人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:経営者 ( 13 ) タグの人気記事

体調管理の大切さ

月曜日と火曜日、久しぶりに寝込みました。
日曜日の夜、夕食後しばらくてしたら突然立ちくらみがしました。
その夜はそのまま寝ましたが、月曜日の朝起き上がると、全身がしびれる感じ
がして、ふらふら。朝食を用意したものの、まったく受け付けず・・・。

主人といっしょに保育園に預けに行き、帰宅してそのままベッドで横になりました。
夕方どうにか起き上がって病院に行ったら、突発性の胃腸炎風邪のようなもの。
火曜日は娘にも移ったのか、2人で寝ていました。

2日間の仕事のアポはすべてキャンセル。
今朝やっと良くなり、PCの前に座っています。

まったく動けないほどになるのは、何年ぶりでしょうか。
体調を崩すと何もできませんね。いろいろとやらなければと思うのですが、
身体がいうことをきかないのです。もどかしいやら、歯がゆいやら。

体調管理の大切さ、健康でいることの重要性を改めてかみしめました。

暑い日があったり、涼しい日があったりと体調を崩しやすい時期かと思う
ので、みなさんもくれぐれも体調には気をつけてくださいね。
by jungae | 2009-04-15 06:43 | 経営者の視点
“Thanks to~(のおかげ)”

最近のある取材でお会いした方がおっしゃっていました。
企業で商品開発に携わられていらっしゃる方だったのですが、商品開発には
本当に多くの人が関わるとのこと。
いい商品を作りたいと企画をしても、それをするために研究部門の人や工場で
働く人、デザイナーなど、多くの人に協力してもらわないといけません。
自分1人では何もできない。

「Thanks to~(のおかげ)」ということを忘れてはいけないと常日頃心がけて
いらっしゃるそうです。

最近私自身もこの言葉の大切さをしみじみと感じます。
経営者としていろいろな企業の方とお話をし、一緒に仕事をしますが、
本当に様々な人に助けられ、支えられていることを実感します。
また、仕事だけではなく、子育てなどについても、母や彼、そして保育士の
方に支えられ、どうにかこなしています。1人では到底できそうにありません。

あらためて、この“Thanks to~”を大切にしようと感じました。
by jungae | 2009-02-05 06:30 | 経営者の視点

当たり前のことの大切さ

仕事を通して、いろいろな方とお会いするのですが、その中で最近
感じることがあります。

それは「当たり前のことの大切さ」です。

自分が今当たり前に持っているもの、手にしているものがたくさん
あるのに、それに目を向けず、足りないことばかりに目がいく。
そして、「あれがあったら、これがあったら」と人をうらやましがったり、
ないものねだりをしてしまう。
でも、実は私はいろいろなものをすでに持っているんですね。
それに感謝しないといけないなーと思います。

仕事では今やっていることにいっぱいいっぱいになってしまい、
新しいことをやっていきたいと思いつつ、手がつけられない。
ただ、一方で今いただいていることをきっちりとすることが次へと
つながるとも思う。

焦ることもあるけれど、「当たり前のことの大切さ」を認識し、
今やっていること、あるものに感謝し、全力で取り組む。
この当たり前のことが大切なのだと、肝に銘じたいと思います。

また、当たり前のことの大切さで、もうひとつ思い出すのが、
「挨拶の大切さ」です。

娘を保育園に預けるようになって、挨拶をする機会が増えました。
保育士さんだけでなく、知らないお父さんやお母さんにすれ違っても、
挨拶します。

「おはようございます」「行ってらっしゃい」「こんにちは」「お帰りなさい」

以前勤めていた職場はあまり挨拶がなく、出社しても、何も言わずに
席につき、帰るときも何も言わない感じでした。

当たり前のことなのですが、保育園で毎朝大きな声で挨拶をすることで、
私自身も少し調子が良くないときでも、「今日も1日がんばるぞ」という
気が湧いてきます。

挨拶ひとつで人の気分もそして成果も変わる。大事にしたいと思います。
by jungae | 2008-12-09 07:37 | 経営者の視点

長期的な視点

長期的な視点で考えることが大事だなーと思い始めています。

8月末にかけて、仕事にかなり追われ、ばたばたと過ごしていました。
今少し落ち着きそうな感じ。一方で落ち着きそうになると、少しあせって
しまうのも事実です。

以前アドバイスをいただいたように、いただいている仕事をきちんとこな
すこと、それが一番の営業になると思い、日々仕事に取り組んでいます。
ただ、一方で、何か新しい展開ができないか、長期的視点に立って、
頭をひねらないといけないと思っています。

