人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:高橋大輔 ( 1 ) タグの人気記事

高橋大輔選手が銅メダルを取りましたね。
日本男子フィギュアとしてはオリンピック初のメダル。
昨日は昼時ということもあり、その時間帯は仕事そっちのけで見てしまい
ました。

すごい気合で完璧な演技をしたライサチェック。すごい迫力でした。
プルシェンコも素晴らしかった(普段よりは少し硬かったかも?!)ですが、
今回は彼が優っていましたね。

靴のひもが切れてしまった織田選手。
(靴はスケート選手にとって命なので、直前で変えたくないと聞きます。)
最後まで滑りきって良かったです。

4回転を決めて最高の演技をした小塚選手もすばらしかったですね。

それにしても、上位選手たちの真剣な演技は迫力がありますね。
緊張感がこっちまで伝わってきて、はらはらしました。

彼らの演技を見ながら感じたことをいくつか。

○調子のピークをここにもってくるむずかしさ
ずっと競技生活をしていると、調子が良くなく、うまくいかないときもあるもの。
オリンピックのこの日に最高の演技ができるよう、調子のピークを持ってくる
ことはとてもむずかしいんだろうなーと思いつつ、それができた人が制する
のだと思います。
(フランスのブランアン・ジュベールはまったく調子が上がりませんでしたね。)

○自分の個性や良さを活かす
当たり前のことですが、自分の個性や良さを知って、それを活かす演技を
しなければいけないということ(高橋君は妖艶な演技、織田君はコミカルな
演技、ライサチェックは長い手足を活かしたダイナミックな演技など・・・)。
それぞれが属する国の特長を表現した演技も面白いですね。フランス人
選手が「アメリ」を演じ、なかなか独特な世界を演出していました。
自分を知ることって大事なのですね。

以前も伝えましたが、「日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち
という書籍を、書籍の編集者をしていたときに、出版しました。
(トリノオリンピック前でここまでまだ盛り上がっていなかったです。)
編集に携わったのですが、このときに高橋選手、織田選手、小塚選手
3人とも会い、話を伺いました。4年半くらい前なのですが、それぞれ
本当に素直で、一生懸命な半面、普通の人と変わらず、すごく緊張
するし、試合前日には眠れなくなると言っていました。
(高橋選手は「家出」とかしてしまうんですと言っていて、精神的に強く
なりたいと言っていたのが印象的でした。)

それから4年半経ち、人は本当に成長するんだなーと思いました。
(自分をふり返ると、この4年でなんかしら成長できたかしら?)

それにしても、これほど男子フィギュアが盛り上がったことはないですよね。
来週行われるの女子ではどんなドラマがあるのか、楽しみです。
by jungae | 2010-02-20 07:59 | NewYorkTimesの気になる記事