アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:気づく ( 1 ) タグの人気記事

個人的なことながら、第2子を妊娠しました。
今は7カ月目の終わりで、もうそろそろ8カ月目に入る感じ。
順調に行けば、1月に出産予定(仕事は年内いっぱいはする予定です)。

1人でも四苦八苦しているのに、2人目となるとどうなることやら。
大変さも2倍になるけれど、楽しさも2倍になるだろうと信じて、がんばろうと
思います。
(2人目のいらっしゃる方、よかったら、アドバイスをいただけたらうれしいです。)

なお、今は、妊婦マークをかばんにつけて電車などで移動しています。
その中で、妊婦マークに気づいていない人が多いという印象を持っています。
(1度だけ妊婦マークに気づいた方が、座席を譲ってくれたことがありました。
私自身はつわりはそれほどひどくなく、体も楽なほうなので、立っていても問題
ないです。でも、感謝ですね。)
電車に乗っている人は本や新聞などを読んでいたり、ゲームをしていたり、寝て
いたり、あまり周りを見ていないですよね。

気づくか、気づかないか。
これによって、世の中のとらえ方がだいぶ変わるなーと思います。

私自身、自分が妊娠するまで、妊婦マークに気づいていませんでした。
また、子供を持ってみて、街には子ども連れが結構多いなーと感じるようにも
なりました。

ただ、ある人に指摘されたのです。
実際には、妊婦マークをつけている人も、子ども連れで出かけている人も
以前からいる。
自分の関心がそっちに向いていなかったから、気づいていなかっただけだと。

指摘されてみると、確かにそうかもしれません。
自分が関心がないこと以外は、人は気づきにくいのかもしれません・・・。

気配りのできる人は、多くのことに「気づける」と言います。
相手が何を必要としているのかを気づき、必要な提案をする。
簡単そうで、なかなかできないです。

ともすれば、周りに対して無関心のままに過ごせますが、自分が体験した、
しないにかかわらず、いろいろなことに関心を持って気づき、「気配り」できる
ようになったら、世の中に対して少しはいい影響を及ぼせるかなーとも思います。

いろんな生き方があると思いますが、私は「気づく」ことができる人になり
たいな、と感じる今日この頃です。
by jungae | 2009-10-22 06:26 | 子育て&家族