e0123104_632515.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」。計算し尽くされた感じ?!
e0123104_63369.jpg

ミケランジェロの聖家族。
e0123104_6334115.jpg

少し疲れたので、テラスのカフェで休憩。ワインとミニピザ。ちょうど
いい感じ。
e0123104_6342691.jpg

ベッキオ宮の塔がきれいに見えて、「ここにのぼったんだよ~」と子ども
たちと話しました。
e0123104_6351046.jpg

きれいな風景を楽しめるテラス席に大満足。
e0123104_636077.jpg

ラファエッロの「ひわの聖母」。
e0123104_6364047.jpg

カラバッジョの「メドゥーサの首」。
e0123104_6385853.jpg

同じくカラバッジョの「バッカス」。
e0123104_6483253.jpg

フィレンツェ市内の模型に興味津々。
e0123104_649144.jpg

出てくると、たくさん鳩がいて、追いかけながら楽しんでいます。
e0123104_649542.jpg

川に出てきました。
e0123104_6502264.jpg

そうそう、ここにも愛を誓う鍵がかかっていました(ザルツブルクに行ったときに
たくさん見かけたのです。こちら)。世界のトレンドでしょうか。
3時間弱でしたが、大好きな絵を見ながら、とても充実した時間を過ごし、
堪能したのでした。

その5に続く。
by jungae | 2014-08-14 06:54 |