人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

チップの習慣に異変?

チップについて、アメリカで今いろいろと議論が起きているようです。
10月10日のThe tipping point という記事です。

カリフォルニアのサン・ディエゴにあるLinkeryというレストランは、とても
人気があり、ビジネスも順調。にもかかわらず、従業員たちは言い争って
いました。給料を良くするよう、ウェイターたちが主張する一方で、キッチン
で働く人たちは、自分たちは利益を分け前を十分に受け取っていないと
主張していました。そこで、オーナーのJay Porterは「チップをなくすのは
どうか?」と提案したのです。

経済学者のOfer Aznar氏によると、アメリカではフルサービスのレストランで、
260万人のウェイター・ウェイトレスが働き、チップは42億ドル以上になると
いいます。そのウェイター、ウェイトレスたちはこのチップを収入として当てに
する人が多いようです。アメリカでは、このチップを払う制度を好む人が多く、
サービスチャージがあるにもかかわらず、さらにチップを払うそうです。
Porter氏のレストランはこのチップをやめることにしたのです。

チップの習慣がいつ生まれたのかということは定かではないのですが、
チューダー朝時代のイギリスという説があります。17世紀のイギリスでは、
泊まりに来るゲストがホストの召使いにvailという心づけを渡すという習慣が
ありました。その後、ロンドンのコーヒーハウスやレストランなどでチップを
始めました。“To Insure Promptitude(機敏さを保証する)”というお皿が
あったようで、それが“Tip”頭字語になったのではないかと言われています。
チップは上流階級の習慣として始まり、広まっていきました。

ただ、ウェイターやウェイトレスたちがこの収入だけに頼り、生活が
不安定になるのはよくないということで、1943年にイギリスで最低賃金に
関する規定ができ、1955年にフランスでサービスチャージの導入が
決められ、それが広まっていきます。

カリフォルニアの法律は、お客様からもらったチップをオーナーや
マネジャー、キッチンで働く人に分けることを禁止しています。ただ、
サービス・チャージにすると、その規制がありません。

Porter氏は従業員の給料を上げるためにメニューの金額を上げることも
検討しましたが、それだとお客様が嫌がる可能性があるので、サービス
チャージを18%にして、ウェイター・ウェイトレスとキッチンのスタッフで、
3対1で分けることにしました。

これによって、従業員たちの給料は上がり、時給25ドル程度になりました。
サービスチャージに加えてチップを払う人はまだあり、ウェイター・ウェイト
レスがそれをキープするようです。その改善策として、Porter氏が
提案したのが、チャリティへの寄付。メニューにチャリティについて書いて
おいたら、2年間で1万ドル以上集まったそうです。

海外のレストランに行くと、どれくらいチップを残したらいいのか、
考えてしまうことがあります。サービスチャージがあるから、払わなくて
いいのでしょうが、なんとなく悪い気もしたり。

記事にあるように、チップはウェイター・ウェイトレスのサービスに対して
だけでなく、料理の美味しさに対してもあるべきで、キッチンで働く人には
それを渡せないですね。

サービスチャージの収入を従業員で分け合うというのは、面白い試みですね。

日本にはない(少しはあるでしょうか)、チップの習慣がどう生まれたのか、
よくわかり、興味深かったです。
by jungae | 2008-10-14 09:13 | そのほかの気になる記事

リッチな人ほど働く?

「リッチな人ほど働く」
9月4日のInternational Herald Tribuneで、Rich man's burdenという記事が
紹介されていました。

アメリカのビジネスパーソンの中で、バケーションに行っても、PCや携帯を持ち運び、
働いている人が増えています。今はリッチになればなるほど、ストレスが大きくなり、
働く時間も増えている、所得の上位20%に入る人たちの働く時間は、1980年から
80%も上昇しているとのこと。

この原因をPCやネット、携帯が発達し、いつでもビジネスができるからという向きも
ありますが、それだけではないと言います。

1つにはミドル層と上層の差がとても広がっているとのこと。アメリカの人口を
所得別に半分に割ると、下半分の層の所得格差はこの数十年ほぼ変わっていない
のですが、上半分の所得の格差は顕著に広がっています。

年間20万ドル以上を稼ぐ人たちは、「自分よりもたくさんのお金を持っている人を
見ると、自分が貧しく感じられる」と思っている人が多く、もっと働かなくてはと思う
ようです。

「一生懸命働いて、いつか自分や子供たちが働かなくてもいいようになりたい」
これが定説だったのに、この現象は、驚くべき変化だと指摘しています。

お金は稼いでも稼いでも、もっともっとほしくなる。
きりがないんでしょうね。少し悲しいと思いつつ、人間の欲は底なしと感じました。
by jungae | 2008-09-05 06:54 | NewYorkTimesの気になる記事

世の中はUpside down?

