人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:Luxury HEC ( 3 ) タグの人気記事

Luxury Strategyの7回目。今回はLuxury戦略の未来と持続的発展です。
これでプレゼンを残すのみで、授業は以上です。
その1その2その3その4その5その6
はこちらです。)

○経済のサイクルには短いものと長いものがある。
バブルはサイクルの中にある訳ではない。ある特殊のセクターな大きく影響を
受ける。
(例)1634年/1637年 オランダのチューリップバブル
   2002年 インターネットバブル
1980年以降はより頻繁に起きている。

○Luxuryは経済のショックに過剰反応する。
危機があるとすぐに落ちるが、回復も早い。
Luxury製品の購入は一時控えられるが、すぐに戻ってくる。不安が消えると、
人は何か安心するものがほしい。控えたことでより良いものがほしいと感じる
こともある。

○株式市場とLuxury消費には相関関係がある。そして、チャリティーの寄付
金とも相関関係がある。

○短いサイクルの中では…
Luxury 戦略 -いったんは控えられるが、少ししたらより高いものを買う
 エントリープロダクトの売上は落ちるが、
Fashion戦略 - 控えられない、より安いものを買おうとするか何も買わない
Premium戦略 - 控えるが、よいディールのものを待つ

○長期的なサイクル(〜50年)の中では...
Luxury戦略は、サイクルの最初と終わりにとても大切。
サイクルの中間では古典的なマーケティングとブランド戦略が使われる。

○Luxury市場にいるなら、Luxury戦略を使うことを考えなくてはいけない。
Luxury市場にいない場合、Luxury戦略を使うことを考えることはできる。

○LuxuryマーケティングのAnti-Laws
ーポジショニングについて考えない
ー製品は完璧でなくてもよい
ー顧客の願いを考えすぎない
ー興味のない人は外に置く
ー増えてくる需要にこたえようとしない
ー顧客を支配する
ー顧客が買うのをむずかしくする
ー顧客を非顧客から守る
ー売らない
ーテストしない
ーコスト削減は考えない、価値を増やすことを考える
ーLuxuryが価格を決める、価格がLuxuryを決めるわけではない
ー時が経つとともに価格を上げる
ー製品群の平均価格をあげ続ける
ープレミアムの価格は常に実際の価格よりも高く思える
ー広告にスターは使わない
ーコンサルタントをコアビジネスでは使わない
ー広告の役割は売ることではない
ーターゲットではない人にもコミュニケーションする
ー工場を海外に移さない
ーグループシナジーを行使しない

○Luxuryとヘルスケア
Luxury戦略はヘルスケアでうまく使えることがある。
(ただし、致死的な病には使えない。)
予防医療では使いやすく、役に立つ、緊急性がない&人々が自由に選べる。
   
○Luxuryと持続的発展(Sustainable Development)
エコロジーはコストがかかり、顧客に支払いをお願いできない、危機のときには
利益に対するプレッシャーが高くなる。
伝統的なマーケティングでは不十分で、ときに害を及ぼすこともある。
Luxury戦略を考える。
"Green"であることが社会的に認められるようにする。
持続的発展は社会にとってのニードであり、顧客にとってのニードではないが、
夢であるべき。

○Luxuryと持続的発展の二面性
 Luxury    持続的発展
For oneself   For oneself
For friends   For one's family
For society    For community

○持続的発展の4P
Product → Share of Dream
Price → Affordable(払えるもの)
Distribution → 繋がりを維持する
Communication → 夢を耕す

○持続的発展では価格はできるだけ低く、透明であるべき。
Internetは価格管理に関しては、持続的発展のものにより使える。
持続的発展ではブランドは、目的を証明するものであり、透明であるべき。

Luxuryの未来、持続的発展とどう結びつくのが興味があったのですが、明確
にはまだ理解できていないのですが、夢を耕すものであり、透明性のあるも
のであるべき。Luxury戦略をうまく使っていく必要があると感じました。

ちなみに今日から2回はグループである企業についてプレゼンの予定。
私たちのチームはLaDureeについて。
e0123104_20113551.png

e0123104_20162328.png

フランスのマカロンで有名なお店であり、ティーハウス。
どんな結果になるでしょうか。

Luxury戦略は奥が深く、うまく使えるようになるよう、考えていこうと
思っています。
by jungae | 2014-04-01 20:17 | 香港HKUST親子留学記
こんにちは。立て続けですが、Luxury Strategyの続きです。
今回は、Luxuryとハイテク、ニューテクノロジーについて。とても面白い
視点で、考えさせられました。

○Luxury Brandは顧客を支配する→最先端であり、そのことをあえて隠すこと
で、テクノロジーも支配する。

○ニューテクノロジーや技術革新はLuxuryではマストではないこともある。
ただし、ニューテクノロジーについてよく知っておく必要がある。

○テクノロジーはときに人に冷たい。Luxuryでは人が中心、人は温かい。

○Luxuryがハイテクにもたらさなければいけないのは、温かさ(ぬくもり)
ーマテリアルとデザイン、関係ー使いやすさ、パーソナルサービス。

○テクノロジーでの「バグ」は問題にならないこともある。そのバグが
Luxuryになったりする。"Luxury製品はパーフェクトな製品ではない”

○テクノロジー、デザイン、サービスのトライアングルがある。
テクノロジーとデザインは深く関係している。デザイナーはキーパーソン。
サービスと商品はつながっていて、それによって特別な世界を作り上げる。
製品とサービスとの間の一貫性が鍵となる。

