人気ブログランキング |

アマプロ株式会社代表 林正愛が日々感じていることをつづります


by りんちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:Thomas Friedman ( 7 ) タグの人気記事

ロボットは人間にとって代わるのか。
少し前ですが、ニューヨークタイムズのコラムニストのThomas Friedman
氏が興味深い話を書いていたので、まとめてみました。
I Made the Robot Do It(8月25日)というものです。

Friedman氏は先日これまでにやったことないことを体験しました。
ボストン空港で行われた"Rethink Robotics"というデザインワークショップ
に参加し、小型機械をある場所から別の場所に移すというシンプルな作業をする
ロボットのプログラミングをしたとか。
ちょっとレッスンを受けただけで、簡単に動かせるようになります。
ここに革命の可能性があると言います。
大きな会社だけでなく、小さな会社でも安くこのようなロボットが手に入り、
家庭でも使うようになるだろうと言います。

このRethinkデザインチームには。オーストラリア、インド、スリランカ、
ポルトガル、イギリス、中国など世界のいろいろな国から多くのエンジニア
たちが集まり、構成されています。ものはアメリカで作られているけれど、
才能は世界中から集まっています。
「アウトソーシング」という考え方はありません。今日のつながった世界
(hyper-connected world)には、inやoutという考え方はなく、
“good, betterand best"という考え方しかありません。

Rethinkの創設者でオーストラリア人のRodney Brooks氏は言います。
「PCが労働者にとって代わらず、新しいことをするのに役立ったのと同じく、
ロボットも人の仕事を奪うわけではありません。人の仕事のやり方を変える
のです。」
PCが秘書の仕事を奪ったわけではなく、秘書の仕事の仕方を変えたのです。
「ロボットは働き手の延長にあり、取って代わるものではない」という専門家も。

Friedman氏は言います。
実際のところはPCはある種の仕事は奪った、特にスキルの低い仕事は奪い
ました。ただし、よりスキルの求められる仕事を作った。悪い仕事はなく
なり、よい仕事が残った、とも言える。
その世界はよりスキルが必要だし、クリエイティビティが必要である。ただし
それと同時に求められる人数は少ない。

このような変化は、人間は19世紀後半から20世紀前半に農業経済が産業経済
に取って変わられたときに経験している。今はそれと同じくらいの大きな革命
が起きている、新しい産業、新しい仕事、新しい生産性のツールが求められて
いると言います。

ロボットと人間。
人間が作ったロボットに仕事を奪われるのか。
いや、仕事のやり方、生き方を変えなくてはいけない。
本当に大きな革命の時代に生きているのだなーと感じたのでした。

みなさんはどう思われるでしょうか。
by jungae | 2012-09-12 07:23 | NewYorkTimesの気になる記事
「平均は終わり」
少し前になりますが、New York TimesでコラムニストのThomas
Friedman氏が興味深いことを書いていたので、ご紹介します。
Average is Over(1月24日)というものです。

繊維業界に目を向けると、あらゆる業務が自動化され、ある工場
では従業員は2人、人間と犬しかいない。人は犬に餌をやり、犬は
人間を機械から放そうといろいろ画策している。(つまりそのよう
なことをしていても、機械は動いている。)

アメリカで失業率が高いのはなぜなのか。
中産階級の仕事が奪われているのは、景気の影響もあるが、グロ
ーバリゼーションと情報技術の革命の影響も大きい。機械や外国
の労働者に奪われているからである。

以前は平均的なスキルを持った人たちは平均的な仕事をし、平均
的なお給料をもらい、平均的な暮らしをしていた。
しかし今は平均は終わった。平均であることだけで、今まで得て
きたものが得られる時代ではない。
安い労働力や安いロボット、安いソフトウェア、安い自動化が
手に入る中で、平均ではこれまでの生活は保証されない。
今の時代には、何かエキストラなもの、ユニークな価値を提供
できることが不可欠である。

新しいテクノロジーはこれまでも人の多くの仕事を奪ってきたが、
これまらもそうだろう。馬がずっと指示されていたら、車は生ま
れなかっただろう。
ただし、2000年から2009年の間はその変化のスピードがかなり
早く、過去の70年に得たものをすべて消してしまった、製造業
の仕事の3分の1、600万人の雇用がアメリカで失われた。
レストランではウェイターやウェイトレスを使う代わりに、
iPadを使ったサービスを導入したところもある。ドレッシング
を多めにや、ベーコンを固めに、など細かい注文ができる。

いつの時代に変化はあるし、新しい仕事や製品、サービスが
生まれる。けれど、ひとつはっきりしているのは、グローバル
化とIT革命によって、「ベストな仕事」というのは、平均以上
のスキルを持った人しかできず、その教育が必要である。