6月30日(月)のIHTで、コラムニストRoger CohenさんがA terrible bust is born
という記事を書いていました。

現在経済が停滞し、世界中の市場が低迷し、ベア・マーケットに突入しています。
先進国の状況はとても深刻で、多くの先進国の政権の支持率も最低水準に。
BRICsと呼ばれる国が成長を遂げ、それらの国で安い労働力でものを作り、
それをを輸入すればいいという時期もありました。
しかし、今やそれらの国の国民自身が消費者となり、商品市場が高騰、
インフレを巻き起こしています。

先進国は苦しんでいますが、一方でBRICsの国々は、まだまだ自信を持っています。
その4カ国の貯蓄は合わせると3兆ドルにのぼり、2001年から10倍になっています。

もはや世界は“Flat”ではなく、先進国と新興国の立場が逆転した、“Upside down”。
“古い経済構造”と“新興国の経済構造”との間で調整が起こっている、
世界はすべて変わった、全く別のものになったと言います。

来週北海道の洞爺湖でG8サミットが開かれます。
(今週から警備が強化されていますね。警官の多さに驚かされます。)
ただ、G8と呼ばれる国々だけで、今の複雑な原因が絡み合った問題を解決できるのか、
疑問視する声が上がっています。先進国も新興国も、そしてその他の国々も、
世界のあらゆる国が協力し合わなければ、このむずかしい問題を解決できない
段階にきているのではないでしょうか。

同じ日に“World is Flat”を執筆したThomas Friedman氏が
“Anxious in America”という記事で書いています。
今度のアメリカの大統領選挙で求められるのは、イラク問題を解決することでもなければ、
外交を積極的に推進することでもない。危機的な状況にあるアメリカという国を一から
立て直すこと、“Nation Building”だと言います。

本当に大きな時代の変化を迎えつつあると感じずにはいられません。
歴史の大きな潮目に直面しているのです。

これからの世の中がどうなっていくのか。
そして、自分は何ができるのか、考えていきたいと思いました。
by jungae | 2008-07-02 06:31 | そのほかの気になる記事

シュワルツェネッガー家

6月14~15日のIHTで面白い記事を見つけました。

カリフォルニア州の州知事を務める、共和党のシュワルツェネッガー氏。
彼の家では、現在の大統領選での支持者が家族で異なるそうです。

シュワルツェネッガー知事は共和党のマケイン氏を支持。
奥様のマリア・シュリバー氏は民主党のオバマ氏を支持しています。
(奥様は以前はテレビニュースの世界で働いていました。)
彼らの4人の子供もそれぞれ支持者がいて、その中で1人だけ選挙できる年齢に
達しているキャサリンは、オバマ氏を支持しています。

毎日の朝食のテーブルは、ちょっとしたディベートの場になっているとのこと。

一党政治のシステムで暮らしているのではないということを子供たちが理解して育つのは、
利点が多い、また、ある物事を2つの側面から見るようになるのもとてもいいことだと
言います。忍耐強くなったり、時には自分のなかで折り合いをつけたり。
そういうことは政治だけでなく、人生においてもとてもいい勉強になると言います。

家族の中で支持者が割れると、正直大変だろうなーと思います。
けんかになったりしないのかなーと。

ただ、物事を多面的に見られるようになる、いろんな意見を持った人が(家族の中でも)
いても構わない。いやそれが当たり前で、それぞれも主張を明確にしながら議論していく。
家族内でもその議論が活発に行われる。

家族の中で、政治に限らず、いろいろなことを話し合う。
それはすごくいいなーと思いました。
by jungae | 2008-06-21 07:12 | そのほかの気になる記事
ロンドンでは、6月1日に地下鉄Tubeやバス、駅などの公共交通機関、施設での
アルコールの摂取が全面的に禁止されました。
新しく市長になったBoris Johnson氏が、「公共交通機関のの安全を確保したい」
との願いから、選挙キャンペーンの目標の一つとして掲げていたものでした。