○ハイテクはハイスピードの進化を意味するが、Luxuryはスロータイムを
意味する。

○Luxuryとインターネットの関係
Luxuryは少数の人のもの。インターネットは全ての人のもの。そこにジレ
ンマがある。

○デジタルはうるさくて派手で、人がたくさんいて、自動化されていて、
ユーザーが支配し、クラウドソーシングで、新しくて常に変化し、いつでも
どこでも手に入り、いい値段で、透明性がある。
Luxuryは静かでスペースがあり、遺産と時間を越えるもので、レアで、
高くて秘密生がある。

○Luxuryではアイデンティティーが鍵。「私の夢」であり「私の社会的ポジ
ション」である。
インターネットではアイデンティティーが時に危険にさらされる。アバター
が登場し、操作があり、触感も香りも趣向もない。

○Luxutyブランドは顧客のインターネットプロセスを知り、支配する必要が
ある。

○ウェブサイトのみでの販売は、Luxury Strategyは成立しない。ウェブを
販売の助けとなるように使うのはよい。
ブランドの経験を促したり、顧客の知識を豊かにしたりするなど。

○インターネットはロングテール。ファッション製品を売るには向いている。
Luxuryはファットテール。インターネットのみで売るのは価値をもたらさな
いし、luxuryで大切な「体験」を実感できない。

○インターネットはノンユーザーに情報を提供するにはいいツール。Luxury
は長い時間でないと行けない。ストーリーを伝えるのに使ったり、コミュニ
ティを育成するのに利用する。

○Luxury StrategyとBlog
嘘のことを書いてはいけない。必ず見つかり、ブランドを傷つける。
自身でブログは作らない。他のブロガーに証言者になってもらう。

○Luxuryとソーシャル
Luxuryは人についてであり、ソーシャルも人について。ソーシャル戦略は、
Luxuryではとてもパワフル。

○AISASモデル
Attention(注目)→Interest(関心)→Search(探求)→Action (行動)
→Share(共有)→Searchに戻って繰り返す。

○Appやソーシャルメディアはコミュニティを管理、育成するのに活用する。

またまた長くなり、ごめんなさい。
ただ、Luxuryがどうテクノロジーと付き合っていくのか。
必ずしもニューテクノロジーや技術革新が言い訳ではないし、不便さが
逆にブランドとなり、ファンを増やす。Luxuryで大切なのはスロータイム、
ウェブだけで売るのはLuxuryにはなり得ないなど、考えさせられました。

これらを熟知したうえで、戦略を考えていく必要があるのだなーと感じ
たのでした。
by jungae | 2014-03-26 14:17 | パリHECParis親子留学記
先日Luxury Strategyの授業について書きましたが、今週3回目があったので、
まとめてみます。

〇LicensingはLuxury Strategyではない。製品の共同開発もライセンシング
の一部で、できるなら避ける。

〇プレミアムは手に取れるもの(tangible)を最適化したもの。ラグジュアリ
ーは手に取れないもの(intangible)を最適化したもの。

〇クリティティビティはラグジュアリーではキーワードではない。クリエイ
ティビティは組織の中では強くあるべき。

〇ラグジュアリーブランドは顧客を支配する
 ①最先端であることによって。
 ②ただし、最先端であることを隠すことによって。

〇新しいテクノロジーや「技術革新」でイノーベーティブであることは、
Luxury Strategyで必ず必要なものではない。

○高価格のものがいつも利益を保証する訳ではない。中価格のものが稼ぎ頭
になることもある。

○Entry Product Strategy(エントリー商品戦略)
「Entry Product」は、新しい顧客をつかむには欠かせないもの。ブランドの
世界(Brand Universe)を低いリスクで小さな価格で体験できる。ただし、
リターンは少ないことを肝に銘じておく。

○Luxury Entry ProductsをFashion Productsにする選択肢はある。イメージ
をこわす可能性があり、リスクをしっかりと認識すべきだが、可能。

○iPodはMacのエントリー商品。ショコラティエで、低価格のものと高価格の
ものを用意するのは、低価格は自分で試し、プレゼントは高価格のものを買わ
せるというもの。サービスを商品のエントリーストラテジーとして使うことも
可能。

○Luxuryに商品サイクルはない。商品は足されていく。

○Luxuryと価格
LuxuryはPriceless(価格をつけられないほど貴重なもの)
Luxury sets the Price.(ラグジュアリーが価格を決める)
Price does not set Luxury.(価格がラグジュアリーを決める訳でない)
Luxuryにおいて、価格は唯一の指標ではなく、主要な指標でもない。

○Luxury戦略においては、決して価格についてコミュニケーションをして
はいけない。もし必要ならば、できる限り高くいい、こっそりと伝える。
(LVMHのカタログにはかつて価格は載せていなかった。)

○ディスカウントは論外。もし顧客に何か特別なことをしたいなら、パー
ソナルな何かリウォードを渡すようにする。

○Luxuryでは、まずは顧客との関係作りをして、後で売ることを考える。

○ときにはっと驚くような、「面白いこと」(fun)も必要。

またもや羅列になり、ごめんなさい。ただ、最先端のイノベーションが
時に邪魔する、価格をコミュニケーションするのは論外、など、かなり
議論を呼びそうな興味深い話が多く、考えさせられます。
いろいろ吸収できたらと思います。

話は変わりますが、真央ちゃん、残念でしたね。でもこれまでたくさん
頑張ってきたし、最後まであきらめずに頑張ってほしいです。
Allez, Mao!
by jungae | 2014-02-20 18:22 | パリHECParis親子留学記