人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:インド ( 2 ) タグの人気記事

欧米で育ったインド出身の人たちは、教育を受けてビジネスの分野で活躍した後、
自分の国に何かしら貢献したいと思う人も多いのが現状。ただ、そこで大きな問題に
直面しているそうです。Some Indians Find It Tough to Go Home Again
(11月27日)という記事です。

40年前に7歳で両親といっしょにインドをあとにし、アメリカにわたったShiva
Ayyadurai氏は、いつかインドの役に立つために戻ってくると誓いました。
45歳になった彼は、海外にいる有能な科学者を呼び戻すという、インド政府
の計画のもと、その夢を実現すべく、ボストンからニューデリーに戻りました。

「完璧のように見えた」けれど、現実はとても厳しかったようです。
欧米式の教育を受けたMr. Ayyadurai氏にとって、インド政府は非効率で
融通の利かないものでした。ボスとぶつかり、仕事の契約は解除され、
ボストンに戻ることになりました。

インド政府は海外で教育を受けた優秀な人材をインドに呼び戻すべく、積極的に
活動しているものの、同じような問題を抱え、帰って行く人は多いようです。

ある調査会社の調査によると、今後5年間で10万人の人がアメリカからインドに
戻る予定ですが、戻る人(repatと呼ばれるそうです)の34%は、交通事情や
インフラが整備されていないこと、官僚主義などについて不満を持っており、
適応するのに苦労しているとか。

repatたちの問題は、インド人のように見えるが、アメリカ流の考え方をすること。
彼らが自分たちと同じようにインドのことを知っているだろうと人々は思うのですが、
repatの人たちはよくわかっていない、それを理解できていないと言います。
一方で、アメリカ式やイギリス式で物事が進んでいないと、repatは文句を言います。

欧米式のビジネスの手法、インド式のビジネスの手法。

これまでは欧米式がいいという考え方がありましたが、それがすべていいわけでは
なく、それぞれに良さがあり、お互いのいい点をうまく取りこんでいくような仕組みが
必要だと、最近私は考えるようになりました。

お互いがお互いの違いを理解し、受け入れ、それぞれの良い点を吸収することが、
これからは求められているように思いました。

優秀な人材をどのように活かすか。
どの国にとっても、どの企業にとっても大きな課題ですね。
by jungae | 2009-11-30 07:27 | NewYorkTimesの気になる記事

インドの“選択”の矛盾

インドではグローバル化が進むとともに、“選択”の矛盾が生じています。
The Paradox of 'choice' in a globalized culture という記事です。

インドは2000年のIT危機(“Y2K”と言われました)の際に、有能なエンジニア
などが大活躍し、グローバル化の中で成長への大きな機会を得て、その後は
アウトソーシング事業をインドで展開する企業が大幅に増えました。

そのブームの恩恵を受け、コールセンターを始め、いろいろ活躍したのが、
英語を話せる人たちです。低所得の若い人たちにとっては、英語は“植民地の
言語”ではなく、“解放、独立、移動のため言語”になったのです。

しかし、それから約10年、ムンバイで若い人が現地語ではなく、英語だけの
看板を掲げたレストランやお店の窓を叩き壊す事件が起きました。
この地域では、英語は“排除の言語”と見られるようになったのです。

もともと英語などの言語を学ぶことは“選択(choice)”であるはずなのに、
それが普及し、多くの人が英語を話せるようになると、逆に話せないと社会から
取り残され、疎外感を感じ始める。

choiceと言えるのは、“最初になる”ということが前提にあります。

最初に英語を学ぼうとした人たちにとっては英語がchoiceであり、それで
大きな成功を収めていく。ただ、それが普及すると、英語を学ぶことが
choiceではなく“must”になり、それを学ばざるを得なくなる。
そしてたとえ学んだとしても、いち早く学んだ人よりも受けられる恩恵は
少なく、逆にできないことで取り残されてしまう。

グローバル化の中での大きな問題ですね。
考えされられました。。。
by jungae | 2008-09-15 06:58 | そのほかの気になる記事