平均的な人間になればいい。
そのようなことが言われていることもありましたが、今はそれ
では平均的な生活は保証されない。
平均ではなく、何か抜きんでたものを探し、それを磨く、そん
なシステムや教育が必要なのかなーと思いました。
厳しい時代ではありますね(子供の生きる時代がどんな時代に
なるだろうと考えると、やはり少し考えてしまいます)。

みなさんはどう思われるでしょうか。
よい1日を過ごされてください。
by jungae | 2012-03-18 08:58 | NewYorkTimesの気になる記事
製品は世界中で作られる時代。
Made in the Worldという考え方になっている。ニューヨーク
タイムズでThomas Frieman氏が興味深い記事を書いていました。
Made in the World(1月28日)というものです。

現在、多くの企業のCEOの世界の見方と政治家たちの世界の見方
に大きな開きがあると言います。

政治家はある特定の場所に住んでいる人のブロックとして世界を
見ていて、その地域で投票者の経済的便益を最大にすることが
自分の仕事だと考えている。
一方で、多くのCEOは、グローバルサプライチェーンを通して
製品を世界のあらゆる場所で作り、あらゆる場所で売れる、と
いう観点で世界を見ている。

CEOは最近“Outsourcing”という言葉を使わない。彼らの世界
では、“in"や"out"という考え方はない。ビジネスの世界では、
ベストのクオリティ、最も安いコストにアクセスできるグロー
バルサプライチェーンを通して、あらゆる製品やサービスが
想像され、デザインされ、マーケティングされていく。
"Made in America"ではなく、"Made in the World"の製品が
日に日に増えている。
多くの企業が自分たちを世界の市民と見ている、一方で、
オバマ大統領はアメリカの大統領である。そこに相容れ
ない状態が発生する。

香港の繊維会社のある社長は「以前はアジアにアウトソースし、
ヨーロッパやアメリカで売っていました。今は、どこにでも
ソースし、どこにでも生産し、どこにでも売る。“export"
(輸出する)という考え方がなくなりつつある」といいます。

「Outsourcingは10年前のこと。ソフトウェア開発をできる
人を海外に送ろう、R&D(研究開発)部門のPhD(博士号)
を持った人たちをシンガポールや台湾、中国に住まわせて
そこで仕事をさせよう。それが次の進化である」
とあるCEOは語ります。

「潜在的顧客の96パーセントはアメリカの外に暮らしている」
とデルの創始者のマイケル・デルは語り、売る国で製品をデザ
インし、製造する必要があるといいます。

アメリカがこのような世界で戦っていくにはどうしたらいいのか。
高等教育、よいインフラ、質の高い政府のリサーチ、起業を後押し
するシステム―これらのアドバンテージを広げ、力を合わせなけれ
ばならない、とThomas Friedman氏は振り返っています。

政治家が見ている世界と、企業人が見ている世界が異なる。
Outsourcingという考え方がなくなっている、世界中、ベストの
クオリティ、ベストのコストパフォーマンスで作れる場所で作ら
れ、売られる。
興味深いなーと思いました。

一方で、そんな世界で逆に日本のものづくりは何ができるのか。
それに勝る何か付加価値を提供していかなければいけないので
はないか、とも感じました。

グローバル化は本当に考え方を根本からかえる、大きな変化を
もたらしているのだなーと思います。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2012-02-04 08:30 | NewYorkTimesの気になる記事
教育がとても大切で、いい先生が求められている。
アメリカでもよい先生を確保することはとても大切になっているそう。
href="http://www.thomaslfriedman.com/" target="_blank">Thomas
Friedman氏がニューヨークタイムズで興味深い記事を
書いていたので、ご紹介します。
How About Better Parents?(11月19日)というものです。

アメリカでも教育の問題は深刻で、いい先生が必要になっている
と言います。優秀な先生がいることで子供たちはより達成してい
きますが、一方で、新しい研究がしてしていることがあります。
それは
==
よい親が必要
==
ということ。

子どもの教育に関心を持った親が、子供の達成に大きな役割を
果たしていきます。
OECD(経済協力開発機構)が3年ごとに15歳の子どもたちに対して
PISAというテストを行っています。読解力を問う問題や、
算数や科学で学んだことを活かして実際の問題をどう解決して
いくのかを問う試験です。
アメリカはシンガポールやフィンランド、上海に大きな遅れを
取っています。

このPISAの試験を行っているチームは、試験を受けた5000人
の親のところに行き、「子どもたちをどのように育てか、それ
がテスト結果にどう結びついたと思うか」を尋ねたそうです。