追われているとそれだけでいっぱいいっぱいになってしまうので、
少し頭をクリアーにして、落ち着いているときこそ、じっくり考えて、
長期的な視点で戦略を練る。

「こもってくる」とおっしゃっていた方がいました。
別に遠くに行くわけではなく、メールや電話を数日シャットダウンし、
考えたり、戦略を練ったりするそうです。

今は便利でいつでも連絡が取れる状態です。メールがきていると、
返事を書かなくてはと思い、それに追われてしまいます。

「数日こもって客観的に捉えて、考えてみる」
実践しようと思います。
by jungae | 2008-09-03 07:31 | 経営者の視点
ある企業の社長の方に、今週仕事で取材に行く機会がありました。
その企業は一部上場企業で、その方は経済同友会でも重要なポストを
務められています。

少し緊張しながら取材に臨みましたが、気さくな方で、ざっくばらんに
いろいろなことを話してくださいました。

詳しくは書くことができませんが、学ぶべきことがたくさんありました。

21世紀はアジアの時代になるとのこと。
インドや中国の成長は言うまでもありませんが、その他の多くのアジアの
国々もものすごいスピードで成長を遂げている。
否が応でもグローバル化の影響を受ける中で、日本はどうあるべきか、
日本企業はどうあるべきか。
大きな視点に立って、世の中の流れを読み取り、物事を捉え、企業経営に
当たられています。その鋭い洞察力に感銘を受けました。

大きな企業を率いる経営者の方というのは、このような視点を持って、
企業経営をされているのだと、再認識しました。

会社の規模が全然違うし、私は経営者としてもまだまだ本当に未熟ですが、
世の中の大きな流れを読み取りながら、ニーズをくみ取り、成長する企業を作る。
その姿勢を少しでも学びたいと思います。

実際の経営者とお会いしながら、経営について学んでいける。
本には書いていない、本物の経営の勉強ができます。
こんな機会をいただけることに、心から感謝したいと思います。
by jungae | 2008-08-24 08:00 | 経営者の視点
叱られることや怒られること、間違いや過ちを指摘されること。
いい気はしませんが、最近はとても大切だなーと思います。

会社を経営していて、自分でいろいろやっていると、怒られる機会が減ります。
自分か指示を出していて、人に動いてもらうことが多く、周りの人が指摘しにくいと
いうのもあるかもしれません。

会社に勤めているころは、上司に叱られたり、怒られたりよくしました。
理不尽なことを言われて、かっとなったり、涙がこみ上げてきたこともありますが、
後から冷静に考えると、叱られた意味や指摘されたことのもっともさがわかったりします。

自分が何気なく発した言葉やとった行動で、知らないうちに人を傷つけていたり、
迷惑をかけたり、過ちを犯していることがあります。
悪気があるつもりではなく、気づいていないんですね。
指摘されたり、怒られて初めて、気づきます。それは仕事関係の方だったり、
ブログにコメントをいただく方だったり、街の中で買い物や歩いているときの、
通りすがりの方だったりもします。

実際には、気が強いので、叱られたり、指摘されたりしたときは「何?」と反発して
しまうことも多いのですが、後から考えると自分が間違っていたことに気づき、
反省します。

怒られたり、過ちを受け入れるのはむずかしいですが、あえてそういうことを言って
いただける方には、本当に感謝しないといけません。

年齢を重ねていくと叱られる機会が、より一層減っていくと思います。
怒られたら、かっとならずに、冷静に真摯に受け止め、考えていく。
そして、その行動や考え方を変えなければ自分で感じたなら、改善していく。
肝に銘じて、自分に言い聞かせていきたいと思います。
by jungae | 2008-08-23 06:03 | 経営者の視点

蟹瀬令子さんのお話

蟹瀬令子さんと、先週仕事でお会いしました。
(蟹瀬令子様は、明治大学教授でジャーナリストとして有名な蟹瀬誠一さんの奥様です。)

蟹瀬様は博報堂でコピーライターとして活躍され、その後ザ・ボディショップジャパン
(株式会社インフォレスト)代表取締役社長を務められV字回復の立役者となり、
現在は、レナ・ジャポンを経営されていらっしゃいます。

私は、ザ・ボディショップジャパンの社長をされているときに、雑誌の記事で拝見し、
ぜひ1度お目にかかりたいなーと思っていました。

お会いすると、本当に素敵な方でした。

さらりといろいろな方に気配りができて、気さくにいろいろなことをお話される。
何よりも、女性が少なかった広告業界で大変なことも多かったと思うのに、それを
微塵も見せず、気負うこともなく、ちゃんと向き合って仕事をがんばれがいいのよと、
おっしゃる。
(子供を持つ母として、2人のお子様も立派に育て上げられ、お弁当作りや
手作りクッキーも作ってあげたとの話に頭が下がりました。)

仕事だから、いいときもあれば、悪いときもある。ただ、悪いときは続かない。
悪いときでも、こつこつやっていれば、必ず見てくれる人がいる。

今は「仕事がつまらない」「これはやりたい仕事ではなかった」と口にする人が多いけど、
「やりたい仕事」が何なのか、ということは誰もわからない。まずはやってみることだと
おっしゃっていました。
そして、知らないことは恥ずかしいと思わずに、必ず質問することも大切だと言います。

