人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:気遣い ( 3 ) タグの人気記事

このブログでも何度か書いていますが、ちょっとした気遣いに癒されたり、
力をもらったりすることがよくあります。
最近息子を抱っこしながらスターバックスでお茶をしていたら、
席を譲ってくださった女性が、こんなメモをくれました。
e0123104_6441291.jpg

少し見にくいですが、
「グッスリねむっているようなので、トイレの時はだっこしてます。
えんりょなくいってくださいネ」
と書かれています。

この日は息子を保育園に預けたものの、熱を出したのでお昼に引き
取り、病院に行った後でランチをしていたのです。

こんなちょっとした気遣いをしてくれると本当にうれしいですね。
大したことではないですが、なんだかほろりときてしまいました。
(最近本当に涙もろいかも。歳のせい!?)

別の話ですが、タクシーに子供たちと一緒に乗ったとき、運転手の
方が置いてある小さな飴をすすめてくれ、
「いろいろな色があるから、たくさん持っていっていいからね」
と言ってくれました。娘は大喜びでした。

恩着せがましいと感じる人もいるかもしれないですが、
私自身はこんなちょっとした気遣いをできるドライバーがいる
タクシーに乗りたいなーと思ったのでした。

ちょっとしたことも、ちりも積もれば山となる。
重なれば、大きな違いを生み出すと感じる今日この頃です。
by jungae | 2010-08-19 06:57 | 経営者の視点
暑い日が続いたと思ったら、肌寒くなり、少し体調を崩し気味。
無理は利かなくなっているのでしょうか。
体調がすぐれないとき、ちょっとした気遣いに触れると、癒される
こと、ありますよね。

普段あまり感情を表さない人が「大丈夫?」と声をかけてくれたり、
メールで「無理しないでくださいね」とメッセージをくれたりすると、
なんだかほろりときてしまいます。

人間が癒されるのはちょっと心遣いなんだろうなーと思います。

先日いつも行くあるカフェレストランを訪れたとき。
食べたかったパンが売り切れていてなかったのですが、どうしても
食べたくて店員の方に聞いてみたのです。
「○○パン、ありませんか?」

すると店員の方が「少々お待ちくださいね」と言って、少しして戻って
きて、言いました。
「ちょうど焼きあがったところでお持ちしますね。熱いので気をつけて
くださいね」

人によっては「ありません」ということだけで終わってしまうと思うの
ですが、わざわざ調べてくれて、「熱いので気をつけてください」と
気遣いをしてくれる。

本当に些細なことですが、本当にうれしかったのです。
(その日はなぜだかすごくそのパンを食べたいと思っていたし)。
ぜひまた訪れたいと思ったのでした。

ちょっとしたことの積み重ねで、心が癒され、ファンができていく。
それをおろそかにしてはいけないのですね。

ちょっとした気遣いのできる人でありたいと思ったのでした。
by jungae | 2010-05-12 06:30 | 経営者の視点
ちょっとしたことに癒されることってありませんか?

仕事でトラブルがあって落ち込んだり、だれかと喧嘩をしていらいらして
いるときに、

○落としたものをさっと拾ってくれる
○気分を悪そうにしていたら、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれる
○エレベーターで「どうぞ」と譲ってくれる・・・etc

こんな、全然知らない人の一言や優しい気遣いに触れると、ほっとすると
感じます。

以前航空会社に勤めていたときに、お酒に酔って少し騒がしくなっている
団体旅行(社員旅行)の一団があり、「注意してほしい」と近くのある女性
のお客さまから言われました。
「静かにしていただけますか?」と注意をしたのですが、問題だったのは、
伝えた人がその会社の社長の方だったこと。
そのグループの別の人から、「うちの社長に何を言ってくれるんだ!」と、
本当に大声で怒鳴られたのです。謝罪をしたものの、注意をしないわけ
にはいかないので、「ご理解いただきたい」と伝えました。

理不尽さを感じながらも、そのときは怒りや悲しみをぐっとこらえて戻って
きました。すると、「注意してほしい」と言った女性が私のところにきて、
「大変でしたね。でも、ありがとうございました」と言ってくれたんです。

大したことではありませんが、その一言に本当に癒され、ちょっと
恥ずかしいですが、それまでは涙をこらえていたのですが、逆に
その優しさにホロっときてしまい、泣いてしまったのです。

どんなにがんばっていてもつまずくときもあれば、落ち込むときもある。
そんなときに癒されるのは、人間のちょっとした優しさに触れることなの
だなーと感じます。
by jungae | 2009-12-19 07:18 | 経営者の視点