結果としては、
○学校に入った最初の年に毎日、もしくは週に2,3回両親が
本を読んであげた15歳の子どもは、両親があまり頻繁に読ま
なかったり、全然読まなかった学生よりも、2009年のPISA
テストでより高いスコアをあげたそう。

子どもたちに「学校はどうだった?」と聞き、彼らの学びに
興味を示してあげることだけでも全然ちがうとPISAチームの
リーダーは言います。宿題を見たり、学校に必ず行くように
し、努力を認め、褒めてあげる、親がこれをしてあげるだけ
で、子供の達成は変わってくると言います。

これはお金があるなしにかかわらず、どんな親でもできること
ではないだろうか。

よい先生に変わるものはないけれど、先生にすべてのことを
押しつけるのではなく、よい親も必要ではないか。
フリードマン氏はそのように締めくくっています。

本をできるだけ読んであげて、子どもに関心を示し、でき
たら褒めてあげる。ちょっとしたことですが、やはり大切
なのだなーと思いました。実践してみようと思います。

みなさんはどう思われるでしょうか?

よい週末を過ごされてください。
by jungae | 2011-11-26 08:48 | NewYorkTimesの気になる記事
世界に大きな変化が訪れていて、それをどうとらえるべきか。
ニューヨークタイムズで、コラムニストのThomas Friedman氏が
興味深いことを書いていたので、ご紹介します。
Something's Happening Here(10月11日)という記事です。

チュニジアやエジプト、そして今はアメリカのウォールストリートで
大きな暴動が起きている。世界的に何かが起きており、それを定義する
必要があります。
この流れを「大崩壊(The Great Disruption)」と見るべきか、
「大転換(The Big Shift)」と見るべきか。

オーストラリアの環境活動家で“The Great Disruption”という本の著者の
Paul Gilding氏は言います。
これらのデモは現在の成長にとりつかれた資本主義システムが限界に
達していて「世界は統合されたシステムになり、暴動や金融危機、
不平等や経済や環境問題は単独の問題ではない。我々のシステムが
崩壊しつつある」
裕福な人はどんどん裕福になり、大企業は莫大な利益を出している。
一方で一般の人は一生懸命働いても相応の見返りを得られず、一生懸命
勉強しても職を得られない人がたくさんいる。

一方で、『プルの哲学』を記した、John Hagel III氏は、我々は
グローバリゼーションやIT革命によって「大転換」の初期段階にあると
指摘します。
初期段階には、「大転換」は大きなプレッシャーとなり、パフォーマンス
を悪化させたり、ストレスが増大することがあります。なぜなら、機能し
なくなりつつある組織や慣行がある中で進まなければいけないから。
そこには、抗議活動が起きても驚くことではない。
しかし、「大転換」はアイディアやイノベーション、新しいコラボレー
ションの可能性や新しい市場の機会などの世界的な流れを引き起こす。
この流れはより豊かに早くなり、この流れを生み出すことが、成長や
繁栄のカギになる。
「流れに勢いが出てきたら、過去に安全や富を生み出していた貴重な
知識のストックを衰えさせる。一緒に協力することでより早く学ぶこ
とができ、個人のレベルでも集団のレベルでも潜在能力を引き出すこ
とができる。より広い範囲の流れに加わることで可能性が広がっていく。
これが『大転換』のエッセンスである」

フリードマン氏は言います。
企業は安いソフトやロボット、労働力をこれまで以上に手に入れられ
るので、食を持つには才能が必要である。
ただ、一方で、個人に目を向けると、世界のどこにいてもこの流れに
加われる。アフリカの小さな町でもスタンフォード大学の授業が受け
られるし、世界中の人とコラボして会社を興すこともできる。
これまで以上に問題は多いけれど、その問題を解決できる人もこれ
まで以上に多い。

「大崩壊」か「大転換」。2つの考え方があるが、どっちをとるか。
Gilding氏は実は楽観主義者で、この崩壊を乗り越えれば、新しい
機会が生まれ、変化した経済や社会的が変化が起こると言います。
Hagel氏も楽観主義者で、「大転換」は大きな打撃を引き起こすも
のの、より多くの人がかつてないほどのツールや才能を持つことを
可能にしているといいます。

フリードマン氏自身はGilding氏の指摘を心にとめておきつつ、
いまを「大転換」としてとらえたい、決めるのはあなただと
締めくくっています。

少しむずかしいけれど、面白いなーと思いました。
大きな変化が起きつつあるのは肌で感じます。
それをどうとらえるか。

最近感じるのは、いつの時代も「もうだめだ、どうにかしなければ」
と言われてきたのではないかということ。
(以前読んだ「現代語訳 学問のすすめ」(齋藤孝著)という本の最初に、
1970年初めの日経の記事が紹介されていましたが、そこにも
危機をおおるような記事が載っていて、現在のことを言っている
ようにも感じました。)

