人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
金融危機はいろいろな人に影響を与えていますね。
借金がどのように膨らんでいったのか、そのことについて、面白い記事を
見つけました。My Personal Credit Crisis(5月14日)というものです。

これは、記者自身の経験を赤裸々につづったものです。
彼自身はニューヨーク・タイムズの経済記者として長年働き、過去6年間は
米連邦制度準備委員会(FRB)を取材し続け、2004年に住宅ローンが乱発
されていることについて警鐘を鳴らす記事を書いたり、1997年のアジア発
の経済危機、1998年のロシア経済の崩壊、2000年のITブームの崩壊
についても取材をしてきました。
そのような立場だから、自分が変な住宅ローンを組み、借金にまみれるよう
な状況に陥るとは考えていなかったといいます。

しかし、自分も他の人と同じように、過ちを犯したのです。
2004年、48歳になったときに、フィアンセと出会い、新しい人生を始めたい
と思いました。暮らす家が必要で探したところ、とてもいい物件が見つかり、
46万ドル(約4,600万円)で売主が売ってくれることに。
ただここで、資金をどうするかが問題に。
離婚をしていて、月に4千ドル(40万円)を生活費や息子の養育費として
前妻に渡しており、基本給が年間12万ドル(1200万円)の中では、手元
に月に2,777ドル(27万円)くらいしか残らない。
このような状況で、40万ドル(4000万円)も貸していくれるとしたら、
おかしなことだと思った。

ところが、実際には、それが可能になったのです。
不動産屋さんがAmerican Mortgage Groupという会社の住宅ローン
専門の人を紹介してくれ、いろいろアドバイス。
自分の収入を考慮すると50万ドル(5000万円)は借りられる、前妻への
生活費や子供への養育費については、述べる必要がないと言われました。
実際にはその後いろいろ問題があったものの、資金を二つの会社から借り
るなどして(一方は少し危険なもの)、家を手に入れました。
そのローンは最初の5年間は5.625%という利率でとても低く、月に
2500ドル(25万円)を支払えばよいもの。5年後には格段に上がります。

ローンの専門家は言ったそうです。
「5年後には物件の価値が上がっているので、そのときに借り換えを
すればいいのですよ。」

しかし、実際には徐々に支払いに困り、クレジットカードをお金を借りて、
それをローン返済に回すことに。そのクレジットカードが使えなくなると、
別のクレジットカードを使って支払うという循環に。
負債はどんどんたまっていき、支払いの催促の電話は鳴りっぱなし。
パニック症候群に陥りました。

金融危機が顕在化した現在は、今のローンの借主のJPモルガン・
チェースに問い合わせているものの、他の人からの問合せが多く、
対応できないと言われているとのこと。自分と同じような借主が
数多くいるのではないかと言っています。

サブプライムローンは、簡単に言うと、収入の少ない人でもマイホーム
を持つという夢を実現できるように、住宅ローンを組めるようにしたもの。
(相変わらず、簡単に解釈しすぎていてごめんなさい。)
最初の何年間かは金利も少なく、支払いも少なくてよい。支払いが増え
る時期には、不動産の価値が上がるので、そこで借り換えればいい
(実際にはそんなことはなかったのですが・・・)。
それが常套句だったのでしょう。

筆者は言います。

お金を借りられたことでわくわくしてしまった。
家を借りるよりも、はるかに簡単に50万ドル(5000万円)を借りられて、
面白いとさえ思った。

経済記者をするような優秀な人でも同じような間違いを犯す。
冷静に考えれば、絶対におかしいのに、それに酔いしれてしまう。
お金の恐ろしさというものについて、改めて考えさせられたのでした。
by jungae | 2009-05-19 06:44 | NewYorkTimesの気になる記事

倹約が楽しい?

経済危機と言われて久しいですが、倹約をする人ががアメリカで増えているそうです。
Austere(厳しい) times? Perfect”(4月10日)の記事で紹介されています。

ここに来て、失業したり、お給料を減らされたりして、消費を減らす人が増え始めています。
倹約をする人はいつの時代ももちろんいるのですが、彼らは支出を減らすという目的だけで
なく、楽しんで取り組んでいると言います。“大喜びの倹約(Gleefully frugal)”とか。

アメリカ人は借金をしても買い物をする人が多いと言われていて(クレジットカードを
何枚も持っていますし)、その旺盛な消費欲が世界経済を支えていたとも言われます。
アメリカの貯蓄(預金)率は1980年代に徐々に減り、2008年8月には1パーセントに!
それが5%まで上がったと言います。
(日本は必要なお金以外に預金に入れておく人がまだまだ多いので、この預金率は
なんだか想像しにくいですが・・・。)