禁止される前日の5月31日。
Tube内には仮装した人たちが集まり、ビールやワインを片手に乾杯し、踊って
歌ってのお祭り騒ぎに。騒ぎ立てすぎて、17人の人が警察に逮捕されました。

5月28日にロンドン警察が発表したレポートによると、2007年にロンドンの地下鉄は
10億人の人を輸送。事故は16,445件で前年に比べて11%減少、飲酒に関する
事故は3.4%減り、1,981件だそうです。

公共の場でのアルコールの禁止はニューヨークやパリなどでは導入済み。
東京でも実施される日が近いでしょうか。

それにしても、仮装してTube内でパーティをするとは、面白いなーと思ったのは、
私だけでしょうか。

詳しい記事はこちら
by jungae | 2008-06-06 06:53 | そのほかの気になる記事
International Herald Tribuneを読んでいて、気になる記事(5月29日)があったので、
ご紹介します。

1998年にノーベル経済学賞を受賞し、現在はハーバード大学で教えている
Amartya Sen教授の記事です。

先進国がサブプライムローン問題や食糧・燃料価格の高騰で経済停滞をしている中で、
中国やインド、ロシアなどの新興国は目覚しい発展を遂げています。

しかし、Sen氏によると、新興国の中での格差が深刻になっていると言います。
経済発展のうまみを享受し、豊かになっていく人々がいる一方で、そのうまみを享受できず、
貧困にあえいでいる人がいます。食糧価格が高騰する中で、それに見合う対価を払える人と
払えない人がいて、格差が広がっています。

グローバル化が進む中で、先進国での持てる者(haves)と持たざる者(have-nots)の
議論が起きていますが、経済成長を遂げている国の中でも、その格差は広がっています。

新興国が経済発展を遂げ、食料需要が増している。これ自体は良いことなのですが、
その豊かさを受けられる人と受けられない人がいるのです。

食糧価格の高騰は、食糧の生産が減少しているからではなく、世界的に需要が高まり、
供給が追いついていないことが原因。

これらを解決するためには、グローバルな視点でこの問題を捉え、それぞれの国が
協力・協調していくことが求められています。まずは問題をしっかりと認識することから
始めなければいけないといいます。

=====================================================
本当にすごいスピードでグローバル化が進んでいることを実感する今日この頃。
食糧価格の高騰の問題や景気停滞への対応策を、以前は一国だけで考えていれば
よかったのですが、今や一国だけでは解決できなくなっています。
また、持てる者と持たざる者の問題は、先進国だけでなく、新興国でも深刻になっている。

世界のいろいろな国々が協力し合って、問題に取り組んでいかないといけないなーと
改めて実感させられた記事でした。。
by jungae | 2008-05-31 07:32 | そのほかの気になる記事
今日は、昨日(6月28日)のInternational Herarl Tribune(7面)
の中で、"The World is watching"という記事がを気になり、ご紹介
したいと思います。
以前にも一度お話したことがありますが、”World is Flat”という書籍を
を執筆したThomas Friedmanさんの記事です。

今はいろんな人がBlogやサイトを持ち、思い思いのことを書き、写真を
掲載しています。よく言われますが、すべての人が出版社、ジャーナリ
ストになれる状況。そんな中で、自分の言ったことや行動が世界中の人
から見られ、ネット上で永遠に消えずに残ってしまいます。

そんな情報時代に大切なのは”How”をいかにうまく使うかということ。
今は”What”はすぐにコピーされ、みんなに売られてしまいます。しかし、
顧客をどのように(How)につかまえるか、どのように(How)約束を守り、
どのように(How)パートナーとコラボレーションするかということは、簡単
にはコピーできません。それは、企業が自分自身を他社と差別化できるこ
とです。

ミシガン州の病院では、医者たちがミスを犯したときに謝罪する方法を教
え、患者の信頼を得ています。テキサスの自動車ディーラー会社では、
顧客に満足してもらうために必要なお金を従業員に使うことを許可してい
て、実際には満足度を上がると、かかるコストを下がっているそうです。

自分の行動や言動がいろいろな人の目にさらされているということは変わ
らない事実です。それはしっかりと受け止め、人にコピーされにくい”How”
を見つけて実践する。

これからの企業には欠かせないことですね。わが社でも実践していきたい
と思います。
by jungae | 2007-06-29 10:12 | そのほかの気になる記事