常に前向きにいれるわけではないのよと、おっしゃっていましたが、
とても魅力的で、パワーがみなぎっていらっしゃいました。

以前からお会いしたいと思っていた人にお会いし、本当に大きな刺激を受けました。

私自身は足元にも及びませんが、おっしゃっていたことを肝に銘じ、日々生きていきたいと
思います。この貴重な時間に感謝です。
by jungae | 2008-08-05 06:49 | 経営者の視点
伝えることの大切さを最近実感しています。

自分ではちゃんと伝えていたと思っていたら、相手はその意味をよくわかっていなくて、
後で大きな誤解が生じた、自分が想像していたものは全く異なるものができあがったと
いうことがありました。

当たり前のことですが、ある仕事を受けたり、行う場合、5W1Hをしっかり伝えないと
いけないなーと思っています。
1.What(何をするのか)
2. Who(誰のためにするのか)
3. Why (なぜするのか)
4. When(いつまでするのか)
5. Where(どこでするのか)
6. How(どのような形式で行うか)

一方で、自分の考えていることをちゃんと伝えることのむずかしさも感じています。
内容は同じでも、言い方によって相手の受け取り方は全然異なります。
マイナスのことから言うと、それだけで拒否反応を示します。
指摘をする際も、まずはいいことから誉めて、その後に指摘するようにしています。

文章を書くということもむずかしいですね。いろいろな文書の執筆・編集作業をして
いますが、やればやるほど、そのむずかしさを実感します。
ブログを書きながら、どうしたら自分の言いたいことをうまく伝えられるか、いつも
考えさせられています。

試行錯誤で、経験を積み重ねながら、学んでいこうと思います。
by jungae | 2008-05-30 07:25 | 経営者の視点

気持ちの切り替え

昨日の朝は大荒れの天気でしたね。
娘を保育園に連れて行くときにびしょびしょになってしまいました。
こんな時期に台風が来るのは珍しいとのこと。
温暖化の影響でしょうか。
(最近はミャンマーのサイクロンや中国での大地震など、自然災害が
相次いでいます。科学技術が発達しても、やはり自然の災害には
なかなか太刀打ちできないのかもしれません。)

最近はひょんなことからいろいろなつながりができ、営業で出歩くことが
とても多くなりました。一つ一つの出会いを大切にしないといけないなーと
実感します。

お話をいただいて見積りを出しても、仕事がなかなかまとまらないこともあれば、
ひょんなことから声をかけていただいて、とんとん拍子に話が決まることもあります。
これはぜひやりたいと思い、全力で取り組むけれど、なかなかうまくいかないことも。

そういう時はやはりとても落ち込みます。

ただ、それを引きずりすぎると、ほかの仕事に影響が出てきます。
残念だけど、気持ちを切り替えて、次に向かっていくようにしています。
そのときに話がまとまらなくても、別の機会に仕事をしたりすることもあるのです。

気持ちの切り替えはなかなか簡単にはいきませんが、その大切さを実感する
今日この頃です。
by jungae | 2008-05-21 07:15 | 経営者の視点

3万ドル倶楽部の勉強会

3万ドル倶楽部という勉強会に18日(金)に参加してきました。
ビジネス情報ネットを主宰されている鈴木大吉先生が行っている勉強会です。
先日鈴木先生のセミナーに参加する機会があり、とても勉強になり、先生から
お誘いを受けたので、ぜひ参加してみようと思い、初めて参加しました。

今回の講師の方は久米繊維工業株式会社代表取締役の久米信行様。
ネットやブログをとてもうまく活用されていて、目からうろこの情報がいっぱいでした。

役立つ話がたくさんあったのですが、いくつか気になった点を紹介します。

①写真10枚を使って作るDVDのスライドショー。
MACがあったら、すぐに作れるようです。
「百聞は一見に如かず」と言いますが、たくさんの説明書を見せられるより、
スライドショーとシンプルなA4企画書で説明されるのが、
一番わかりやすいかもしれません。

②ググってウィキして会いに行け
ある人に関心を持った場合に、ネットで調べて終わってしまうことが多々ありますが、
「会いに行く」ことが大事なんですね。ネット時代にはすべてネット上で済ませられると
思ってしまいそうですが、そういう時代だからこそ、直接会って話をするということが
大事になってくると思いました。

③ブランド化「4つの法則」
1.限定性
2.ストーリー
3.こだわり
4.IT活用
中小企業の場合は、ブランドを確立させるために、まずはこれが大事です。
東京商工会議所テキストに詳細に載っているようなので、ぜひ取り寄せてみようと
思います。

その他、たくさんの有益な情報を聞けました。ただ、保育園に預けた娘を迎えに
行かなくてはいけず、途中で退席してしまったのが、残念でした。

ブログは日々更新することが大事とのこと。
役立つ話を聞いても、実践しなければ意味がない。
まずは実践。

最近早起きが身についてきたし、朝ブログを書くことを習慣にしてみようかと思います。
by jungae | 2008-04-21 07:40 | 経営者の視点