現在、The Dollar StretcherAll Things Frugal
Frugal Momなどいろいろなサイトやブログも立ち上がっていて、実際に会合をして、
いらないものを交換し合ったりもしているそう。

もちろんこればかりが続くと、経済や企業にとってはよくありません。
ただ、「この危機はとても大変だけど、ライフスタイルや人生にとって何が大切なのかを
考えるいいチャンスだ」とある女性は語るように、ただただ新しいものをたくさん買う(企業
からすると買わせる)行動に依存して、成長をしていく経済システムは、根本から変わって
いく必要があるのではないかとも思うのです。

なお、私自身はというと、倹約するときは倹約するし、使うときは使うと、
なんとなくメリハリをつけるように心がけています。
ものに対する執着がそれほどないので、高価な宝石やバッグなどは買いません。
(以前は結構ブランド物にはまったときもありましたが・・・)
旅行に行っていろいろな自然や文化、人々に会うことが好きなので、そういうことには
お金を使うほうです。
それらは自分を豊かにしたり、成長させてくれたり、考える機会を与えてくれるので
(“自分の糧になる体験”と勝手に呼んでいます)、そういうことには許される範囲で
お金を使いたいなーと思っています。
(もちろん、ウォーキングやランニングなど、お金をかけずに楽しめることも大好きです。)
by jungae | 2009-04-18 08:07 | NewYorkTimesの気になる記事

外貨預金に思うこと

お金のことや資産運用が気になり始めました。円高になり始め、
今は外貨預金に関心が出始めました。

本当に急激な円高が進んでいます。というか、ドル安かしら。
今日は持ち直しているようですが、昨日は1ドル100円を切りました。

勝間さんの本を読んで以来、資産運用への関心が高まり、インデックス型の
投資信託の運用を開始しました。

私はこっそりとした夢があって、将来は1年の3ヶ月くらいは南仏でのんびり
過ごしたいと思っています。美味しいワインを飲みながら、関心がある分野の
勉強をしたりしながら、ゆっくり過ごせたらと思っています。
(まさに夢のような話ですが・・・)。

なので、ユーロ貯金をして、将来はそれをヨーロッパで使えたらと思い、
当初はそれで外貨預金を考え始めました。

ただ、調べてみると、外貨で貯めたお金を外貨で引き出せるというサービスは
ほぼ皆無のようです。シティバンクがドルに対応していますが、ユーロには対応せず。
あと、ソニー銀行が対応していますが、手数料をかなり払うサービスに入らないと
いけないようです。

なかなかやりづらいなーと思いました。

将来海外で過ごすために現地の通貨でお金を貯め、現地で使いたい。
そんなことを思っている人は多いはずです。

そんなサービスを始めてほしいと思いました。

でも、まずは長期戦略でユーロ貯金かドル貯金を始めてみようかしら。
by jungae | 2008-03-14 16:08 | NewYorkTimesの気になる記事
ここ数日は気持ちの良い冬晴れでしたが、今日は少しどんよりしていますね。

今日は最近読んで本を紹介したいと思います。
『お金は銀行に預けるな――金融リテラシーの基本と実践』(勝間和代著、
光文社新書)です。

この本を読むと、お金をただ銀行に預けていてはだめだなーとつくづく
実感させられます。
(勝間さんとは何度かお会いしたことがあって、とても素敵な方です。)

私は新聞好きで、仕事柄、日経はかなりよく読んでいます。
(そのほか、日経MJ、日経産業新聞、そしてInternational Herald 
Tribuneなどを読んでいます。)
なので、経済関係のニュースには関心があり、投資をしてみたいなーとは
常々思っていました。また、子供ができたことで、将来のお金のことについても
少しずつ考えるようにはなっていました。

ただ、面倒くさい、時間がないということを理由に、なんとなく後回しに。

この本を読んで、「それではいけない!!」と、あらためて思い知らされました。

私たちはお金の話をするのは恥ずかしいといわれて育っていますよね。
がつがつとお金の話をしてははしたないと。

ただ、これからはお金のことを知らないと、逆に損をする時代なんです。
「金融リテラシー」を身につけることは、これからの時代を生き抜くのに不可欠。

まずは何はともあれ、行動。今週証券会社に口座を開いて、一歩を踏み出そうと思います。

「目からうろこ」の本なので、機会があったら、ぜひ読んでみてください!!
by jungae | 2007-12-11 19:25 | NewYorkTimesの気になる記事