人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

遅いほうがいい?!

運送のスピードを落として、利益を上げている企業があるそうです。
Slow Trip Across Sea Aids Profit and Environment(2月16日)という
記事です。

デンマークの輸送会社Maerskの船は、ドイツから中国に1カ月かけてあるものを
運びました。これは2年前よりも1週間遅いスピード。
Maerskにとって、これは進歩だと言います。

今はスピードばかりが重視されますが、
「遅いほうがいい」
というものもあるようです。

Maerkは、メインのルートで荷物を運送する船のスピードを半分にしたことで、
コストを30%削減しました。
一方で、運送の際に排出する二酸化炭素の量に対する関心も高まっていて
(Carbon Footprintと言います)、スピードを落とすことで、二酸化炭素の
排出量も減少しました。

Maerkは2008年に石油価格が高騰したときに、この試みを始めましたが、
「大きなイノベーション(技術革新)なく、取り組めること」であり、
「なんでもフルスピードで行うことは経済面からも環境面からも疑問がある」
と言います。

International Energy Agencyによると、車を65マイル(105キロ)では
なく、55マイル(90キロ)で運転することで、アメリカで車が排出する二酸化
炭素の量を20%削減できるとか。

現在は確かにスピードばかりが重視されていますが、「遅いことがいい」という
考え方もあるのですね。

Maerskの担当者が「早く運ぶべきものとそうでないものを選別しなければ
いけない」と指摘するように、選んでいく必要はありますが、遅くていいものは
そのように対応することでコストも下がり、環境にも良くなる。

なんでも急ぐのではなく、じっくりと腰を据えるものも必要。
そんな風にも考えられるのかなーと思ったのでした。
by jungae | 2010-02-19 07:48 | NewYorkTimesの気になる記事