その中で、大きな世の中の変化が生まれ、歴史が刻まれてきたの
のではないかと思います。

「大転換」
私もそんな風にとらえつつ、世の中が今後どうなるのか、自分が
何ができるのか、考えていきたいと思ったのでした。

みなさんはどう思われるでしょうか?
by jungae | 2011-10-21 06:50 | NewYorkTimesの気になる記事
世界がますますつながりを強めている。
Thomas Friedman氏が興味深い視点を提示していました。
A Question from Lydia(5月14日)という記事です。

経済危機の影響で、ギリシャでは各地で暴動や放火が起きました。
Friedman氏はアテネの火事の火が消えたMarfin Egnatia Bankの
壁で次のようなメッセージを目にしました。

「どんな世界で私は生きていくのでしょうか? リディア、10歳」

Friedman氏は答えは模索し、考えました。
「君はますます融合し合う世界で育ち、生物多様性をうたうコンサベーション・
インターナショナル
のクレド(信条)にガイドされる。それは、
Lost there, felt there(ここでなくなるとあっちで感じる)というもの」

コンサベーション・インターナショナルは、自然生態系と人とのかかわりを
重視して環境問題を解決することを目的に設立された民間非営利の国際
組織(NGO)ですが、自然界や気候はつながっていて、ある地域である生
物がなくなる(Lost There)と、別の地域でそれを感じます(Felt there)。

自然に通じるものは、市場や社会にも言えること。
ギリシャが多くの債務を抱えると、ドイツがそれを埋めるために多額のお金
を使わなくてはいけなくなる。

世界がつながっているということはずいぶん前から言われていますが、
このような時代には、「どのようにふるまうか」が重要になり、「ふるまいの
時代」だと、LRNという会社のDov Seidman氏は言います。

世界がつながる中で、自分のふるまいが世界にどんな影響を与えるのか
を常に考え、逆にそれを考えないと、どこか別の場所に暮らす人が影響を
受けます。中国で作られたスニーカーが南アフリカの氷を溶かし、ギリシャ
での脱税がスペインの銀行の経営を脅かす。

自分の行動に責任を持たなくてはいけない時代です。

一方で、私たちはウォールストリートを中心とした短期的な考え方に
左右されてきていて、それは「状況に応じた価値」。

Seiman氏は「持続可能な価値(Sustainable Values)」という
価値を持たなければいけないといいます。それは、他人、コミュニティ、
国、自然、海や気候との関係を持続させる行動を促すものです。
「持続可能な価値」を身につけるのに必要なのは、リーダーシップと
教育だとFriedman氏は訴えます。

自分の1つの行動が、世界の遠い国の人に影響を与える。
世界がますますつながりを強める中で、もし自分が無責任な行動を
した場合、世界にどんな影響を与えるのか。
責任をもって行動をしないといけないと感じたのでした。

世界がどんどん近づいているように感じる今日この頃ですが、
みなさんはどう思うでしょうか?
by jungae | 2010-06-03 07:01 | NewYorkTimesの気になる記事
アメリカの強さの源はどこにあるのか。
Thomas Friedman氏が面白い記事を書いていました。
America’s Real Dream Team(3月20日)というものです。

先日ワシントンで行われたあるディナーにFriedman氏は参加しました。
それは、2010年インテル・サイエンス・タレント・サーチというコンテストで、
最終選考に残った高校生40名を祝う会。そこで優勝者が決まります。

40名の表彰者には、Linda Zhou, Alice Wei Zhaoなど、インドや中国
系の学生が多数含まれています。
優勝は、ニューメキシコ州の高校生で、太陽系のシステムの中で宇宙船が
効果的に動けるようにするためのソフトウェア・ナビゲーション・システムを
作ったとか。

Friedman氏はアメリカの強さの源は、いろいろな優秀な人を世界から
受け入れ、それを育て、評価する仕組みがあること。
ネットで全世界がつがなる時代には、企業や国ではなく、人や人のイマ
ジネーションが最も重要になると言います。

アメリカン・ドリームを夢見て、アメリカにわたる。
教育の機会を与えられ、しっかりと成果を残せば、評価される。

いろいろとほころびは指摘されていますが、アメリカン・ドリームを達成
できる国という魅力が人を惹きつけ、優秀な人が集まり、結果として
アメリカの強さを生み出しているのかもしれないですね。
by jungae | 2010-03-26 07:38 | NewYorkTimesの気になる記事